エロい生主のマンコに生チンコを挿入して大量の精子を中出しセックス


★全裸でセックスを世界にライブ配信!★

罫線

この作品の初回はコチラ(全3話)

■生ハメ、中出しセックスをライブ配信

僕らのシックスナインで、チンコとマンコを舐めあう様子はタブレットを通じて世界に配信されていた。
彼女はすでにインカムをとっていたのだが、おそらく、タブレットのマイクでいやらしい音もネット配信されているのだろう。
夢の中とは言え、多くの人に僕らのいやらしいHを見られていると考えると、さらにチンコは堅くなった。
「あは~、気持ちいい~。おマンコ濡れちゃう~」と彼女。
僕が彼女のマンコに指をつっこんでGスポットや膣内を刺激する度に、ちょろちょろと彼女のマンコは愛液を流す。
僕は彼女のマンコにチンコを挿入したくなった。
僕がそう彼女に言うと、彼女は体勢を変えて、騎乗位でチンコを挿入しようとした。
ミニスカートをめくりあげ、マンコをよく見えるようにしてくれた。
Tシャツを脱ぐとかわいいブラジャーに美乳。
ブラジャーもとると、小さな乳首のおっぱいがあらわになった。
ゆっくりと生チンコを挿入する美少女生主。
彼女のマンコはぬるぬるして温かく、お尻の弾力はたまらなく気持ちよかった。
「あああ~~~、おチンコがマンコの中でいっぱい~。気持ちいいね~」と本気で生ハメを楽しむ淫乱な美少女生主。
カメラに向かって結合部が良く写るように体勢を工夫したりしていた。
さらに背面騎乗位ではマンコにチンコをズコズコ突き刺さる様子を、M字に足を開いて接写。
おそらく、クリトリスやチンコにからみつく小隠唇までも配信されていると考えられた。
僕は正常位や立ちバック、さらに四つん這いにして、彼女のマンコや尻の穴をタブレットで接写してから、チンコをずっぷりとつっこんでやった。
だんだんとエロいエンターテイメントの見せ方がわかってきたような気がした。
そして、最後は正常位で彼女のマンコに大量の精子を中出ししてあげた。
激しいピストン運動すると彼女は悶えまくった。
「あ! あ! ああ! あ! おチンコ! おチンコ大好き! 精子が欲しい! 精子が欲しいよ! たっぷり出して! 私の淫乱マンコに精子をいっぱい出して! あ! あ! イク! イッちゃう! イッちゃう! イクよ! 一緒にイコ! 一緒にイッて~~~~!!!!」
昇天して痙攣する彼女のマンコからは、特濃精子がどろどろと流れ出てきた。
僕は、中出しされた卑猥なマンコも、しっかりと撮影した。
おそらく、見てくれている人も満足してくれたのではないかと思う。
夢だが・・・。

・淫乱美少女とのセックス
夢から覚めたとき夢精していた。
僕は課題途中で机に伏せて寝てしまったらしい。
夢とは言え、とても気持ちよかった。
あんな夢を見れただけでも、エロノートをもらってよかったと思った。
体をきれいにした後、さらに違うエロ妄想を書こうと思ったのだが、エロノートが見あたらなかった。
さらに射精したかった僕は、仕方ないのでネットでエロい生放送を見ようと思った。
そして、あの美少女生主が衝撃の無修正AVデビューというニュースを知った。
僕は大急ぎでその作品をチェックした。
そうしたら、生主がファンの素人男性の家に行って生ハメするという内容だった。
もちろん、そこに出演しているのは僕ではない。
おそらく素人でもなくてAV男優だと思うのだが、その状況は先ほどの僕の夢と酷似していた。
僕は勃起した。
そして、思わずその作品をダウンロード購入してしまった。
初めて見る彼女のおマンコやおっぱいのはずなのだが、彼女のそれは夢の中で見たものとそっくりだった。
おそらくただの偶然だろうが、僕は彼女との濃密な生ハメ世界配信を思い出して、何度も何度もオナニーで射精してしまった。
手を精子だらけにして、僕は美少女のおマンコをたっぷり見られる現代社会のシステムに感謝した。

終わり。

罫線