巨乳レースクイーンと乱交パーティ

★巨乳レースクイーンと乱交パーティ!★ ■巨乳のRQ(レースクイーン)と乱交生ハメ 「ご主人さま~、何して遊びますか~~!?」 エロえもんがいつものように聞いてきた。 エロえもんは知っている人は知っていると思うが、メイド服を着た巨乳美少女であり、宇宙人だ。 胸の谷間から、様々な俺のエロ願望を叶えるアイテムを出す。 奴の命の恩人である俺のペットでもある。 「うう~ん、そうだな~」と寝起きの俺はぼんやりした頭で考える。 「巨乳のレースクイーンと乱交パーティーしたいな~」と適当に答える。 だいたい、毎日こうして何かエロプレイをねだられるのでネタもつきてきて適当になるものだ。 「かしこまりました~~」とエロえもんは言うと、その巨乳の谷間から最近ではあまり見かけない電話ボックスみたいなものを取り出した。 谷間は異次元につながっているらしく、巨大なものでもとりだせる。 「もしも箱~~」とエロえもん。 なんか、どっかで聞いたような聞かないようなアイテム名だが、もはやつっこみをいれるのもめんどくさい。 「このアイテムを説明しますと~」と、長い話をしそうなエロえもんを制止して、先にすすめさせた。 ■巨乳のレースクイーンと濃厚エッチ いきなり俺の地味な部屋からスポーツカーが並ぶ倉庫のような場所へと飛んだ。 エロえもんが「もしも箱」を使ったのだ。 俺の他に、顔が地味な男が二人いた。 俺が乱交プレイを望んだので、男の参加者だろう。 スポーツカーの中からミニスカートの露出高めのレースクイーンのコスチュームを着た女の子が三人現れた。 すらりとした手足に、極上の美貌を持った女の子たちだ。 これは萌える。 ハイヒールにレースクイーンのコスチュームはかなりエロい。 そんな彼女たちは俺たちにキスをしてくる。 エロえもんの道具を使ったエロプレイは、展開が早い。 俺は、茶髪の長髪でやや童顔、しかしおっぱいはかなり巨大な女の子と濃厚キスをした。 俺の方が背が低いくらいなのだが、そんなことを彼女たちは気にしない。 唾液をたっぷりとつけた舌を絡ませてくる。 さらに、彼女は、俺の大きくなった股間をさわさわと触ってくる。 俺はすでにかなり興奮してきた。 周りと見ると、男共が、レースクイーンの巨乳をもみしだき、ミニスカートの中に手をいれている。 「ああ~~ん、気持ちいい~~」 「はぁはぁ、あ! あ! そこ! いい!」 なんて卑猥なあえぎ声が室内に響いて、いやでも気分が高まってくる。 乱交系のプレイは初めてだったのだが、かなり良いものだ。 俺も、彼らに、負けずと相手の童顔レースクイーンをエッチにいたずらしまくることにした。 ・巨乳レースクイーンに指マン 俺は、巨乳のレースクイーンの胸元に手を入れて、直にその弾力を楽しんだ。 乳首を手のひらでさするようにすると、彼女は、「はぁはぁ」と色っぽいあえぎ声を出す。 さらに、もう片手でミニスカートの中に手を入れる。 ストッキングを乱暴に破ると、美尻をなで回し、おマンコ部分をさすった。 すでに股間は愛液で濡れているようだった。 周りを見ると、すでに半裸状態のレースクイーンを車のボンネットに寝かせてクンニして奴もいた。 そんな様子を見られるのも、乱交パーティーのいいところだ。 かなりのあえぎ声がそこら中でしていて俺の股間も勃起しまくっていた。 俺は、パンティをずらして指をマンコに挿入した。 濡れまくったマンコに指はするっと入った。 そして、Gスポットを刺激しまくると、激しい潮吹きをする。 俺は、チンコを入れたくって仕方なかった。 だから、指マンしまくってマンコを愛液まみれにすると、彼女を車に手をつかせてお尻をつきだすように言った。 ・美形レースクイーンをバックから犯す 俺は、彼女のパンティを乱暴におろした。 陰毛が綺麗に処理されたおマンコが現れた。 俺は、レースクイーンの美尻をがっしりとつかむと、バックからチンコを激しく挿入した。 … Continue reading 巨乳レースクイーンと乱交パーティ

全裸の巨乳家政婦と陵辱プレイ

★全裸の巨乳家政婦とエッチ!★ ■全裸の家政婦と激しいエッチ 「ご主人様~、本日はどんな遊びをしますか~?」とエロえもんが訊いてきた。 エロえもんは、その名前からは想像しづらいかもしれないが、メイド服を着た巨乳の美少女だ。 猫耳をつけている。 しかし、その実体は地球侵略に失敗した宇宙人だ。 うちの裏山に墜落したUFOに乗っていた。 メイド服も、実際は宇宙服なのだ。 俺はエロえもんを助けて、その大事な尻尾を隠した。 尻尾がないと、エロえもんは母船と連絡が取れない。 かくして、エロえもんは俺の召使いになったのだ。 エロえもんはいろんな道具で俺を喜ばせてくれる。 俺が満足したら、尻尾を返してやるという約束だからだ。 田舎暮らしの低所得の30代独身男の俺には、格好の遊び相手だった。 「そうだな、全裸の家政婦とバッコンバッコンセックスしまくるエロ動画があったな、あれをやってみたい」と俺はエロえもんに言った。 かしこまりました~とエロえもんは言うと、その巨乳の谷間からシンプルなヘッドマウントディスプレイを取り出した。 エロえもんの巨乳の谷間は異次元につながっているようで、そこから様々な道具をとりだせるようになっている。 俺は、そのディスプレイをかぶった。 一瞬にして、俺は大きな屋敷に住む金持ちになった。 ワイン片手にクラシック音楽を楽しみそうな感じだ。 ディスプレイは、ただ視覚的に楽しめるだけではなく、全体的に実感をともなうようになっている。 だから、俺はまるで自分が別人になりかわったかのように感じ、動くことができた。 ・巨乳の全裸家政婦を陵辱する 豪華なソファに座り、くつろぐ俺のもとへ、ほっかむりだけした巨乳の女の子が現れた。 白い肌に、かなりボリュームある大きなおっぱい。 お尻も大きめだが、ウエストはきちんとくびれている、すっきりした顔立ちのなかなか可愛い感じの女の子だった。 エロえもんが、俺の好みをきちんと反映させたようだ。 女の子の陰毛は濃いめだったのが、卑猥でよかった。 ほっかむりしているので彼女が家政婦なのだろう。 案の定、ご主人である俺に指示を仰いできた。 俺は、とりあえず、拭き掃除を全裸の家政婦にさせてみた。 全裸家政婦は、雑巾片手に部屋を掃除し始めた。 むっちりした巨尻を振って、おマンコやお尻の穴を丸出しにして床を拭く巨乳の家政婦。 四つん這いで、床を拭く動きをする度に、大きなおっぱいは揺れまくる。 俺は、しばらく、その姿を楽しむと、彼女の巨乳を鷲掴みにした。 巨乳家政婦は痛がったが、そのまま掃除をさせ続けた。 全裸の巨乳美女を陵辱的に扱う快感が俺を支配していた。 ・全裸で家事をする巨乳家政婦 俺に乳首をつままれたり、お尻をなでられたりしながらも家事をする巨乳の家政婦。 全裸で、家事をする巨乳娘は本当にいやらしい。 俺は、彼女のマンコにバックから指を入れてみた。 「ああ!」と感じる全裸の家政婦。 おマンコは、愛液で濡れていた。 指マンしてやると、激しく感じる巨乳娘。 「ご主人さま、掃除が、掃除が、できない・・・ああ!」 そんなことを言ってくる全裸の家政婦だが、俺は、そのままの状態で掃除を続けるように命令した。 そして、お尻の穴にも、指をつっこんでやった。 「ひ! ああ! いや!」 悲鳴のようなあえぎ声と出しながらも、掃除を続ける巨乳娘に、俺のチンコもかなり興奮して大きくなってきた。 俺は、彼女の大きなお尻をひっぱたたき、乳首をつまみ、乱暴に陵辱的にいたぶった。 彼女の大きな白いお尻は、スパンキングで赤くなった。 それでも、俺は彼女に掃除を強要した。 全裸の家政婦は、半べそをかきながらも床に四つん這いになって、拭き掃除を続けていた。 ・全裸の家政婦に大量中出し 俺は、赤くなった彼女の巨尻を見ていると、セックスしたくてたまらなくなった。 … Continue reading 全裸の巨乳家政婦と陵辱プレイ