パイパンの巨乳娘を指マン、パイパンに生ハメして中出し、マンコから精子が流れ出る


★パイパンの巨乳娘を指マンして生ハメ!★

罫線

この作品の初回はコチラ(全3話)

■パイパンの巨乳娘を指マン、生ハメ

Wフェラチオでチンコを綺麗にしてもらったら、今度は指マンでお返しだ。
四つん這いにして、お尻の穴やおマンコが丸見えになるようにする。
全裸の巨乳娘が四つん這いになっている姿は、いかにも卑猥な生物という感じがしてよい。
淫乱なメス犬。
精子を注ぐ、肉便器という感じがする。
おマンコが愛液まみれになっていて、性玩具として扱われるパイパン巨乳娘だ。
俺は、指をパイパンマンコの奥まで挿入する。
そして、ぐちょぐちょとその膣内をかき回す。
「あ! あ! いい! あ! そこ! そこ、感じるの!」
彼女はもう一人の男性のチンコをしゃぶりながらも、指マンの快感を味わう。
おマンコは、指で内部を押す度にマン汁をじゅくじゅくと流してシーツに恥ずかしいシミを作る。
俺は、勃起しまくった生チンコをしっかりとにぎると、マン汁まみれのパイパンに押し当てた。
ぐい、と力をいれて、その綺麗なパイパンに深く挿入する。
「うわ~~~、大きいのが入ってくる~~」
目を閉じて、チンコを握りしめながら感じる淫乱娘だった。
感じてもらえると、俺も嬉しい。

・巨乳のパイパン娘のマンコに大量精子を中出し
バックで、彼女の大きなお尻を抱えながら激しくピストン運動。
小柄でむっちりとした体型の彼女は、ピストン運動でせめられるたびに、魅力的な肉を揺らして俺たちを楽しませてくれた。
弾力良い彼女のお尻は、つかみがいがあり、激しくピストン運動しても痛くない。
マンコに生チンコを挿入されながら、お口でチンコをしゃぶる淫乱娘。
3Pなので、騎乗位しながらフェラチオや、正常位しながらフェラチオなど、上と下の口を同時に犯し続けた。
男二人で交互にマンコに生チンコを挿入した。
アナルセックスは苦手ということだったので、二穴姦はなかったが、それでも満足できる3Pセックスだった。
最後は、お約束の中出しだ。
正常位で激しくピストン運動。
「ああ! あ! あ! すごい! イク! イク! イクよ! イク~~~!!」
パイパンマンコをヒクヒクさせ、チンコを握った彼女が叫ぶ。
巨乳はゆれまくって、セクシーな肉の波を作っている。
彼女が腰を浮かして痙攣して昇天すると同時に俺も射精した。
パイパンマンコから、濃厚精子が流れ出る。
すぐにもう一人の男性も中出しする。
連続で、大量の精子を注入された美マンは、精子とマン汁でぬるぬるになっていた。
その状態で、きちんとお掃除フェラをさせた。

プレイが終わり、シャワーを浴びている時に女の子と会話できた。
普段は、ファミレスで働いているという。
どうしてこんな撮影にでるようになったのかは不明だったが、普段からエロいことばかり考えているということだった。
仕事中も、おちんちんのことを考えているらしい。
俺も、ファミレスにはよく行く。
笑顔で接客している可愛い店員が、実はチンコのことを考えているなんて。
想像しただけで、店に行く楽しみがまた一つ増えるものではないか。
こうして、俺の充実した休日が終わった。

終わり。

罫線