ニコニコ動画の生主が自宅に押し掛けてきて裸になってマンコを丸出しでH


★ライブ放送の生主がマンコ丸出しで感じまくり!★

罫線

この作品の初回はコチラ(全3話)

■エロい美少女の生主のマンコを味わう

玄関先で舌を絡めるキスをする僕ら。
彼女はタブレットでその様子を器用に撮影していた。
どうやらすでにこの様子はネット上に配信されているようだった。
と言っても僕の夢なのだが。
普段、モニターで見ることしかできない美少女の生主とのディープキスはとても濃厚で気持ちよいものだった。
そもそも、あんまり女の子とキスしたことがない僕にとっては、刺激が強すぎた。
いきなりチンコがでかくなる僕。
そして、それをさすってくる美少女の生主。
タブレットを壁に立てかけるとしゃがみ込み、いきなり僕のズボンのチャックをおろした。
そして、勃起しまくったチンコを引っ張り出すとペロペロと舐め始めたのだ。
美少女の生主によるフェラチオ。
しかも、即尺という奴だった。
彼女は喉の奥までチンコを飲み込んで、ディープスロートする。
さらに金玉をなでなでして、亀頭から筋裏まで舌をレロレロと高速に動かして舐めまくった。
僕は、たとえようもない性的な快感に頭がぼうっとした。
上から見ると、美少女生主のミニスカートがめくれ、食い込んだかわいいパンティと、美尻が見えた。
すばらしい眺めだった。

・美少女の生主とシックスナインしてマンコを味わう
美少女のフェラチオが気持ちよすぎていきなり射精してしまいそうになったので、僕らは部屋の中へと移動した。
狭いワンルームに、煎餅布団。
男の一人暮らしなのでちらかっている。
そんな雑然として部屋にミニスカートの美少女がいるだけで、僕のチンコはビンビンになってしまう。
僕は、彼女にディープキスをして、舌を吸わせながら彼女の服を脱がした。
パンティをはぎ取ると、今まで見たことがなかった彼女のおマンコが露わになった。
僕はしゃがみ込み、ミニスカートの中に顔をつっこんで、彼女のおマンコのにおいをかいだ。
「いや~ん、恥ずかしいよ~」と彼女。
僕は彼女の美尻をしっかりとつかんで、舌をクリトリスにはわせた。
「あ! あ! 気持ちいい! いいよ!」
彼女は立ったまま感じていた。
僕は自分の服を全部脱いだ。
そして、布団の上に寝っ転がった。
彼女を呼び、キスをした。
美少女生主は手コキで僕のチンコを愛撫してくれた。
それから、シックスナインの体勢になった。
彼女はミニスカートとTシャツを着ているのだが、全裸よりもなぜか萌えた。
美少女のマンコを間近に見て、僕のチンコはさらに硬度を増した。
彼女はジュポジュポとやらしい音を立てながらフェラチオしてくれた。
僕も負けずに彼女のマンコにしゃぶりついた。
美少女のマンコは愛液がたっぷりで、クリトリスは勃起して、小隠唇が
ヒクヒクと動いていた。
マンコの中は温かく、お尻の穴は収縮してとてもいやらしかった。

>続く

罫線