着物のかわいい女の子と温泉でセックス、スレンダー美少女のマンコを愛撫して味わう


★着物のかわいい女の子と温泉セックス!★

罫線

■スレンダー美少女の裸体とマンコを楽しむ

「ご主人様~、今日はどんな変態プレイで楽しみますか~!?」
エロえもんが聞いてきた。
エロえもんは見た目が巨乳美少女の宇宙人だ。
メイド服を着ている。
うちの裏山に墜落していたのを助けたらなつかれた。
田舎暮らしの30男の暇つぶしの相手には割と良い。
「そうだな~、着物が似合うスレンダー美少女と温泉でしっぽりと生ハメしたいな~」などと答える俺。
毎日こうしてエロいリクエストをされるのでネタがつきてくるのだ。
なんか、疲れて温泉に行きたい気分になっただけだった。
「了解しました~。では~」とエロえもん、自分の巨乳の谷間から錠剤の入った瓶を取り出す。
エロえもんの胸の谷間は異次元につながっていて、そこから色々なエロいアイテムを取り出すことができるのだ。
「エロエロ錠~! この薬を飲むと・・・」とエロえもんが説明している間に、俺はその瓶をとって、錠剤を一つ飲んだ。
エロえもんのアイテムは、結局のところ、エロい妄想が見られるという点で同じなので、説明を聞くのがめんどくさいのだ。

・温泉旅館で、着物の似合う美少女とエッチ
気がつくと、素朴な雰囲気の日本家屋の中。
どうやら温泉旅館みたいだ。
板張りの廊下にてぼけっと立っている状態。
「いらっしゃいませ~、お風呂にしますか? ご飯にしますか?」と声。
振り返ると、着物を着たかなりの美少女さんが立っていた。
女将? という感じではないが、とにかく、俺がエロえもんにリクエストしたので出てきたのだろう。
細身の体に透明度高い美肌、微笑む顔はほぼノーメイクながら、無駄に化粧で濃い女には醸し出せない色気を漂わせている。
数々のエロえもんのアイテムで美女を堪能してきたが、彼女ほどの可憐で魅力的な美少女はお目にかかったことがなかった。
俺は、「君にします」と言ってしまった。
は? という顔の美少女。
「お風呂でもご飯でもなく、君をごちそうされたい」と俺、妄想だと思ってやりたい放題。
えっと~とアドリブがきかない着物の美少女さん。
俺は、彼女を引き寄せるといきなりかわいい口に吸いついた。
彼女は抵抗もせず、俺の背に手を回して舌を絡めてきた。
ほんのりとした良い匂いが漂う、まさに極上の美少女だった。

罫線