極上美巨乳の美女達に乳首舐め、アナル舐めさせてハーレムプレイ


★美巨乳の美女にアナル舐めさせるハーレムプレイ!★

罫線

この作品の初回はコチラ(全3話)

■極上の美巨乳美女に乳首やアナルを舐めさせる

可愛い女性たちに順番にチンコを舐めさせて王様気分を味わうハーレムプレイ。
俺は、このすばらしいスタイル抜群の巨乳美女たちに、さらに気持ちよくしてもらおうと思った。
王様気分を味わえるハーレムプレイは、普段の疲れをたっぷり癒してくれる。
俺はキングサイズのベッドに移動した。
大の字になって寝そべると、全身リッププレイをしてもらうことにした。
俺のたいして綺麗と言えないおじさんの体を美形ギャルに舐めて綺麗にしてもらうのだ。
さらに、俺は彼女達の美巨乳やおマンコも味わうことにした。
美巨乳ギャル達は、俺の足指の間を舐め、チンコや金玉を舐めてくれる。
すね毛まみれの太い足や、毛の生えた乳首も舐めてくれる。
添い寝しながらディープキスもしてくれるし、膝枕で巨乳を俺の顔にのせてくれるのだ。
これは凶悪なインフルエンザでも治ってしまいそうな癒し効果がある。
俺は、チンコをねっとりとしゃぶられながら、眼前の巨乳のかわいい乳首をちゅぱちゅぱと吸った。
さらに、添い寝して俺の乳首を吸ったり、チンコを手コキしてくれるギャルのおマンコに手を伸ばすと彼女を指マンした。
「あああん! ああ! あ! 気持ちいい!」
「あ~~~ん、おっぱい感じる~」
女の子の数が多いので、あえぎ声も多い。
さらに、あえぎ声の間に、ジュルジュルというフェラチオの音やクチュクチュという指マンの音も奏でられるので、室内は一気に卑猥濃度が増すものだ。

・美女にアナルを舐めさせながら指マン
俺は、さらに変わったことをしてみたくなった。
今度は、お尻の穴を綺麗に舐めてもらおうと思ったのだ。
こんなメタボでブサイクなおっさんの肛門を美女が舐めてくれるなんて、金を払うかこうした夢の中でしか叶えられない願望だ。
俺は、足を広げてお尻を持ち上げる格好をとった。
肛門が開かれた、ちょっと恥ずかしい体勢だ。
しかし、ここは俺の夢の中。
恥ずかしいなんて気持ちは生まれない。
毛の生えたアナルを美女に舐めてもらう。
美女はたっぷりの唾液をつけた舌で、レロレロと俺の汚い肛門をなめてくれる。
何とも言えない至福の瞬間だった。
俺は、その状態でクンニしたかったので、アナルなめしていない美女に、顔面騎乗位するように言った。
俺の顔に、美巨乳ギャルがまたがってくる。
その濡れまくったおマンコが俺の鼻や口に押し当てられる。
クリトリスやマンコの入り口をたっぷり舐める。
「あああ~~。気持ちいい~~」ともだえるギャル。
幸せなハーレムプレイだった。

>続く

罫線