着物の美女に中出しセックス、温泉レズプレイを堪能、女同士でマンコを舐めあう


★着物の美女に中出しセックス!★

罫線

この作品の初回はコチラ(全3話)

■中出しされた後、温泉でレズプレイする美女

「うわ~~~!! またイク~~~!! イクってば! もうだめ~~~!!!」
何度も何度も悲鳴にも似たあえぎ声をあげながら昇天する着物ギャル。
そうしている間に、僕のチンコをマンコで味わう着物美女。
僕は足を折り曲げ、着物美女の体に巻き付けた。
そうすると、体が固定され、美女が騎乗位で動きやすくなるのだ。
もっとも、彼女が動かないでも、僕のペニスは彼女のマンコの中で自在に形を変えて動くのだが。
僕は、チンコを通常の状態からいくつか突起があるものに変えた。
その突起は的確にマンコの中の性感帯を刺激する。
「は! は! ああ! あ、そこ! そこが気持ちいい!」
着物美女はマンコの中であばれる僕のチンコでピクピクと体を動かして性的快感を味わっている。
「ああ~~~、やっぱりいい~~~」と目をつぶってしみじみ言う着物美女。
どうやら彼女の方は、エロボーグとのセックスの経験があるようだった。
一度知るとやみつきになるのが、エロボーグとのセックスなのだ。
僕は、足の形状を変えて、美女の乳首をつまむようにした。
指先からは微弱の電流がながれて、乳首を気持ちよくしてあげることができる。
その状態で、突起を持ったチンコを伸縮させて、ピストン運動の状態にした。
また、陰毛を振動させて美女のクリトリスを愛撫することも忘れなかった。
「ああ! あ! イイ! すごい! すごい! すごい! イク! イク! あぁ! イク!!!!!」
マンコがチンコをきつくしめてきた。
歯をくいしばって性的な絶頂を味わう着物美女。
僕はチンコの動きを止めた。
この状態では、あまり愛撫せずに性的絶頂を美女に味あわせた方が、後々アンケートで高得点をつけてくれるのだ。
エロボーグの世界も弱肉強食。
あまりに点数が低いと廃棄されてしまうのだ。
何度も何度も絶頂を迎える着物の美女二人。
僕は、彼女たちのマンコをありとあらゆるエロテクニックで愛撫しまくった。
数百回はイキまくり、汗だくになった彼女達のマンコに、僕は疑似精子を中出ししてあげた。
もちろん生殖能力はない。
雰囲気的なものだ。
中出しして欲しいとお客からの要望があるので造られたサービス能力だ。
ぐったりとする美女に、僕は口移しでエナジードリンク「エロビタンE」を流し込んだ。
心地よく疲労を回復してくれるドリンクだった。

・温泉でレズプレイする美女
事を終えて、汗と精液を流そうということでバスルーム、というか浴室へ移動。
旅館のような大きなお風呂は天然温泉だった。
僕はそこでも、変形させられる体をつかって彼女たちを洗い、さらにマッサージまでしてあげた。
温泉の浴槽につかりながら、キスをしあう美女二人。
お風呂でも、レズプレイを楽しんでいた。
二人は本当に恋人同士のようだった。
僕は忠実な下僕として、彼女たちを見守った。
そして、サービス終了となった。
箱に戻される僕。
二人とも名残惜しそうにしてくれた。
おそらく、お金持ちなので、もしかしたらまた呼ばれるかもしれない。
彼女たちの性データはすでに保存済みなので、次回はさらに進化したエロプレイを体験させてあげられるはずだった。
僕はひざを抱えて箱に座る。
首の後ろにあるボタンを押されると僕の思考はシャッドダウンされた。
あとは、専門の業者が僕を引き取りにくる。
一度、ラボに戻るとメンテナンスと洗浄が待っている。
そしてまた、誰かの家に送られるのだ。

僕はエロボーグ000、進化し続ける性玩具だ。
今日もまた、美女の欲求を満足させるために目を覚ます。

終わり。

罫線