美巨乳の女性を立たせてバックから指マン、背面騎乗位で結合部ばっちり観察

★美しいおっぱいの女性を指マンして生ハメ!★ この小説の初回はコチラ(全3話) ■エロい巨乳の女を性奴隷にして指マン バイブ挿入で潮吹きしまくって感じる淫乱なボディコン巨乳ギャル。 彼女を立たせると、前屈みにさせて足を広げさせた。 こうすると、彼女の肛門も、おマンコも丸見えになる。 先ほどの潮吹きで、巨乳ギャルの股間は愛液まみれだ。 俺は、その状態の彼女のおマンコに、指を三本入れた。 そして、今度は激しく指マンした。 バイブでマンコを陵辱した後、自分の指でもマンコをいじめたくなったのだ。 「ああああ! いやああああ! イクーーーー! イクーーーーッ!」 巨乳ギャルは叫ぶと、やはり大量の潮吹きをする。 おもしろいように潮吹きする淫乱娘だった。 「おマンコがぐちょぐちょじゃないか。とんだ淫売だな」 俺はさらに言葉責めを楽しんだ。 「チンコが欲しいんじゃないか?」 俺はマンコからマン汁を垂れ流す雌豚に聞いた。 「チンコが欲しいんだろ!?」聞きながら、美尻を手形がつくほど強くバシッとたたいた。 「は、はい! おチンコが欲しいです!」 あわてて彼女が言うが、なんとなくわざとらしかったので、俺は不機嫌になった。 「もっとチンコを本気でほしがれ!」と俺はどなった。 言っている本人でもへんてこなことを言っているなとは思ったが、陵辱プレイになれていないのだから仕方ない。 「おチンコ、おチンコを私のおマンコに入れてください」 それでも、巨乳ギャルは、チンコを嘆願してきた。 「私のぐちょぐちょマンコにだろ?」と俺。 「私のぐちょぐちょでどスケベで淫乱でガバガバのおマンコをおチンコで埋めて、膣内をぐりぐりとかき回してください!」 彼女があらんかぎりの声で叫んだ。 普段、ツンとした顔でおっさんをバカにしたような仕事ぶりをする生意気ギャルに言われるとかなり萌えてきた。 俺は、彼女のむっちりとしたいやらしいお尻の肉をつかむと一気に膨張したチンコを突っ込んだ。 ・結合部を楽しみながら巨乳ギャルを生ハメ、中出しセックス 「うぎゃーーーー! はああああ! あああああああ!!!」 俺のチンコが一気に入ってきたため、悲鳴にも似たあえぎ声をあげる巨乳ギャル。 俺は、そのままバックから激しく何度も何度も極太チンコを生で巨乳ギャルのマンコにつっこんだ。 奥までつっこむと、今度は腰をねじるように動かして、チンコをマンコの中で暴れさせた。 「うわああああ、ひいいい」とよがるギャル。 「チンコがマンコの中で暴れているか?」と確かめる俺。 「はい! はい! おマンコの中で暴れて、暴れて、あば・・・」と言うとまたもや潮吹きする巨乳淫乱娘。 「このスケベな肉便器め!」 俺はそうののしりながら、美尻をたたきまくった。 巨乳ギャルの白い尻は、たたかれて鬱血していた。 俺は、さらに背面騎乗位や正常位、さらには拘束しての陵辱的な生ハメを存分に楽しんだ。 背面騎乗位では、マンコとチンコの結合部がばっちり見えて、かなり愉快なセックスだった。 そして、生意気な巨乳ギャルをひたすら生チンコで犯すと、最後にそのマンコの中に大量の精子をぶちまけた。 中出しされた精子は、ドクドクとマンコから流れ出て、泡を吹きながら床へと落ちていった。 ギャルは、拘束されたまま汗と精液にまみれていた。 俺は、最後に、ぐったりした彼女に口を開けさせると、そこに唾を吐いた。 とても気分が良かった。 そこで、気がつくと自分の部屋にいた。 現実の、いつもの部屋だ。 変わったことは、パンツの中に射精していたことだ。 夢を見ていたようだった。 次の日、会社にて、巨乳ギャルはいつもと変わらないボディコンスーツを着て出勤していた。 まさか、俺の夢の中で、あんなに乱暴に犯されているとは思うまい、などと考えてしまった。 だが、それでじろじろ見ると変質者だと思われそうで、彼女をまともに見ることができなかった。 しかし、普段彼女はマスクをしてこないのだが、今日に限って顔を覆うように白いマスクをしていたのが気になった。 … Continue reading 美巨乳の女性を立たせてバックから指マン、背面騎乗位で結合部ばっちり観察

ミニスカートの美巨乳ギャルをボールギャグと手枷で陵辱プレイ

★エロい巨乳ギャルと陵辱的なセックス!★ ■ボディコン、ミニスカートの美巨乳ギャルを犯す 老婆を助けたら「エロノート」というのをくれた。 エロい願望を書くと叶えられるということだ。 アホくさいと思った。 しかし、俺はしがないサラリーマン。 40歳を越えても課長にもなれない。 そんな俺の部署に、いつもボディコンで巨乳や巨尻を強調した見るだけでセクハラにされそうなギャルが派遣社員としてやってきたのだ。 ミニスカートは、簡単にパンツが見えそうなくらいの短さで、おっぱいの谷間が見えまくっているボディコンスーツをいつも着てくる。 そんな格好は、会社以外なら目の保養になるが、この時代、変な目で見ると本当にセクハラで解雇されてしまうかもしれない。 なので、むしろいない方がいいくらいの存在だった。 ただし、そのエロいギャルとのエッチを想像して、オナニーすることはよくあった。 俺は、エロノートに、その美巨乳ギャルを陵辱的に犯す願望を書いてみた。 書くだけなら罪はないだろう。 わからないはず、と思っていたのだが、書いてしばらくして俺は来たことのない薄暗い倉庫のようなところにいることに気がついた。 ・ミニスカの美巨乳ギャルを拘束してセクハラしまくる その倉庫は退廃的な雰囲気があり、さきほどまでいた俺の部屋とは異なった。 そして、部屋の隅に、あのいつもミニスカートで会社に来るエロいギャルがいたのだ。 俺は驚いたが、彼女はそんな俺に近づいてくると、レイプするように頼んできたのだ。 まあ、レイプというのは頼んでしてもらうものではないので、要するに陵辱的なエロプレイをして欲しいということだった。 部屋の真ん中にはマットレスがあった。 そして、その横にはボールギャグという口枷と手かせがあった。 俺は、何かに突き動かされるように、ボールギャグを彼女の口にハメ、手かせで手を拘束した。 彼女は、いつものようにおっぱいやお尻の形が強調されるボディコンのミニスカートのワンピースを着ていた。 俺は、胸元から手を滑り込ませ、彼女の形良い巨乳を揉みまくった。 また、ボディコンのスカートをめくり、マイクロビキニみたいなエロいパンティに包まれる股間をまさぐった。 初めて見る彼女の生の美尻に、俺のチンコは勃起しまくっていた。 俺は陵辱的に、彼女の美巨乳をつかみ、美尻をスパンキングした。 「ああ! あ! ごめんなさい! ごめんなさい!」と彼女は泣きながら俺に謝ってきた。 ボールギャグをしているので、実際は「ぎょめんなしゃい」みたいな感じで叫んでいる。 何について謝っているのかはわからなかったのだが、俺は妙に興奮した。 >続く 美形ギャル ボールギャグされる美女 美巨乳美女

男子生徒に輪姦レイプ、連続中出しされる美人の女教師

★おマンコに精子を連続中出しされる美人女教師!★ この小説の初回はコチラ(全3話) ■たくさんの男子生徒のチンコを挿入される美人女教師 女教師のマンコからバイブを抜くと、大量の潮吹きをした。 おマンコは、濡れまくっていた。 男子生徒は椅子の上に彼女を拘束すると、M字開脚の形でおマンコを広げた。 そして、そそり立ったチンコを彼女のおマンコに生で挿入した。 「ひ! い、いや! やめて!」 女教師は叫んだが、その口を男子生徒のチンコを埋められると抵抗できなくなった。 濡れまくった女教師のマンコにはげしくチンコを挿入してレイプをたのしむ男子生徒。 俺は、犯される綺麗な女教師の姿を見ながら、彼女に自分のチンコを握らせて手コキをさせた。 女教師はたたされてバックで犯されたり、騎乗位で男子生徒のチンコをマンコに挿入された状態でWフェラチオさせられたりと、ありとあらゆる体位でレイプされまくった。 もちろん、俺も彼女のおマンコをじっくりと味わった。 彼女を立ちバックで犯す。 美尻をつかみ、パンパンと音がするくらいに激しくチンコを突き刺す。 輪姦プレイで女教師を肉便器、性奴隷とする快感に酔いしれていた。 女教師は犯されながらもフェラチオさせられ、おっぱいに吸いつかれて、クリトリスを愛撫され、お尻をスパンキングされ続けた。 俺たちは、何時間もそうやって女教師を輪姦し続けた。 もちろん、射精は中出しだ。 何発もの精子を連続中出しした。 一人一発ではない。 少し休むとまた、性欲がでてくるので、結局一人3発以上、女教師のおマンコに精子を中出しした。 口にも射精してごっくんさせたり、体にぶっかけもしたので、途中で何回射精したのかわからないくらいだった。 そうして、女教師を犯しまくり、疲れてうとうとと眠ったところで自分の部屋に戻った。 ・AV女優になっている女教師 どうやら、夢を見たのか、と俺は思った。 机にうつ伏せになっていたのだ。 夢とは言え、かなりリアルだった。 エロノートの影響か、ただたんに、そうしてエロ願望を文章にしたから夢で見るくらいまで妄想が無意識に深くなったのかもしれない。 とにかく、またエロ願望が思いついたらノートに書いてみようと思った。 ところで、その日の夜、エロプレイの内容を参考にしようとエロサイトを閲覧していたら、あの女教師がAV女優になってる記事がでてきて驚いた。 化粧がちがうが、確かに彼女だった。 AV女優になったきっかけがインタビューされて記載されていた。 どうやら彼女は、教師をしている時に、男子生徒に輪姦レイプされたらしい。 犯罪の被害者なのだが、その犯されて陵辱された時に感じた性的快感が忘れられず、AV女優になったと書かれていた。 その話が本当か嘘かはわからない。 どうとでも作れる内容だろう。 しかし、俺はちょっと怖くなった。 ただ、恐怖よりも性的な興奮の方が強く、結局その女教師AV女優の作品をダウンロード購入してしまった。 エロノートがどのように現実世界に影響を与えているのかはわからない。 しかし、あのノートにまた激しいエロ願望を書くことは間違いないと思う。 終わり Wフェラする美人教師 輪姦される女教師 中出しされる可愛い先生

男子生徒にレイプされる美人の女教師、マンコにバイブ挿入

★男子生徒に無理矢理犯される女教師!★ ■美しい女教師をレイプ、輪姦プレイする男子生徒 道で倒れている老婆を助けたら「エロノート」というのをくれた。 エロ願望を書くと実現するというノートとのことだった。 笑える話だが、一応もらって帰った。 俺は、あまり頭の良くない大学生で金がない。 なので、彼女もいないし、風俗にもいけない。 そんな性欲もてあましの休日に、ふとそのノートのことを思い出した。 アホくさいと思いながらも、そのノートにちょっとしたエロ願望を書いてみた。 「美しい女教師が複数の男子生徒にレイプ、輪姦中出しプレイの餌食にされる」 こんな感じだ。 どうせなら、かなり非現実的なものを書いてみた。 非現実的なものをどうやって実現するのか興味あったからだ。 もっとも、まったく期待はしていなかったのだが。 しかし、俺は、一瞬にして狭い大学寮の部屋からこぎれいな家のリビングへと移動していた。 ・美しい女教師を拘束して陵辱しまくる 俺は高校の頃の学生服を着ていた。 俺のまわりには他に三人の学生服を着た男がいた。 見覚えあるようなないような顔をしていた。 リビングにくっついている台所には女性がいたのだが、その女性は俺の高校にいた美人の女教師だった。 彼女は童顔で可愛いと美しいの間くらいの人気のある女教師だった。 露出多めの格好で、エロさがたまらない美人教師で、俺はよく彼女を強姦する夢を見たものだ。 実は、エロノートに願望を書くときに、俺は彼女のことを思い出していたのだ。 ここは夢の世界か、と俺は思った。 あきらかにエロノートに書いた願望に合った状況だ。 「今、お茶入れるからね」と女教師は言う。 どうやら、勉強か何かで集まったらしい。 と、男子生徒の一人が動き、台所に立つ彼女に背後から抱きついた。 「なに!? や、やめて!」 男子生徒は、彼女の魅力的なおっぱいやお尻を揉みまくっている。 女教師は抵抗するが、所詮細身で小柄な女性。 男子生徒に抵抗できない。 また、他の生徒も彼女に群がるようにしてその綺麗な足やおマンコの部分、おっぱいを無理矢理愛撫していた。 俺は、ややあっけにとられていたが、陵辱される彼女の姿を見ているとチンコがむくむくと大きくなった。 「いやだって! やめて! やめてよ!」 美人の女教師は叫ぶ。 男子生徒の一人は、そんな彼女の口に手をあてて、叫べなくしていた。 そして、リビングまでひきずってくると、服を裂き始めた。 俺も陵辱される美人の女教師を見ていると、とてつもなく興奮してきて、いつのまにか、レイプに参加していた。 >続く 美人な女教師 エロい女教師 女教師のマンコ

巨乳の女子大生と中出し3Pセックス

★巨乳の女子大生と中出し3Pセックス!★ <前半へ ■巨乳女子大生とセックス 巨乳の女子大生のバイブオナニーを見ていて、俺のチンコも最大限に勃起した。 俺も、彼女の巨乳を揉みまくって、おマンコを愛撫したかった。 俺は、バイブオナニーにふける彼女に近づいた。 彼女は逃げず、俺をうけいれそうな雰囲気があった。 俺は、バイブオナニーするおっぱいの大きな女子大生に濃厚なキスをした。 唾液たっぷりの舌を、彼女の可愛い口の中にねじこむ。 さらに、セクシーなブラジャーの中に手をつっこみ、美巨乳を揉みまくる。 女子大生の巨乳はかなり柔らかく、ぎゅっと揉むと卑猥に形を変える。 乳首をつまむと彼女は可愛いあえぎ声をだした。 俺は、彼女のブラジャーをとると、ピンク色の乳首に吸いついた。 巨乳女子大生の乳輪もピンク色でかなり大きい。 それが、とてつもなく卑猥だった。 俺は彼女の大きなおっぱいをくちいっぱいに含みながら、自分でチンコをしごいた。 そのとき、ふと、俺はエロノートに「3P」と書いたことを思い出した。 通常、3Pとは、男二人で女性一人をエッチにせめることだ。 もう一人男が来るのか? と思ったらやはり来た。 ・巨乳女子大生と3Pセックス もう一人の男は、見たことがない奴だった。 どことなく特徴がない。 俺の妄想のエキストラみたいなものだから、特徴があまりないのかもしれない。 とにかく、これは俺の人生初の3Pになるということだった。 俺は巨乳女子大生をベッドへと移動させた。 そして、彼女のセクシーなパンティを脱がして全裸にした。 明るい部屋で、巨乳の女子大生のおマンコをたっぷりと見ることができた。 ピンク色の膣内や、小隠唇、光るクリトリスも丸見えだ。 俺は一心不乱にクンニしまくった。 「ああ! おまんこちょ気持ちいい~! あ、そこ! クリちゃんがぼっきしちゃうよ~! あ! あ! でちゃう! でちゃう!」 あえぐ巨乳女子大生は、マンコから潮吹きしながらよがりまくっていた。 そんな彼女の口に勃起したチンコをねじこむもう一人の男。 男二人で巨乳の女子大生をせめるのは、なんとなく陵辱的で楽しい。 俺は、チンコを彼女のマンコにねじ込みたかった。 たっぷりと巨乳の女子大生をセックスしたかった。 ・巨乳女子大生のマンコに精子を中出し 俺は、そそりたったチンコを濡れまくった巨乳の女子大生のマンコにそっとあてると、ゆっくりと中に入れていった。 もちろん生ハメだ。 妄想だからいいだろう。 大きなおっぱいを揉みながら、女子大生の生マンコを味わう。 チンコの先から根本まで、彼女のマンコに挿入して、極上のセックスを楽しんだ。 激しいピストン運動をすると、彼女の大きなおっぱいは揺れまくる。 自分で大きなお尻を振って感じまくる彼女。 その口では、もう一人の男のチンコをフェラチオしている。 マンコに生チンコを挿入しながら、フェラチオする巨乳の女子大生を楽しめるなんて、俺の人生で経験できるとは思っていなかった。 俺は、彼女のむっちりした太股を抱えて、さらに深くチンコをねじ込み、そのまま腰を丸く動かして、チンコをマンコの中でぐりぐりと暴れるようにした。 「うぐ、うぐ、はぁ、はぁ、あああああぁぁぁ、いい! いい! 気持ちいいです!」 口にチンコをくわえたまま、よがる巨乳女子大生。 俺は、もっと、彼女のすばらしいムチムチボディに濡れまくるマンコを味わいたかった。 しかし、とどめようのない衝動で、思わず射精してしまった。 もちろん、マンコの中に中出しだ。 すばらしい気分だった。 太陽の光に照らされる明るい室内での濃厚セックス。 巨乳の可愛い女子大生のマンコに、大量の精子を中出しだ。 爽快感にあふれていた。 … Continue reading 巨乳の女子大生と中出し3Pセックス

巨乳の女子大生と3P、バイブオナニー鑑賞

★巨乳の女子大生と3P、バイブオナニー鑑賞!★ ■巨乳の女子大生と3P 道で倒れていた魔女みたいなおばあさんを助けたら「エロノート」というのをくれた。 おばあさんいわく、好きなエロ願望を書くと叶うというノートらしい。 「あんた、もてなさそうだから使いなよ」と言われた。 20代の安月給サラリーマンである俺の小さいプライドは傷ついたのだが、ヨボヨボのおばあさんに怒る気にならず、とりあえずもらって帰った。 そして予定のない休日、エロノートの存在を思い出し、あほくさいと思いながらも何かを書いてみようと思った。 「巨乳の女子大生と3Pする」 とりあえず、思い浮かんだのがこれだった。 想像力の乏しい俺の、精一杯の非現実的な設定がこれだった。 どうせなら、なかなか体験できないようなものにしたいと思ったのだ。 そして、数分。 何も起こらないな、当たり前か、と思っていたら、いきなり俺の日当たりの悪い部屋から日当たりのよい広めの洋室へと移動していた。 ・セクシーな下着姿の巨乳女子大生 いきなりの展開で驚く俺。 部屋の真ん中には大きなベッド。 そして、窓際の高そうなソファの上にむっちりした巨乳のかわいい女の子が横たわっていた。 下着姿なのだが、胸とお尻が大きくて、本当にエロい体の女の子だった。 セクシーな下着姿の巨乳美女を見て、いきなり俺のチンコは大きくなった。 当然だから、この展開はエロノートの力のせいだと思った。 非現実的だが、俺の目の前には半裸の巨乳美女がいる。 そして、そのセクシーな下着姿の巨乳美女だが、俺の知っている女の子だった。 彼女は近所に住んでいる音大生だ。 名前は知らないし、言葉をかわすどころか挨拶もしたことないのだが服の上からでもわかる巨乳と、むっちりしたお尻、愛嬌ある童顔はいやでも目立つ。 彼女が音大生だというのは、俺の母親からの情報だ。 俺は、エロノートに文を書くときに、彼女のことを思い描いていた。 その影響がでたようだ。 ・巨乳の女子大生のバイブオナニーを鑑賞する 俺のあこがれの巨乳女子大生のセクシーな下着姿を見られるだけでも至福なのだが、このあと、さらに天にも上るような体験が待っていた。 笑みを浮かべて俺を見るスタイル抜群の大きなおっぱいの女子大生さん。 起きあがると、突然バイブオナニーをするので見てください、とかわいく言った。 展開のあまりの早さに驚く俺だが、もうすでに非現実的な状況が起こっているので驚いたところでどうしようもないと思っていた。 おそらく、これは俺が夢を見ているような状態なのだろう。 エロノートが現実世界に影響を与えたのではなく、俺の脳だけに影響を与えてこんな映像を見せているのではないか。 そう考えていた。 まあ、それ自体が不思議すぎる現象なのだが、実際に体験していると、この体験自体を否定することはできない。 不可思議な現象を説明できるとしたら、脳が妄想を見ているだけ、というものがもっとも納得できるものだった。 とにかく、魅力的な巨乳の女子大生がオナニーをするのだ。 妄想とは言え、見ておいて損はないだろう。 だいたい、俺の逡巡なんか関係なく、彼女は大きなバイブを取り出して、ソファに膝立ちすると、それをおマンコのあたりにあててしまっているのだ。 彼女は、自分で巨乳をもみながら、股間にバイブを当ててよがりまくる。 「ああ! いい! おマンコ濡れちゃう! クリトリスがおっきくなっちゃうよ! ああ! 気持ちいい! いいよ~~!」 俺もパンツを脱いだ。 >後半へ 巨乳の女子大生 女子大生と中出しセックス バイブオナニーする女子大生