スレンダーで美巨乳なギャルとセックス、玉舐め、フェラチオさせて指マン

★スレンダーで美巨乳なギャルとセックス!★ ■スレンダーで美しい巨乳のギャルとエッチ 老婆を助けたら「エロノート」というのをもらった。 そこにエロい願望を書くと叶えられるというものらしい。 僕は、上京してきた専門学校生で、金もなければ彼女もいなそうなしょぼい外見なのでそんなノートをくれたのかもしれない。 もちろん、ジョークで言っただけで、エロ願望が叶えられるとは思わなかったのだが、ある休日、そこに普段いだいているエロ願望を書いてみた。 僕は時々、近所のファミレスに行って勉強をするのだが、そこにどう考えてもファミレスにはふさわしくない巨乳の美形ギャルが働いていた。 彼女が接客していると、ファミレスが高級キャバクラに思えてくる。 高級キャバクラに行ったことないけど。 もしくはイメクラという奴か。 イメクラに行くお金もないけど。 とにかく、彼女は健康的なすばらしい笑顔と胸の谷間、むっちりしたお尻で僕を元気にしてくれるのだ。 もしかしたらというか、そんな快活な巨乳ギャルだからこそかもしれないのだが、AV男優みたいな彼氏がいて、普段から性器を舐めあって、その巨乳で風俗嬢みたいな性感プレイをしているのかもしれない。 僕は正直、その男がうらやましくて仕方なかった。 いや、そういう男がいればの話だが。 なので、エロノートに、そのスレンダー巨乳ギャルと僕がハードなエッチをするということを書いてみた。 書くだけなら罪はないだろう、ということでこってりと自分勝手に書いてみた。 スレンダー巨乳ギャルは、僕のことを深く愛していて、僕のチンコがないと生きていけないくらいの熱愛ぶりなのだ。 セックスはもちろん生ハメ。 僕の性玩具として生きることが何よりも快感で、自分からおマンコを広げて生チンコをねだる淫乱雌豚になるのだ。 誰かに読まれたら、自殺しないといけないくらいの内容だった。 ・スレンダーな美巨乳ギャルにフェラチオされる 気がつくと、股間に刺激。 肌寒い。 僕は裸だった。 場所は自宅のロフト。 僕は1Kロフト付きに住んでいた。 股間に刺激があるので見ると、誰かが僕のチンコをフェラチオしている。 誰かがというか、あのファミレスの巨乳店員がフェラチオしていたのだ。 驚く僕。 「あ、起きたの?」と笑顔でチンコを握りしめながら言う巨乳ギャル。 笑顔がまぶしい。 チンコを握っていても健康的な印象だ。 「おチンチンも起きてきたよ」と言いながら、彼女は僕の祖チンを根本まで飲み込んで、うぐうぐと言いながら舌でこねくりまわした。 かなり気持ちよいフェラチオだった。 僕の祖チンは、フル勃起した。 僕は煎餅布団に大の字になりながら、これは夢だろう、と冷静に判断した。 おそらく、あまりにも僕の願望が強いため、夢にまで見るようになったのだ。 夢なら夢で、存分に楽しんでやれ、という気分になった。 「ここもなめてあげるね」と彼女のキャピキャピした声。 どうやら、金玉をなめ回しているらしい。 玉舐めは人生初だった。 あんな美形のギャルに、レロレロと玉舐めされたら、チンコの先から先走り汁がどろどろでてしまう。 >続く

美人OLと3P、会社内で綺麗なOLをレズプレイさせながら3P中出しセックス

★美人OLと会社内で3P生ハメ!★ この作品の初回はコチラ(全3話) ■会社内で美人なOLと3P生ハメ中出しセックス 「え!?」と同時に驚く二人のOL。 「か、会社内で、そ、そんなことしていいと思っているのか!」 俺、叫びながら近づく。 俺は、どうせ夢なら、もっと過激にエロく楽しんでやれと思ったのだ。 おびえた表情の二人。 しかし、先輩であるスレンダーOLは立ち上がると「私が誘ったのです。私の責任です」と毅然とした態度で言った。 「と、とにかく、会社内でレズプレイなんか、い、違法だ」と俺。 実際にはなんの罪なのかわからないので、適当だ。 「会社には黙っていてください」とスレンダーOL。 「わかった、そのかわり、俺のチンコをしゃぶれ」と俺、夢だと思ってやりたい放題だ。 え!? と驚くスレンダーOLだが、逃げられないと思ったのか、しゃがみ込むと俺の勃起したチンコを舐め始めた。 すばらしい快感だった。 普段、つれない態度をとるすました女を自分の性奴隷にできるのだ。 俺は、新人OLにそばにくるように言って、そのマン汁まみれのマンコに指をいれてやった。 感度よく、もだえる新人OL。 さらにその巨乳も揉みまくって、乳首を噛んでやった。 俺は、スレンダーOLに服を脱ぐように言った。 そして、裸になったOL二人を机に寝かせて、交互にクンニした。 二人の美女のマンコを味わえて最高だった。 人生初の3Pになる。 俺は、チンコを入れたくなった。 新人OLを引き寄せてマンコを広げて生のチンコを入れようとした瞬間、スレンダーOLが俺を止めた。 「いれるなら、私にして!」と彼女。 「中出しならいいぞ」と俺、いじわるそうに言ってやった。 彼女はゆっくりとうなずいた。 ・スレンダーな美人OLと中出しセックス 俺は、彼女の美脚を持ち、広げると、たっぷりマン汁と唾液で濡れたマンコにゆっくりとチンコを挿入していった。 美人OLとの生ハメだった。 「あ! あ! ああ!」と感じるスレンダーOL。 レズとはいえ、チンコも好きそうな淫乱OLだったのだ。 俺は、勃起しまくったチンコを激しくスレンダーOLのマンコに出し入れした。 マンコからは愛液があふれ出てきた。 「ほら! お前も彼女を気持ちよくしてやれ!」 俺は新人OLに命令した。 新人OLは、スレンダーOLにキスをしたり、乳首を舐めたりしていた。 俺は彼女たちのレズプレイを楽しみながら、生ハメの快感をゆっくりと味わっていた。 俺は、正常位から騎乗位、さらにバックでスレンダーOLの生マンコを味わった。 そして、新人OLに結合部をよく見るように言った。 「せ、先輩のおマンコに、お、おチンチンがたくさん入ってます!」などと卑猥な解説をする新人OL。 恥ずかしがりながらもだえるスレンダーOL。 男を含めた3Pでも、快感を感じているようだった。 最後はバックで激しくピストン運動して大量の精子を中出ししてやった。 逆Vの字に開かれた美脚の間から、俺の濃厚精子が流れ出てきた。 俺は、新人OLにその精子を舐めて、スレンダーOLのマンコを綺麗にするように命令した。 俺の言いなりになる美人OLたちだった。 夢とはいえ、すばらしい快感だった。 そこで目が覚めた。 俺は、自室の机に涎をたらして寝ていたようだった。 夢精していた。 翌日、会社にいくと、二人のOLは普通に出社していた。 俺は、夢で見た彼女たちのエロい姿が思い出されて、勃起を抑えるのに大変だった。 その日、仕事を終えて帰宅する途中、会社に忘れ物をしたことを思い出した。 … Continue reading 美人OLと3P、会社内で綺麗なOLをレズプレイさせながら3P中出しセックス

美人OLのレズプレイ、女の子同士でキス、クンニ、マンコを愛撫、女性同士でアナル舐め

★美人OLのレズプレイ、クンニ、マンコ愛撫!★ この作品の初回はコチラ(全3話) ■美人なOLが会社内でレズプレイ、クンニでマンコ愛撫 スレンダーOLは新人OLの制服を脱がし始めた。 形よい巨乳があらわになる。 可愛いブラジャーに包まれた巨乳は弾力がたっぷりでとても美味しそうだった。 また、スレンダーOLは新人OLのパンストも脱がし、白いパンティも脱がした。 そして、新人OLを事務机に座らせると、M字に足を開かせた。 俺の場所からは細部まではあまり見えないが、新人OLの陰毛は少な目でむっちりした太股がいかにもエロいギャルだった。 スレンダーOLはしゃがみ込むと、露わになった新人OLのおマンコに顔を埋めた。 「ああ! あ! 先輩! 気持ちいい! 気持ちいいです!」 可愛い声でもだえる新人OL。 女の子同士のクンニだった。 本格的なレズプレイだ。 俺は勃起した。 そして、もっとそばで見てみたいと思った。 俺は、これはどうせ夢であろうと思っていた。 エロノートに願望を書いたので、それが無意識に影響を与えてこんな夢を見せているのだ。 どうせ夢ならじっくりと見てやろうと思った。 机の陰に隠れながら、ゆっくりと二人に近づいた。 二人はレズプレイに夢中で俺に気がつかないようだった。 ・女の子同士でマンコ愛撫、アナル舐め スレンダーOLは、新人OLのおマンコに指を入れながらクリトリスを舐めているようだった。 「ここが気持ちいいんでしょ?」などとスレンダーOLは新人OLに聞いている。 やはり先輩OLが責め側らしい。 「は、はい! 先輩の指が私のぐちょぐちょおマンコに入っているのがわかります!」と新人OLは机に横になってもだえる。 「お尻をこっちに向けて」とスレンダーOLが言った。 新人OLは半裸の状態で机の上に四つん這いになった。 形よいお尻がとても美味しそうだった。 淫乱な雌犬という感じだ。 そのお尻に顔をうずめるスレンダーOL。 今度は、新人OLのアナルを舐めているようだ。 しかも、自分のミニスカートの中に手を入れておマンコをいじっている。 すばらしい淫乱ぶりだった。 「ああああ! お、お尻の穴に、せ、先輩の舌が入ってくるのがわかる! わかります!」 もだえまくる新人OL。 「ああ! せ、先輩! 愛してる!? 愛してる!?」と新人OL。 どうやら本当に百合な世界らしい。 「愛しているよ。可愛いよ」と言いながらアナル舐めを続けるスレンダーOL。 「ああ! 嬉しい! 気持ちいい~~!」 幸せそうに感じる新人OLだった。 俺は我慢ができなくなった。 「お前たち! 何をしているんだ!」 思わず立ち上がって言ってしまった。 >続く

美人OLのレズプレイ、会社内で制服姿でエッチ、可愛い女の子同士のエロプレイ

★美人OLと可愛いOLのレズプレイ!★ ■会社内でレズプレイする美人OL 老婆を助けたら「エロノート」というのをもらった。 そこにエロい願望を書くと叶えられるというものという。 ジョーク商品だと思ったが、むげに断り老婆を悲しませる意味もない。 もらって帰った。 俺は四〇過ぎのしがない中小企業のサラリーマン。 大した役職もなければ給料も低い。 というわけで結婚もできずに彼女もいない。 趣味もないので、休日は時間を持て余すくらいだ。 そのため、エロノートの存在を思い出して、そこにエロ願望を書いてみた。 うちの会社にはスレンダーな美形OLがいる。 モデルでも通用しそうなスタイルの良さだ。 OLの制服姿だけでも勃起してしまう。 また、新人OLで可愛い女の子がいる。 この子は巨乳で、スレンダーOLとは違った魅力がある。 俺は、その二人のレズプレイをみたいと思った。 というのも、先輩であるスレンダーOLが新人OLを指導している時、なんとなくレズっぽい雰囲気が漂う時があるのだ。 俺は、それとなくその様子を見て楽しんでいたことがあった。 本当に彼女たちが裸になって、おマンコをいじりあっているのを見ることができたら、それは楽しいだろうな、などと思ったのだ。 ・会社内でレズプレイする美人OL 気がつくと会社だった。 しかし、雰囲気が違う。 どうやら夜に近いくらいに遅い時間らしい。 俺は、机の陰にしゃがみこんでいるような状態だった。 うちの会社は三〇人程度の中小企業。 事務所は一つしかないのだが、そこそこの広さがある。 なぜ会社にいるのだろうと思ったが、その時、卑猥な女性のあえぎ声が聞こえた。 俺はそっと机の陰からその声の方を覗いた。 視線の先に、あのスレンダーOLと新人OLがいた。 彼女たちは激しくキスをしていた。 先輩であるスレンダーOLは新人OLのスカートの中に手を入れている。 そして、パンスト越しにおマンコのあたりを愛撫していた。 会社内でレズプレイをしている美人OL二人がいたのだ。 俺は生唾を飲んだ。 俺の存在に気がつかないのか、二人は互いを求め合い、レズプレイでもだえていた。 >続く

童顔でかわいい受付嬢と中出しセックス、ド助平な小娘、濃いマン毛の淫乱受付嬢

★可愛い受付嬢と中出しセックス!★ この作品の初回はコチラ(全3話) ■精子を中出しされて喜ぶ美人の受付嬢 バイブでどろどろになったマンコを見ていると、俺も我慢できなくなった。 美人受付嬢の両足首を持ち上げて、大股開きにする。 「いや~」とおマンコを隠そうとする可愛い受付嬢。 「自分でマンコを広げろ」と命令する俺。 受付嬢は、自分で濃い陰毛をかき分け、おマンコのビラビラをひっぱっておマンコをひろげる。 ぱっくりと開かれたおマンコは、きれいなピンク色でヒクヒクと動いていた。 「チンコをねだれ」と俺。 「あん、おっきなおチンコ、○○のぐちょぐちょマンコにいれてください」と受付嬢。 「もっと雌豚みたいにねだれ!」と俺はどなって、両足をさらに開かせた。 「私は雌豚です! あなたの肉便器です! おマンコにおチンチンつっこまれたくて欲情しまくってマン汁たれ流す淫乱女です! 私のおマンコにご主人様の勃起しまくったチンコをねじこんでください!」 俺は、欲情しまくって、彼女のマンコに一気に極太になったチンコをねじ込んだ。 そして、高速ピストン運動した。 「あ! あっ! ああ! あ! 気持ちいい! 気持ちいいです! ああ! 腰が動いちゃう! 腰が動いちゃいます!」 そう叫びながら自分で腰を動かして、チンコをじっくり味わう雌豚だった。 俺は、彼女のおっぱいを吸い、アナルに指を挿入しながら、チンコをマンコの中でぐりぐり動かした。 受付嬢のマンコはマン汁を流し続けた。 俺たちは、正常位や騎乗位、さらに窓に手をつかせて、夜景を見ながらのバックと、様々な体位で生ハメを楽しんだ。 「あ! あぁ! イク! イッちゃう! イッちゃう! 精子をマンコの中に出して! マンコが精子ほしいって言っているよ! あ! イッちゃう! イク!」 彼女が痙攣してイクのと同時に、俺は大量の精子を彼女のマンコの中に中出しした。 バックで中出しして、チンコを抜くと、大量の精子が床に流れ落ちていった。 ・職場でマンコを愛液まみれにする受付嬢 気がつくと自分の部屋だった。 恥ずかしくも、エロノートに涎を垂らして寝ていたらしい。 夢精していた。 情けなくなったが、気持ちよかったのでよしとした。 翌日、あの可愛い受付嬢がいる会社に行く用事があった。 彼女は、いつもと変わらない姿で受付にいた。 まさか、昨日、俺の妄想で中出しされているとは思うまい。 なんとなく、俺が緊張してしまうが、異変をさとられずにいつものように対応した。 仕事が終わり、帰社する途中、メールが入った。 知らない女の名前だ。 「また、遊んでくださいね」とある。 何のことが意味が分からなかったのだが、その画面に表示されている女の名字があの受付嬢のネームプレートのものと同じと気がついた。 だが、やはり偶然の誤メールではないかと思ったが、俺の携帯のアドレス帳に彼女の名前の登録があったのが不思議だった。 数歩歩いてふと思うことがあり立ち止まる。 携帯の、写真画像フォルダを開いてみた。 そこには、あの受付嬢がセクシーな下着をつけて色っぽい格好をしている写真が大量に入っていた。 俺は、しばし呆然として、それからあわてて携帯にロックをかけた。 頭は整理できなかったが、あのエロノートが何かしらかの影響を現実世界に与えているのではないか、などと考えた。 とにかく、今日は帰ったら、またあのノートに何かエロ願望を書いてみようと思った。 不思議なことは多いが、おもしろくなりそうだぞ、と久しぶりにワクワクした気分で歩き出した。 終わり。 ホテルで生ハメ 童顔の受付嬢 中出しされる受付嬢

淫乱な美人の受付嬢、エロい下着姿でホテルでセックスする清楚な受付嬢

★実はド助平な美人受付嬢!★ ■淫乱で美人の受付嬢とホテルでセックス 老婆を助けたら「エロノート」というのをもらった。 そこにエロい願望を書くと叶えられるというものだった。 アホくさいと思ったが、もって帰った。 俺は妻子持ちのの五〇過ぎのしがない社畜だ。 妻も高校生の娘も相手にしてくれない。 そんな俺だが、取引会社のかわいい受付嬢にほのかな思いを抱いていた。 その子は、笑顔のすがすがしい和風の美人で、むちっとした体つきがたまらない。 とはいえ、大会社の受付嬢なので、強固な制服の下はもちろん想像するしかない。 あるむしゃくしゃした夜、俺はエロノートにその受付嬢をホテルに呼び出して無理矢理犯す願望を書いた。 バイブでオナニーさせたりするのだ。 実は、彼女は清楚なフリをしているだけで、実はド助平な淫乱女という設定だ。 そして、いつのまにか俺は寝てしまったらしい ・ラブホテルで淫乱な受付嬢を犯しまくる 気がつくと見慣れぬ部屋にいた。 ホテルの一室らしい。 そして、あのかわいい受付嬢が目の前に立っていた。 これは夢か、いや、夢だろう、と俺は思った。 エロノートに変な願望を書いたので、その影響を受けた夢を見ているのだ、と俺は理解した。 「私はあなたの性奴隷です。なんでも命令してください」 彼女は、かわいい声でもじもじとしながら言った。 俺は激しく勃起した。 「服を脱げ」と俺は美人の受付嬢に命令した。 彼女は制服を少しずつ脱いでいった。 始めてみる彼女の下着姿。 今まではベールに隠れていたその裸が露わになり、俺は興奮した。 彼女は、おとなしそうな外見なのに、下着はかなり派手でセクシーなものだった。 網タイツにガーターベルト。 真っ赤なブラとパンティー。 俺は、勃起したチンコを取り出して自分でしごいた。 彼女にベッドの上に行くように言った。 そして、四つん這いにさせたり、おっぱいを露出させたりして、いやらしいポーズをたくさんとらせた。 その姿を俺は自分のスマホで写真を撮った。 彼女はいやらしい目つきで俺を見つめきた。 本当に誘っているような目つきだった。 >続く 淫乱受付嬢 エロイ下着姿 ホテルでセックスする受付嬢

学校でセックスする淫乱な女教師、緊縛されてレイプ、連続中出しされる美人の先生

★学校でレイプされる美人教師!★ この作品の初回はコチラ(全3話) ■学校で男子生徒に連続中出しレイプされる巨乳先生 巨乳を精子まみれにして、両手で手コキしながらフェラチオし、さらにマンコに生チンコを挿入される美人の先生。 学校でセックスする女教師の姿は、とてもエロくて萌えまくった。 「あ! あ! イク! イクぞ!」 先生のマンコにチンコを挿入していた男子生徒が叫ぶ。 そして、何度か痙攣した後、チンコをマンコから抜いた。 「見て見ろよ。精子がマンコからでてくるぜ」 そいつが言った。 みんな美人の女教師のマンコから出てくる精子を見て楽しんだ。 それから、他の男子生徒が生チンコを先生のマンコに挿入した。 「いや! やめて! やめてください!」 先生は無駄な抵抗をしたけれど、やはりチンコで口をふさがれると、ただの肉便器になるしかなかった。 先生をレイプする男子生徒は、先生を立たせるとバックからチンコを挿入した。 縛られたまま犯され続ける美人教師だった。 「う! イク!」とレイプする生徒は叫ぶと、先生のマンコに大量の精子を中出しした。 チンコを抜くと、やはりマンコからどろどろと精子がでてきた。 何人もの生徒がそうして、巨乳先生のマンコに生チンコを挿入して、精子を好きなだけ中出しした。 先生のマンコは連続中出しされた精子で溢れていた。 中出しされた後は、お掃除フェラもさせられていた。 さらに、チンコを欲しがるように命令されていた。 「せ、先生のおマンコにみんな、の、精子、を、たっぷり、中出しして、してください」 「みんなのおちんちんでレイプされて、私はうれしいです。先生は、み、みんなの肉便器です。おまんこ、おまんこをみんなで使って、き、気持ちよくなってください」 そんな淫語を言わせられていた。 ・美人教師のマンコに精子を中出し とうとう僕の番がきた。 僕は、先生を立たせて、バックからチンコを挿入した。 ねっとりとした先生のマンコはとても暖かくて気持ちよかった。 僕は先生の美尻をつかみ、スパンキングしながら、高速ピストン運動した。 先生のマンコに中出しされた精子が飛び散り、愛液が噴出して、僕と先生の性器はどろどろになった。 「ああ! あ! 気持ちいい! 気持ちいいよ! おちんちん、気持ちいいよ!」 先生は涎を垂らして本気で感じているようだった。 僕はすばらしく興奮して、膣奥で射精した。 何度も何度も射精の快感が僕の全身を駆けめぐった。 僕がそっとチンコを抜くと、美人の先生のマンコからは白濁した精子が流れ出てきて、教室の床へとしたたり落ちていった。 先生は、汗と精液と唾液まみれでぐちょぐちょになっていた。 男子生徒たちはニヤニヤしてその卑猥な姿を視姦していた。 そこで目が覚めた。 気がつくと、僕は自分の部屋にいた。 いつのまにか寝てしまったらしい。 エロノートに涎をたらしていた。 夢精していた。 ノートに変な願望を書いたせいで、変な夢をみたらしい。 でも、かなり気持ちよかった。 次の日、学校であのメガネの美人先生の授業があった。 僕は、あんな変な夢をみたせいで、なんとなく悪い気持ちがして先生をまともに見れなかった。 ただ、ちょっと気になったことがあった。 先生は、両手首に包帯を巻いていたのだ。 怪我したのかもしれない。 でも、僕は、あの夢の中で手首を拘束されていた先生を思い出していた。 そして、包帯の下に、拘束された紐の痕があるのを想像してしまったら勃起した。 「集中して」とそんな僕に先生が声をかけてきた。 小テスト中だったのだ。 先生は僕の肩に手をおいて言ったのだが、彼女にふれられた瞬間、僕は射精してしまった。 … Continue reading 学校でセックスする淫乱な女教師、緊縛されてレイプ、連続中出しされる美人の先生

生徒に犯されるメガネの美人教師、女の先生が教室で裸、フェラチオ、クンニ

★教室で生徒とエッチする美人女教師!★ ■生徒に縛られて犯されるメガネの美人教師 老婆を助けたら「エロノート」というのをもらった。 そこにエロ願望を書くと叶えられるということだった。 ジョークだと思ったけれど、ある休日、僕はムラムラしてそこに普段抱いているエロ願望を書いてしまった。 僕が通っている高校にはメガネの美人教師がいた。 先生とは思えないほどの色気で、おそらく男子生徒の多くが彼女でオナニーしていると思えた。 髪は長くサラサラとしていて、優しい印象の美人だ。 メガネがよく似合うセクシーな先生だった。 清楚な雰囲気が漂うが、おっぱいもお尻も大きめで、フェロモンでまくりだ。 そんなエロい体なのに、学校に着てくるのは胸元が開いたブラウスやむちむちの太股が見えるミニスカートなので、男子生徒は興奮しまくりだ。 そんな容姿端麗で性格もよくて頭も良いメガネの美人先生を、僕は緊縛して男子生徒みんなで輪姦レイプしたいと思っていた。 僕は、いじめられっこタイプのひ弱な男子生徒なのだが、そんなしょぼい男に、彼女のようなインテリ巨乳美人がレイプされるなんて、ちょっと反体制的な雰囲気があって、かっこいいとすら思っていた。 単に、自分をいじめる社会に対しての不満をぶちまけたいだけだったのかもしれないが。 いずれにせよ、そんな僕のエロい願望をノートに書くことなんて、たいしたことないと思った。 僕は、ノートに「メガネの美人教師が教室で縛られて男子生徒に犯されて、連続中出し、陵辱プレイの餌食になる」なんてことを書いてみた。 ・巨乳のメガネ教師を男子生徒で性奴隷にする 気がつくと、いつもの教室だった。 しかし、雰囲気がちがった。 教壇にあのメガネの美人教師がいた。 彼女はおびえたような表情だった。 僕のまわりには、男子生徒が10人くらいいた。 女子生徒の姿は見えなかった。 男子生徒のボス的な奴が美人教師に裸になるように言った。 巨乳の先生は、抵抗したが、男子生徒につかまるとブラウスを引き裂かれ、パンストを破られた。 ミニスカートをめくられると、美しい肉付きの良いお尻があらわになった。 「やめて! やめてよ!」と先生は抵抗したけど、男子生徒に口を押さえられて、手足を拘束されると大した抵抗はできなかった。 半裸にされる美人教師。 僕はすごく勃起した。 先生のおっぱいを揉んでいる生徒もいた。 男子生徒の一人はズボンを脱ぐと、勃起したチンコを取り出した。 そして、それをいやがる先生の口の中に無理矢理つっこんだ。 「ほら、きちんとしゃぶれ!」男子生徒が叫んだ。 「ちゃんとフェラチオしてやれよ!」ほかの生徒が脅す。 先生は、苦しそうな表情をしながら、男子生徒の洗っていないチンコを一生懸命フェラチオしていた。 >続く エロい女教師 犯される美人先生 緊縛される女教師

黒人の太いチンコで犯されるツインテールのロリ娘、極太チンコでイキまくる幼児体型の美少女

★黒人の太いチンコでセックスされるかわいい女の子!★ この小説の初回はコチラ(全3話) ■黒人とロリ体型の美少女とのハードなセックス 俺は、チンコをロリ体型の美少女にぶち込みたかった。 彼女の足を持ち、逆さつりにして、乱暴にソファに投げた。 それから、ロリ美少女の両足首をつかむと、Vの字に大きく開き、おマンコを広げた。 そして、ねらいを定めて、彼女の体の半分くらいの太さがありそうな極太のチンコを小さいマンコにムリムリとつっこんでいった。 「ひ、ひやああああああ」と泣きながら叫ぶロリ美少女。 しかし、俺は、無視して、ぐいぐいと黒人の極太チンコを挿入していった。 「あ、あ、あうう」 ガクガクと体をふるわせ、涎や泡を吐きながら少女は痛みに耐えていた。 俺は、黒人のペニスを幼児体型の美少女のおマンコの奥深くまで挿入した。 ペニスは根本まで入っていた。 ペニスの先は、女の子のへそ当たりまで入っているような感じがした。 女の子は痛みで気絶しそうだった。 俺は、彼女の小さい体をつかみ、巨大ペニスを何度も出し入れした。 「あう、あう、ううううう」と女の子は半分気を失いながらも感じているようだった。 俺は、騎乗位になると、彼女のおっぱいを叩き、お尻を叩き、自分で腰を振るように命令した。 ・黒人の精子を中出しされるロリ美少女 ロリ美少女は、巨大すぎるペニスにまたがると、一生懸命腰を動かしていた。 俺は立ち上がると、彼女の体を乱暴につかんで、片足を持ち上げた状態で、無理矢理チンコを挿入した。 体重の軽い少女は、俺にとってはオナニーの道具のようなものだった。 首をつかみ、足をつかみ、おマンコを広げさせて、何度も何度もレイプする。 たまらない快感だった。 彼女が気を失ったらひっぱたいた。 俺はイキたくなり、すさまじい高速のピストン運動をした。 「イク! イク! イッちゃう! イッちゃう! イク! イクッてば! イクゥゥゥゥゥ~~~あああああああああ!」 ロリ美少女は痛みと快感で叫び、そして、俺の背中に爪をたてて、その気が狂いそうな感覚に耐えながら昇天した。 同時に、俺は大量の精子をロリ娘のマンコに中出しした。 ロリ娘のマンコからは、精子が吹き出した。 まるでヨーグルトを何百ccもまんこに注入されたみたいに、流れ出てきた。 どろりという程度ではない、白濁した潮吹きのようなものだった。 女の子はぴくぴくと痙攣した状態だった。 すばらしい気持ちよさだった。 そこで目が覚めた。 気がつくと自分の部屋だった。 いつのまにか寝てしまったのか、と思った。 夢精していた。 エロノートは開かれたままだった。 どうやら、ノートにエロ願望を書いたことで、無意識に夢でその情景をみたらしい。 ノートのおかげとは思わないが、こうして好きな夢を見られるのは楽しいかもしれない、などと思った。 ところで、とあるAVでロリ系美少女が黒人の巨大なペニスで犯される作品があったのだが、そのプレイ内容や部屋の様子が、俺が夢で見たものと似ていた。 似ていたどころか、同じだと言ってもおかしくなかった。 室内の家具や鏡も同じだ。 もっとも、過去に俺がその作品を見ていて、それで夢にその情景がでてきただけだったのかもしれないが、気にはなった。 もう一つ、気になることがあった。 あの夢を見た夜、シャワーを浴びているときに背中に痛みを感じた。 鏡で見ると、ひっかき傷のようなものが背中についていた。 まるで、あの美少女がイク時に黒人である俺の背中につけた爪痕にも見えた。 もっとも、それも偶然ついたただの傷がそんな風に見えただけなのかもしれないが。 いずれにせよ、俺はこれからもエロノートにエロ願望を書いていくだろうと思った。 終わり。 黒人とセックスする美少女 黒人に犯されるロリ娘 黒人と生ハメする少女

ロリ美少女が黒人とセックス、小柄の女の子のマンコに巨大チンコが挿入される

★黒人の大きなチンコがロリ系美少女のマンコに入る!★ ■黒人の極太チンコで犯されるロリっぽい美少女 老婆を助けたら「エロノート」というのをもらった。 そこにエロ願望を書くと叶えられるというものらしい。 笑える話だった。 俺はしがないコンビニ店員だから、確かにエロ願望を叶えるには様々な資産が少なすぎた。 ある休日、バカみたいだな、とは思いながらもエロノートに願望を書いてみた。 「俺が黒人になって巨大なペニスでロリっぽい美少女を犯しまくる」 こんな感じにしてみた。 俺は、痩身体型で、チンコもたいしてでかくない。 なので、筋骨隆々の黒人にはあこがれを持っていた。 そんな屈強な黒人の巨大なペニスで幼児体型の美少女が犯されるエロ動画を見るのも好きだった。 ノートを閉じてしばらく、何も変化がないのでうとうととして寝てしまった。 少しして、目覚めると目の前に白い下着姿の清楚系のかわいい女の子がいた。 ・白い下着姿のロリ娘を黒人のペニスで犯しまくる 俺は驚いたのだが、そのロリっぽい女の子はなまめかしいポーズをとって俺を挑発してきた。 俺は、自分自身に違和感をおぼえ、手足を確認した。 俺の手足は黒く、そして筋肉質だった。 部屋は見覚えのない洋室だったのだが、隅に鏡があった。 そこに自分の姿をうつすと、なんと俺は大きな黒人になっていた。 全裸である。 ペニスも、普段の俺のものよりは倍以上大きな感じがした。 俺は、これは夢だろう、と思った。 部屋の真ん中にはマットレスがあり、そこに幼児体型の女の子がちょこんと座っていた。 これは、俺への貢ぎ物だと思った。 俺は、彼女へと近づいていった。 筋肉質なだけあって、体に力がみなぎっていた。 俺は、あの小さな少女を、この黒人の極太チンコで犯しまくりたいと思った。 彼女とのセックスを想像するだけで、チンコが勃起した。 彼女の腕くらいもある巨大なペニスだ。 彼女の小さいマンコにこんな巨大なペニスを挿入したら、おへそまで届いてしまいそうである。 俺は興奮した。 彼女に近づくと、強引に白い下着をとった。 おびえた表情のロリ娘は、とてもいやらしい存在だった。 >続く 黒人とエッチする美少女 ロリ娘と黒人 巨大チンコとロリ美少女