セクシーな下着姿で誘惑してくる大きなおっぱいの美少女、大きなお尻を愛撫


★セクシーな下着姿で誘惑してくる大きなおっぱいの美少女!★

罫線

この作品の初回はコチラ(全3話)

■セクシーな下着姿で誘惑してくる大きなおっぱいの美少女とエッチ

彼女の白いワンピースを脱がすと、フリルのついたセクシーな下着姿が露わになった。
全体的にむっちりした肉付きよい体型のショートカットの女の子で、セクシーな下着姿はそれだけで射精してしまいそうな破壊力がある。
俺は、下着姿にした彼女を立たせて、じっくりと観察した。
「恥ずかしいよ~」などと言う彼女だが、それも笑顔だ。
むちむちボディの巨乳の女の子が下着姿で恥ずかしがる様子はとてもエッチだ。
俺は、立ち上がって彼女に抱きつくと、またもや舌をからめるキスをした。
キスをしながら大きなお尻をなでまくり、おっぱいを揉みまくった。
パンティの上からなでる大きなお尻は、とても弾力がよくて、俺のチンコはすでにパンパンに勃起した。
そんな大きくなったチンコを、彼女はトランクスの上からなでてきた。
俺は、彼女のフリルのついたブラジャーをはずした。
メロンのような形良い大きなおっぱいが露わになる。
両手ではさんでみると、胸の谷間がしっかりとできる。
チンコを挟んだら隠れてしまいそうなくらいの爆乳だ。
乳首はピンク色で小さめ。
その乳首を軽くかんで、舌でレロレロと舐めた。
「あはぁ~~ん、感じる~、上手~」などとトロンとした目であえぐ巨乳美少女だった。

・ムッチリ体型の美少女のマンコを舐めまくる。
俺は、ベッドへと彼女を誘った。
そして、寝かせるとパンティを脱がした。
彼女に、自分で足を開いておマンコを広げるように言った。
「恥ずかしいなぁ~」と言いながらも、命令をきく美少女。
彼女の肌はとてもすべすべしていて、弾力もあるので、まさにエッチに最適な肉感ボディだった。
陰毛は薄めで、マンコはピンク色。
いわゆる美マンだ。
こんなエロい美少女が彼女だったら、毎日三回はセックスしてしまうだろう。
俺は、彼女の勃起したクリトリスに吸いついて、舐めまくった。
「アハ! あん! そこ、気持ちいい。 気持ちいいよ!」
彼女は自分で腰を動かして性的な快感を味わっていた。
俺は、自分でチンコをしごいていた。
「今度は、私が気持ちよくしてあげる」と彼女は言うと、くるりと体を反転させた。
今度は俺が寝て、彼女が上に乗ってくる状態だ。
いわゆるシックスナインだった。
すべすべした肌の巨乳美少女に乗られると、俺は例えようもない快感におそわれた。

>続く

罫線