M体質の爆乳の童顔な女の子と生ハメ中出しセックス


★M体質の爆乳少女と生ハメ中出しセックス!★

罫線

この作品の初回はコチラ(全3話)

■可愛い爆乳の女の子と精子中出しセックス

マンコを愛液で濡らしまくり、涎をたらして放心状態で横たわる爆乳少女。
散らかった部屋の中で、全裸で横たわる爆乳の女の子は、かなり卑猥な存在だった。
俺は、彼女にまたがると、垂れ下がる大きなおっぱいで勃起しまくったチンコを挟んだ。
そして、ゆっくりと腰を動かした。
パイズリ状態だ。
彼女は、昇天から復活すると、自分で自分の爆乳をつかみ、俺のチンコを挟んで気持ちよくしてくれた。
さらに亀頭をペロペロと舌で舐めてくれる。
淫乱な爆乳娘だった。
俺は、チンコを彼女の口の奥まで入れたり出したりして濃厚フェラチオを楽しんだ。
彼女は、奉仕するのが自分の役目とばかりに、熱心にチンコをしゃぶった。
こんなに可愛い爆乳娘が、おじさんの洗っていないチンコをフェラチオするというのは、興奮する。
俺は、シックスナインで、彼女のマン汁だらけのマンコを舐めてあげた。
彼女は、俺にマンコを舐められると、「あああ~~ん、やばい~~、やみつきになっちゃう、おマンコ気持ちよすぎてやばい~~」などと若い子特有の明るい声で悶えた。
「じゃあ、おチンチンでマンコをさらに気持ちよくしましょう」と俺。
「おチンチンで気持ちよくすれば、マンコも満足して元にもどりますよ」と適当なことを言う。
「お願いします」と彼女。
俺は、騎乗位で彼女に生チンコをマンコに入れるように指示した。
素直に俺の言うことを聞く爆乳娘だった。
「あは~、大きい~」となんだか楽しそうに生チンコを濡れまくったマンコに挿入する淫乱爆乳娘。
騎乗位で腰振りするたびに、その1メートルを超えると思われる爆乳がたぷんたぷんと揺れまくる。
俺は、その爆乳を揉んだり、乳首を摘んだりして生ハメを楽しんだ。
座位では爆乳で顔を挟んだり、ちくびに吸いついてひっぱってみたりした。
弾力ばつぐんの爆乳でないと、こんな遊びはできなかった。
バックでピストン運動している時は、部屋に立てかけてある鏡で、彼女の爆乳の揺れを楽しんだ。
彼女は俺の生チンコでもマンコがかなり気持ちよいらしく、ひたすら悶え続けていた。
正常位で激しくピストン運動すると「ああ! あんあああななな! あ! やば! いきなりイッちゃう! イク! すいません! イッちゃいます! イク!!!」と体を剃らせて何度も何度も潮吹きしながらイッテしまった。

・爆乳ギャルのマンコの中に大量精子を中出し
何度もイッテしまってぐったりとする爆乳ギャル。
俺は、そんな彼女を自分の性玩具よろしく、チンコをつっこみまくってゆっくりと射精した。
もちろん中出しだ。
夢なのだから手加減することない。
チンコをマンコから抜くと、大量の精子が流れ出てきた。
全身汗と精液でまみれてぐったりと横たわる爆乳ギャル。
俺は彼女の爆乳に吸いついて、チュパチュパと吸いながら少し休んだ。
だいたい、一発射精すれば、夢は覚めるのだが、今回はまだまだ続くようだった。
しかし、俺のチンコは元に戻らない。
今回の夢は長いな、と思っていたら、先ほどまで失神状態で寝ていた爆乳の女の子が目を覚ました。
寝ぼけているのか、ちょっとぼうっとした顔をしている。
しかし、いきなり目を見開いたかと思うと「え!? なに!? なんで裸!?」と驚いた表情で慌て始めた。
「あ、あなた誰ですか!?」と自分のスウェットで体を隠して俺を見て言う。
俺、状況判断ができない状態だが、なんだか緊張感が漂う。
「えっと・・・」と言葉につまる俺、早く夢が覚めないかなと思う。
普段なら、俺の夢は俺の都合良い展開しかないので、こんな状態にはならないはずなのだが。
「あ! また、あれが起こったのかも!」と彼女。
あれ? と俺は首を傾げる。
「すいません! 私、夢遊病の癖があって、えっと、なんか変なこと言ってませんでしたか?」と彼女、いそいそとパンティを履いてスウェットを着ながら言う。
夢遊病・・・。
俺は古典的だが、頬を自分でつねってみた。
痛かった。
もしかして、これは夢でない? と思って背筋が凍った。
「お隣さんですよね。ご迷惑かけたのならすいません。えっと、何があっ
たのか教えていただけますか」と彼女。
会社ではありえないくらいに脳味噌を使って色々高速計算する俺。
「あの。すいません。夢遊病とは知らなくて、あの、あなたがその、セックスしたくてしかたないってうちに来て、その土下座してセックスしてくださいって言って、それで、服を脱ぎだして、あの、僕は躊躇したんですが、セックスしてくれないと自殺するって暴れたんで、その、なんていうか、人助けだと思って、セックスしたんですけど、すいません、中出ししてしまって、えっと、でも、なんかあったら責任とってもいいです」と言ってみた。
正座して。
「中出ししちゃったんですか!?」と驚く爆乳ギャル。
「ちょ、ト、トイレ借ります!」とトイレ兼用ユニットバスにかけこむ。
「あ、でも大丈夫ですよ。僕の精子は少なくて、精子バンクで断られたくらいだから大丈夫」と扉越しに叫んで見る。
何が大丈夫なのか、やや疑問だが。
精子が少ないのは本当だった。
少しして、でてくる爆乳ギャル。
「だ、大丈夫ですか?」と俺。彼女よりも俺自身が大丈夫なのか知りたかった。
「大丈夫です。ご迷惑かけてすいません」と彼女。
「最近エッチしてなくて、欲求不満になると、夢遊病状態でセックスの相手を探しまわってしまうんです」と彼女が言う。
どうやら少し落ち着いたらしい。
かなりやっかいな病だな。
「あの、あなたは彼女や奥さんや愛人や彼氏がいますか?」と聞かれた。
「いないです」と答える俺。
彼氏って・・・。
「善良な人ですか?」と彼女。
「たぶん。拾った財布は中身抜かずに交番に届けます」と答える俺。
過激なエロ妄想はすれども、実際に性犯罪行為的なことはしたことなかった。
「もしも! もしも良かったらですが!」と突然俺の両肩をつかんでくる爆乳ギャル。
ちょっと怖い。
「セフレになってください!」と彼女。
「ええええええ~~!!」と驚く俺。
「割り切りで。エッチのみの関係で。あ、もしもあなたに彼女ができたり、私に彼氏ができたら終わりって感じの深くないライトな奴でやっかいなことはなしで、ストーカーとかなんとかリベンジとかエロ画像をネットに拡散とかなしで!」と早口に言う彼女。
「え、え~と」と答えにつまる俺。
「でないと、私、また知らない間に徘徊してしまって、もっと凶悪な人に犯されて、知らない間にハラまされて、かなりやばいことになるかもしれないんです!」と彼女。
もっと凶悪って・・・。
「だからしばらくセフレでお願いします!」と頭を下げる爆乳ギャル。
大きなおっぱいがたっぷんたっぷん揺れるのを見ていると、緊張状態を忘れてチンコが大きくなってしまう。
「わ、わかりました! これの人助けですね。セフレ、了解です!」と俺。
半分、これでいいのかわからないかったのだが、考えてみれば爆乳ギャルと無料でセックスできるのだからお得ではないか?
「ありがとうございます!」と俺の手を握ってくる爆乳ギャル。
「社会人として当然ですよ。あっはっは~」などと言ってみる。
爆乳ギャルは、礼を言って帰って行った。
ムラムラしたらまた来るという。

一人部屋に取り残される俺。
すごく疲れた。
爆乳ギャルと現実世界でセックスできるという喜びよりも疲れの方が強かった。
しかし、警察に突き出されるとか本当にヤバイことにならなくて安心した。
疲れた俺は布団に潜り込んだ。
いつものエロい夢も見ずにぐっすり眠りたかった。
やはり、現実世界は怖い、と思った。

終わり。

罫線