エロい黒タイツを履いた可愛い黒ギャルと騎乗位セックス


★美乳、美尻の黒ギャルと激しくセックス!★

罫線

この作品の初回はコチラ(全3話)

■騎乗位セックスで感じまくるエロい黒ギャル

僕は黒ギャル家庭教師のお尻をつかんで、生チンコをマンコにつっこみまくった。
先生のお尻は小さめだが肉付きがよく、つかみがいがあった。
お尻の穴付近やお尻の割れ目の中までよく灼けている黒ギャルだった。
チョコレート色の可愛い女の子を自分の肉便器にして犯しまくるのはとても快感だった。
「ああ! あん! すごい! ○○君のおチンチン大きいよ! すごい! おいしい! おチンコおいしいの!」
そんな淫語を吐きまくりながら感じまくる淫乱黒ギャル。
僕は黒ギャル家庭教師をベッドに押し倒すと、その美脚を乱暴につかみ、開いてマンコに生チンコを挿入した。
恥骨が痛くなるくらいに、何度も何度もチンコを黒ギャルのマンコの奥まで挿入する。
「はあ、はあ、はあ、ああ! うん、うん、うん、あぁぁぁぁ~」
黒ギャルは、自分でおっぱいをつかみ、シーツをつかんで悶えまくった。
僕は、チンコを抜くと、ベッドに寝た。
そして、黒ギャルに騎乗位でチンコをはめるように言った。
彼女は汗と精液にまみれた裸体を、僕の上に乗せ、自分でマンコにチンコを挿入した。
彼女は今やセクシーなスケスケ黒タイツ以外は何も身につけていなかった。
おマンコ丸出しで、生ハメを楽しむ彼女はとても可愛かった。
彼女は強烈な腰の動きで、僕のチンコをマンコの中で暴れさせた。
涎を垂らして、目をつぶり、うっとりとした表情でチンコを味わう可愛い黒ギャルだ。
僕は、あやしく動く彼女の美しい裸体を見ていたら、突然射精してしまった。
オナニーとは比べものにならないくらいのすばらしい快感だった。
「あ~、○○君の精子がでてくる~~」
チンコを抜いて、マン汁と精液まみれのマンコを細い指で開きながら黒ギャル家庭教師は言った。
「嬉しいんだろ?」と僕は偉そうに聞いた。
「嬉しい。でも、まだ私イッテないの。もう一回しようよ~」と彼女は甘えて抱きついてきた。
もう一回か、できるかな、と思っていたらチンコはすでに大きくなっていた。
さすが、僕の妄想の世界。
僕に都合良くできていた。
僕はもう一度、黒ギャル家庭教師を犯し始めた。
「ああ~、気持ちいい~」と何度でもチンコを楽しく味わう黒ギャル家庭教師。
「先生は、現実世界でもこうしてチンコを楽しんでいるんだろ?」と僕は聞いた。
黒ギャル家庭教師に実際に彼氏がいるかどうかは知らなかったのだが、どうせ、似たような雰囲気のギャル男な彼氏がいると思っていた。
「え? 楽しんでないよ」ときょとんとした表情で言う黒ギャル。
「楽しんでない?」と僕。
「だって、処女だよ」と答える彼女。
僕は、金槌で頭を叩かれたような衝撃をくらった。
しかし、ここは僕の妄想、夢の中というのを思い出して、これは僕を喜ばせるための僕の無意識のサービスだと思った。
「ネットで私の名前で検索してみなよ」と彼女は言った。
それから、激しい腰振りで、何十回目かの絶頂を味わっていた。

・淫乱黒ギャルとエッチ
起きたとき、僕は夢精していた。
しかも、何度も夢精したらしく、パンツの中はぐちょぐちょだった。
パンツを洗いながら、楽しくて気持ちよかったけれど、あれはやはり夢だったか、と思った。
もう一時間もすれば、現実のドSな黒ギャル家庭教師が来て、普段のつらい勉強タイムが始まる。
自室に戻り、僕は、ふと夢の中で言った彼女の言葉を思い出した。
そして、ノーパソを開き、彼女の名前で検索してみた。
いくつかサイトが出てきたのだが、とあるサイトに地味な女の子の写真が載っていた。
書道のコンテストのサイトで優秀者が写真付きで紹介されているのだ。
その女の子の写真の下に黒ギャル家庭教師の名前があった。
しかし、まったく似ていない。
その女の子は黒髪のもっさいかんじのメガネさんだ。
丸顔でニキビ面。
正直クラスメイトだとしてもまったく萌えない。
色白だし。
しかし、写真を拡大してみると、鼻の横にほくろがあるのを発見した。
実は、黒ギャル家庭教師にも、同じ場所にほくろがあるのだ。
そして、そのもっさい女の子からメガネをはずし、やせさせて、肌を黒くしたのを想像してみた。
もしかして同一人物? と思った。
衝撃を受ける僕だが、黒ギャル家庭教師が来る時間になった。

現実の黒ギャル家庭教師は、やはりドSでとてもじゃないが、夢の中の肉便器状態やネットの写真から受ける地味少女の印象とはほど遠いものだった。
ただ、確かに彼女の字はとてもきれいなのだ。
書道で賞を取るくらいだから、と考えることもできた。
そして、あの地味少女ならば勉強もできるだろうと思った。
つまりこういうことだ。
ギャルが有名国立大学に入ったのではなく、地味で頭の良い女の子が有名国立大学に入ってその後ギャルになった、ということだ。
それなら、高学歴なギャルがいても無理がない。
ギャルをハイレベルな大学に入れるよりも、頭の良い地味少女をギャルにする方が簡単だろう?

「ちょっと! 集中しなさいよ!」
そう言いながら黒ギャル家庭教師は僕のわき腹に鉄拳をつっこんでくる。
本気で痛い。
うぐぅ、となり、苦しむ僕。
「せ、先生は本当は地味なんですよね」と思わず言ってしまう。
「はあ? 何言ってんの?」と先生。
「本当はギャルじゃなくて、地味な女の子だったんですよね?」と僕。
「・・・。それがどうした?」と否定しない黒ギャル。
やはり、と僕は思うが、たしかにそれがどうした? というものだろう。
「あれ。これは?」と黒ギャル家庭教師、机の脇に落ちていたノートを見つける。
エロノートだ。
それを開く黒ギャル。
「あ、それは!」と僕は、彼女からそのノートを奪い返そうとするが、よけられる。
「だめです! 返してください!」となんとか奪い取ろうとする僕。
もしも内容を読まれたら殺されてしまいそうだった。
しかし、僕の攻撃を素早くよけながら、ページをめくる黒ギャル。
ついに内容を読まれてしまう。
「何これ!」と先生。
「すいませんすいませんすいません」と土下座してひたすら謝る僕。
しかし、ノートにハレンチな願望を書いただけで重い罪になるのだろうか? などとも思ったら、本人に読まれた場合はかなりまずいことになるだろう。
訴えられないまでも、親に報告されたり、契約を切られたりするかもしれない。
ただ、黒ギャル家庭教師は僕に蹴りをいれるわけでもなく、自分の椅子に座っていた。
なんとなく、顔が赤くなっているような気がする。
といっても、黒ギャルなので赤くなってもわからないのだが。
「はいはい、勉強を続けてください」と黒ギャル家庭教師は、エロノートを机の端において冷静に言った。
「すいません」と言いながら僕は椅子に戻った。
先生は怒っていないようだった。
むしろ、何か喜んでいるような気もした。
僕は勉強を続けた。
少しして、僕はノートの端に「処女?」と書いてみた。
鉄拳がわき腹に飛んできた。

黒ギャル家庭教師が処女なのか、地味少女だったのか、実はエロノートを読んでマンコを濡らしてしまったのか、それはわからない。
ただし、僕は今までよりも彼女を身近に感じたし、なぜか勉強に集中できるようになった。
黒ギャル先生の為にも、無事に大学に受かろうと強く思うようになったのだ。

終わり。

罫線