淫乱でセレブ婦人を性感マッサージ、ローションまみれで生ハメを楽しむドスケベ若妻


★淫乱なセレブ婦人を性感マッサージ!★

罫線

この作品の初回はコチラ(全3話)

■ローションまみれで生ハメを楽しむドスケベ若妻

「あ! あ! ああ! すごい! 気持ちいい! 気持ちいいよ!!」
ローションまみれの指でおマンコをいじられてよがりまくる淫乱セレブ婦人。
「あはぁ~ん、濡れてきちゃう~」とお尻を振りながら言う。
「仰向けになってください」と俺。
セレブな若妻は、ベッドの上でおっぱいを上にして寝た。
形良い巨乳と綺麗に整えられた陰毛がとてもセクシーだった。
俺は、再びローションを彼女の体に塗りまくった。
巨乳はローションを塗られるとテカテカと光り、さらにセクシーさを増した。
俺は、片方の手で指マンしながら、もう片方の手でローションまみれの巨乳を揉みまくった。
「あん! あああ! いい! いいよ! いい!!」
美女は、ひたすらよがりまくる。
「せ、先生。お、おチンチン舐めていいですか?」
突然、若妻が聞いてきた。
しかも、すでに俺の股間に手を伸ばしている。
「おチンチンがほしくなったんですね」と俺。
「お、おチンチン舐めたいの~」と甘えてくる人妻。
俺はズボンをおろして勃起しまくったチンコをとりだした。
うぐ、うぐ、とそのチンコを寝たままフェラチオする淫乱若妻。
俺は、さらに性感マッサージを続けた。
「おいしい! おチンチンおいしいです!」などと言ってひたすらチンコをしゃぶりまくる性欲の溜まった若妻だった。
俺は指マンを高速に変えた。
「あ! あああ! すごい! 感じる! あ! やばい! イッちゃう! イッちゃう! イッていいですか!?」
俺は、いいよ、と言ってあげた。
「イク! イク! イクよ! イク~~~~!!!!」
腰を上げてビクンビクンと痙攣しながら昇天する美人若妻。
チンコをにぎったままイク人妻の姿はすばらしく卑猥だった。

・若妻のぐちょぐちょマンコに生ハメ、中出しセックス
イキまくり、ぐったりとする美人若妻。
全裸のエロボディから蒸気があがっているように見えた。
俺は、ベッドの上に乗ると、彼女の美脚を広げて、そそりたったペニスを人妻のグチョグチョマンコの奥まで挿入した。
ローションとマン汁で濡れまくったマンコはすばらしく気持ちよいものだった。
「ああ~~~、お、おチンチンが入ってきた~~」と涎を垂らして嬉しそうに言うイッタばかりの人妻。
俺は、黙々と美女のマンコにチンコをいれ続けた。
タップンタップンとローションまみれの若妻の裸体は波打つ。
「はあはあはあ、あああ~~、いい~~~~、おチンコ大好き~~、おマンコが喜んでる。喜んでるよ~~」などと淫語を吐きまくって感じまくるドスケベ若妻。
俺は、そんな彼女をダッチワイフのように扱って、ひたすら犯し続けた。
そして、ゆっくりと大量の精子を何度も中出しした。
俺がチンコをマンコから抜くと、ローションとマン汁、精液の混ざった液体が若妻のマンコから泡を吹いて流れ出てきた。
「体、ほぐれましたか?」
俺は、チンコを人妻にお掃除フェラさせながら聞いた。
「ひょ、ひょうぐれまひた」とチンコを口にいっぱい含みながら答える若妻は、満足そうな表情で言った。
可愛い女性だった。
そこで、自分の部屋に戻った。

気がつくと、俺の前に全裸のエロえもんが仰向けに横たわっていた。
なぜか横にごま油の瓶が置かれていた。
「よ、よかったら、エロえもんちゃんに性感マッサージしてもよいよ」と
言うエロえもん。
ごま油でかよ! とつっこみをいれたくなったが、それもめんどくさいので、いきなり指をマンコにつっこんでやった。
「ああ! イク~~~~~!!!!」
指を二本挿入しただけで、激しく体を痙攣して昇天してしまうエロえもん。
「あん、ご主人様ったらテクニシャン」などと言ってくる。
いや、お前の感度が良すぎだろと思ったが、それを言うのもめんどくさいので、指を抜いてまたマンコに挿入してやった。
「あはぁ~~~~~!!!!」と潮吹きしながら感じるエロえもん。
アマ○ンでローションオイル買っておくかな、と思いながらひたすらエロえもんのマンコを愛撫する俺だった。

終わり。

罫線