長髪美女の大量潮吹き、電マオナニーでマンコから潮吹きしまくるハーフの美女

★電マオナニーで潮吹きする美女!★ ■電マでオナニー、マンコから大量潮吹きする美女 俺の名前は名探偵エロン。 悪がはびこるデッドシティの善良なる市民だ。 今日も、悩みを抱えた美女が俺の事務所にやってきた。 扉を開けて入ってきたのは、長身で巨乳、美尻、美脚のすばらしい美女。 顔立ちからハーフとわかる。 上品なコートにワンピース。 ひきしまった美脚にハイヒールがよく似合う。 「電話では、変なものが送られてきたとか」と俺。 彼女が電話で相談の依頼をしてきていたのだ。 俺は、そう言いながらテーブルに隠したボタンを押す。 このボタンを押すと、女性にのみ効く媚薬が壁から噴出されるのだ。 「はい、これがそうなんですが」と美女はちょっと恥ずかしそうに鞄から紙箱を取り出して机の上に置いた。 俺は、蓋をあけた。 「これは?」と俺。 「ええ、それは、いわゆる電動のマッサージ機と、その、バイブです」ともじもじ言いながらいう美女。 もうすでに媚薬は彼女の体のすみずみまで浸透している。 「電マとバイブですか」と俺。 「ええ、気持ち悪くて。それでうちのポストにエロン様の広告が入っていたので相談にきました」と美女。 「そうですか。ところで、どうやらこの電マとバイブだが、使用された形跡があるのですが、あなたが使用したのですか?」と俺は聞いた。 ・電マで激しいオナニーして大量潮吹きする美女 「え、えっとそれは・・・」と言葉を濁す美女。 「どうやって使ったのか答えなさい!」と俺。 実は俺の声は催眠効果があるのだ。 「は、はい! ちょっと使ってみました!」とあわてて言う彼女。 「どうやって使ったのか、再現してみてください!!」と俺。 ええ! と驚く彼女。 「ミステリーを解決するには、あらゆる情報を必要なのです!」と俺。 そ、そうですか、と言いながら電マを手に取る美女。 「こ、こんな感じで」と服の上から股間に電マを当てる。 「きちんと再現して!」と言いながら、俺は電マのコンセントを電源につないだ。 「こうしてイスに座りながら」と美女は牛革のソファに座って足を広げる。 「服を着たままで?」と俺。 「いえ、もちろん脱いでいました」と美女。 「じゃあ、服を脱いでください」と俺。 で、でも、と拒否する彼女。 「脱がないと再現できないじゃないですか!」と俺。 「わ、わかりました!」と彼女は立ち上がると、服を脱いだ。 「下着もとって」と俺。 恥ずかしい、などと言いながらも、実は媚薬のせいもあり快感を感じ始めている美女。 全裸になった彼女は、予想通りすばらしい美巨乳で、美しいお尻を持った美女だった。 マン毛は少な目で、肌はすべすべとしてなめらかだ。 「こんな感じで、電マを使いました」 彼女は、ソファの上にM字になっておマンコを広げると、クリトリスあたりに電マを当てた。 「いわゆるオナニーをしたんですね」と俺。 「そ、そうです」顔を赤らめる美女だった。 >続く

淫乱な美熟女と結合部を見ながらエッチ、網タイツで足コキさせて中出しセックス

★淫乱な美熟女とエッチ、足コキ中出しセックス!★ この作品の初回はコチラ(全3話) ■淫乱な美熟女と結合部を見ながらセックス たっぷりとシックスナインをしたら、俺はあぐらをかくようして座った。 そして、淫乱な雌豚と化している美熟女に勃起しまくったチンコをフェラチオさせた。 じゅるじゅると言う卑猥な音をたてながら、チンコにしゃぶりつく美熟女。 自分でマンコをいじりながらチンコを舐める淫乱女だった。 「足コキもしろ」と俺。 網タイツのセクシーな美脚で足コキされてみたくなったのだ。 は、はい、と彼女は体勢をかえると、その美脚で俺のチンコをしっかりとつかんで上下に動かした。 なんとも言えない人妻の足コキで、俺のチンコはさらに硬度を増した。 「チンコ、マンコに欲しいか?」と俺。 「欲しいです」と美熟女。 「もっと欲しがれ!」と俺。 「私のマン汁まみれのマンコに、エロン様の大きなチンコをつっこんで、おマンコの中をかき回してもらいたいです!」 「生のチンコがいいんだろ?」 「はい! 生のおちんちんでたっぷりセックスして、精子をマンコに注いで欲しいの!」 泣きそうな顔で懇願してくる淫乱美熟女だった。 俺は彼女を寝かせると、大きなチンコをずっぽりとマンコの奥まで挿入した。 「あああああ! すごい! すごい大きい! あ、熱いよ~! 熱いおチンチン美味しいよ~~!!」 もだえまくる変態人妻。 俺は、高速ピストンで、彼女のマンコを陵辱しまくった。 俺の大きなチンコが入る様子がよくわかった。 結合部を見ながらのセックスは萌える。 マンコの肉がチンコに張りついて、出し入れするたびに卑猥に形を変えてすいついてくる。 かなりの名器のマンコだった。 俺は美熟女を正常位や四つん這いにしてのバック、さらには騎乗位でゆれまくる巨乳を楽しんだ。 そして、再び正常位で高速ピストンの末に大量の精子を中出しした。 「あああああああ! イク! イク! イっちゃいます~~~~!」 同時に、美熟女も体をびくんびくんと痙攣させながら昇天した。 俺の精子は濃厚だが、生殖機能はないので、妊娠の心配はないのだ。 人妻にも、存分に中出しできる。 ・淫乱美熟女の淫乱マンコ マンコから中出しされた大量の精子をながしながら横たわる美熟女。 「これであなたの問題は解決されましたね」と俺は服を着ながら言う。 「で、でも、まだ夫の行方が」と起きあがる彼女。 「旦那さんがいないことで、問題になっているのはあなたの性欲の解消でしょう?」と俺。 「ええ」と美熟女。 「旦那さんがいなくなった理由として考えられるのは二つ。一つは犯罪に巻き込まれた。もう一つは、浮気です」 「そうかもしれません」 「犯罪に巻き込まれて一ヶ月も帰ってこないのは、残念ながらすでに死んでいるということです。その場合、あなたの性欲は解消されない。また、浮気の場合は、あなたのような魅力的なエロい女性よりもエッチしたい相手がいるということ。この場合も、あなたの性欲は解消されない」 こう言われてショックを受ける美熟女。 「だから、あなたの旦那さんが見つかっても、あなたの問題は解決されないのです」と俺。 「で、では、私はどうしたらいいのですか?」と淫乱美熟女。 「これをお持ちください」と俺、彼女に愛液まみれのディルドを渡す。 実はそのディルドには特製の媚薬がしこんであり、使うほどに俺のチンコが欲しくなるのだ。 「また、おマンコがうずいたら、いつでもここにきなさい。特別料金で解消してあげます」と俺は紳士っぽく言った。 わかりました、と彼女。 そして、俺にディープキスをして去っていった。 離れがたいわ、などと言いながら。 その顔からは、ここに来た時にあった不安な表情が消えていた。 俺の名前は名探偵エロン。 今日も、デッドシティの悩める美女の問題を解決していく。 終わり。

ローターでオナニーする美熟女、セクシーな下着を着る濃い陰毛で淫乱な美女

★濃い陰毛で淫乱な美熟女のローターオナニー!★ ■ローターでオナニーする濃い陰毛の美熟女 俺は名探偵エロン。 悪のはびこるデッドシティの優しい住人さ。 見た目は小学生みたいに小柄で童顔だが、チンコはビッグ! さらに頭脳明晰で美女の様々な問題を解決する。 今日も、また一人、悩みを抱えた美女がやってきた。 彼女の旦那が失踪したという。 扉を開けて入ってきたのは、むっちりとした体つきのいかにもスケベなセレブといった雰囲気の美熟女だった。 コートごしでもわかる巨乳と巨尻。 ぷっくりした唇はチンコが大好きという雰囲気を醸し出している。 「旦那さんは一ヶ月前から帰ってこないということですが」と俺。 「ええ、それで困ってます」と彼女。 俺は、そっとテーブルに隠してあるボタンを押す。 このボタンを押すと室内に、女性にのみ効く気体の媚薬が噴出されるのだ。 「そうですか。ではまず、オナニーを見せてください」と俺。 「ええ!」と驚く美熟女。 いつも通りの反応だ。 「旦那さんが帰ってこなくて困っているとおっしゃった。その困っているというのは、性欲が解消されなくて困っているという意味ではないですか?」と俺。探偵っぽく言う。 「ええ、ですが」と顔を赤らめる美熟女。 「ここは、様々な問題を解決する場所です。いいから、服を脱ぎなさい」と俺。 すでに媚薬は彼女の体のすみずみまで行き渡っているはずだった。 おマンコはすでにマン汁で濡れているだろう。 彼女はおどおどとした感じでコートを脱ぎだした。 ・淫乱な美熟女のローターオナニー コートを脱ぐと、彼女は露出多めのタイトなスーツ姿になった。 網タイツがいやらしい。 「スカートをめくって」と俺。 は、はい、とミニスカートをめくる美熟女。 黒いセクシーなパンティーが露わになる。 俺のチンコはすでに勃起し始めていた。 俺は、引き出しからローターを取り出すと彼女に渡した。 「机の上に乗って! ローターオナニーを見せなさい!」と俺。 実は、俺の声色は催眠術効果もあるのだ。 媚薬とこの声色で、相手の女性は自分の体を理性で制御できなくなる。 はい、と言うと美熟女は大きなテーブルの上に乗った。 「パンティを脱いで」と俺。 もじもじと黒いセクシーなパンティを脱ぐ美熟女。 そして、M字に足を開いて、俺によくおマンコを見えるようした。 美熟女のマンコは、濃い陰毛でかなり卑猥だった。 「黒いマンコがかわいいですね」と俺。 「いやん」と甘えたような表情になる美熟女。 M体質でもあるようだ。 そして、ローターのスイッチを入れるとクリトリスやマンコに当てた。 さらに、自分でおっぱいも揉み始める淫乱美熟女だった。 「ああ! いい! 気持ちいいです! おマンコ、気持ちいいです!」 完全に雌豚になる美熟女だった。 >続く