1メートルを超える爆乳の童顔ギャルにパイズリさせてマンコ潮吹き愛撫


★1メートルを超える爆乳の女の子!★

罫線

この作品の初回はコチラ(全3話)

■かわいい爆乳の女の子のパイズリ

俺はちゅぱちゅぱと爆乳ギャルの乳首を吸いまくり、お尻をなで回した。
いったん口を爆乳からはずすとスウェットの上をめくりあげて、脱がした。
それから、彼女の口に吸いついた。
彼女は舌をからめるディープキスをしてきた。
爆乳の彼女だが、背は高くなく、あんがい華奢な体型だった。
ややスレンダーなのに、強烈な爆乳という逸材だった。
俺の舌を吸ってくる彼女はとても可愛い女の子だった。
俺は、スウェットのズボンの中に手を入れて、彼女のお尻を鷲掴みにした。
彼女はお尻を揉まれたり、なでられたりしてもよがっていた。
彼女の股間まで指をはわせると、そこはすでにしっかりと濡れていた。
パンティがぐっしょりと湿っている。
「だいぶ濡れてきたようですね」と俺。
「す、すいません」と彼女。
「いいんですよ。これで熱が下がりますから」と言いながら俺は彼女のズボンを脱がした。
パンティはシンプルで素朴なものだった。
体型がグラマーでエロさ満点なのに、パンティが素朴というギャップも萌えた。
本気で彼女を好きになってしまいそうだった。
俺は、彼女のパンティも脱がした。
陰毛は薄く、モリマンだった。
シミひとつない彼女の体はきれいで、細いウエストに似合わない垂れた爆乳がとんでもなくいやらしい女の子だった。
俺は彼女を四つん這いにして、足を開かせた。

・童顔で可愛い爆乳の女の子のマンコを指マン
彼女のマンコは美マンだった。
ピンク色の膣口は愛液で濡れまくり、可愛いクリトリスがこんにちはしていた。
「では、マンコの様子を確認しますね」と俺は言った。
彼女は四つん這いで、頭を布団につけ、お尻を高くつきだしている状態だった。
彼女のお尻の穴も、女性器も丸見えの状態だ。
俺は、ゆっくりとマン汁まみれの爆乳ギャルのマンコに指を挿入していった。
「ああ~、あ! なんか、なんかすごく気持ちいいです」とお尻を振って悶える爆乳娘。
「それでいいんですよ。マンコが正常になっていきますから。たっぷり感じてください」と俺。
俺は、片手で自分のチンコをしごいていた。
俺は、指先を曲げて、爆乳娘のマンコの中をクリクリとこねるようにして愛撫した。
「ふう~ん、あは~~、あああ、気持ちいい、気持ちいいです。本当に気持ちいい~」
うっとりしまくっている爆乳ギャルだった。
俺は、指をマンコから抜くと、彼女のアナルからマンコ、クリトリスまでべちゃべちゃと舐めまくった。
「ああ! あああ! す、すごい! すごい感じます! すごい!」
彼女が暴れるので、俺は彼女のムチムチした太股を抱え、腕を後ろ手に拘束した状態でクンニをし続けた。
「あ! やばい! ああ! だめ! イッちゃう! イッちゃう! イキます! イク! イク! あ、イク~~~~~!!!!」
彼女は体を痙攣させながら、何度も何度も潮吹きして昇天しまくった。
俺は暴れる彼女を押さえつけながら、指をマンコにつっこんで激しく指マンした。
彼女のマン汁は噴出して、俺のパジャマはぐちょぐちょに濡れた。
潮吹き体質の爆乳ギャルだったのだ。

>続く

罫線