可愛い巨乳のギャルとシックスナイン、おマンコを舐めてバックで生ハメ


★可愛い巨乳のギャルとシックスナイン!★

罫線

この作品の初回はコチラ(全3話)

■可愛い巨乳ギャルとシックスナイン、生ハメセックス

レロレロと僕のチンコや金玉を舐めてくれる巨乳ギャル。
少しして、僕の顔の方へとよじ登ってくると、そのかわいらしい唇で僕にディープキスしてきた。
舌を絡めてくる愛情深いキスだ。
現実ではあり得ない展開に僕の理性は崩壊した。
もともとたいした理性も持っていないのだが。
彼女もすでに全裸で、弾力たっぷりの巨乳が僕の薄い胸板に乗っかってきていた。
僕はすばらしく可愛い巨乳ギャルとディープキスをしながら、その美巨乳を揉みまくった。
彼女は爆発しそうに勃起した僕のチンコをほっそりした指で握りしめて手コキしてくれた。
すばらしい体験だった。
僕は彼女に舌を吸わせて「愛しているか?」などと聞いてみた。
夢だと思っているので恥ずかしさはない。
「愛してる。愛しているよ~」と甘えた感じで言ってくる彼女。
「俺も愛しているよ」などと言ってみる。
気分だけはジェームス・ボンド。
そして、彼女の大きな乳房に顔をうずめた。
その気持ちよい弾力を存分に楽しむ。
彼女の乳首はピンク色で、巨乳は艶やかなまさに美巨乳だった。
乳輪がやや大きめなのが、かなりいやらしい。
僕は、彼女のおっぱいに吸い付き、舌で乳首をレロレロとなめまくった。
「あ~ああ~ん。気持ちいい。気持ちいいよ~」と本気で感じる彼女。
僕は、乳首を噛んだり、乳房を口内全体に含められるように強く吸い込んだりした。
また、美しいそのお尻を抱えて自分の下腹部へと押しつけたりした。

・可愛い巨乳ギャルとシックスナインでマンコを舐める
「おマンコ、舐めてやるよ」と偉そうに言う僕。
「おチンチンも舐めたいからシックスナインね」と言って、彼女はくるりと体を反転させると、僕の上に乗ってきた。
彼女が上で、僕が下のシックスナインの体勢だ。
初めてのシックスナインで、彼女の美マンが僕の眼前にある様子は鼻血がでるかと思う興奮状態だった。
巨乳ギャルの陰毛は薄めで、マンコは色素の沈着が少ない美マンだった。
マンコはすでに愛液で濡れていて、クリトリスが光っていた。
僕は、彼女のお尻を両手でつかみ、横に広げるようにした。
そうすると、マンコも広がるので、クンニしやすくなる。
僕は広げられたマンコをじっくりと観察して、尿道や膣の入り口のピンク色のビラビラやお尻の穴まで脳裏に焼き付けた。
それから、じっくりとクリトリスやおマンコをなめまくった。
「あ! あ! そこ! すごい! 気持ちいい! きもちいいよ!」
あえぎながらギャルは僕のチンコや金玉、さらにお尻の穴までも舐めまくってくれる。
巨乳が体に密着していてそれも気持ちいい。
まさに至福の瞬間であった。

>続く

罫線