スクール水着のパイパン美少女と生ハメ、中出しセックス。水着の穴からチンコ挿入


★スクール水着のパイパンロリ美少女と生ハメ!★

罫線

この作品の初回はコチラ(全3話)

■エロいスクール水着の美少女と生ハメセックス

俺たちはシックスナインの体勢で、互いの性器をなめまくった。
スクール水着の穴から見るロリ娘のおマンコは、全裸の少女のマンコよりもいやらしく見えた。
俺は、眼前にあるマンコをじっくりと観察しながら、指マンしまくった。
彼女のマンコはあふれ出るマン汁で濡れまくっていた。
スクール水着も、彼女の愛液でシミができ、それもまた卑猥だった。
俺は、チンコをロリ娘のマンコにいれたくなった。
生ハメでいいか聞くと、予想通りOKということだった。
俺は、スクール水着のロリ美少女を寝かせると、正常位で生チンコをパイパンマンコに挿入した。
「あはぁ~、入ってくる~」
まったりとした感じでつぶやくパイパンロリ娘。
俺は、スローセックスを楽しもうと思った。
じっくりとスクール水着の少女を犯してみたくなったのだ。
ハードで早いセックスよりも、その方が楽しめそうだった。
ゆっくりと生チンコをロリ娘のパイパンに挿入する。
スクール水着を着たままなので、パイパンマンコに挿入されるチンコがなんとも言えないやらしい映像になる。
目を閉じて、じっくりとチンコを味わうパイパンロリ娘も本当にかわいかった。

・様々な体位で犯されるスクール水着の美少女
俺は、正常位からバック、立ちバック、さらに騎乗位など、さまざまな体位でスクール水着を着るロリ美少女との生ハメを楽しんだ。
スクール水着を着たままの少女とのセックスがこれほど楽しいとは思わなかった。
騎乗位でゆっくりと腰を振るロリ美少女はとてもかわいらしく愛おしかった。
座位で彼女のこぶりなお尻を掴んで、前後にゆすり、チンコをパイパンマンコの中で暴れさせると、俺は激しく射精した。
もちろん中出しだ。
射精する時は、ディープキスをして、彼女に俺の舌を吸わせた。
彼女も静かにイッたようだった。
痙攣して性的な快感を味わうロリ娘は最高のエロ存在だった。
中出しされた精子は、スクール水着からのぞくパイパンの割れ目を伝って流れでてきた。

事が終わり、彼女が帰る時間になった。
シャワーでお互いの体を洗いあうと、彼女はシンプルなTシャツとフリルのミニスカート姿に着替えた。
流石に穴あきのスクール水着では帰らないらしい。
どこに帰るのかもよく知らないのだが。
カジュアルな格好の彼女は健康的で、売れっ子アイドルのようなオーラを発していた。
こんな子とデートできたら最高だろうな、などと思った。
俺は、彼女にデートをしたことがあるのか聞いた。
彼女は首を横に振った。
そして、「もしよかったら、誘ってください」と言った。
事情を知らない人だと、プライベートで誘って欲しいという意味にとるかもしれない。
しかし、これは、エロガミを使わない場合は有料で申し込んでくれ、という意味なのだ。
金次第ということだ。
俺はちょっと悲しい気分になったが、考えてみれば金さえあれば叶えられるということでもある。
また、よく働けという政府の意志でもある。

彼女は、ディープキスをすると去っていった。

時々、町中でブサイクなおっさんが美少女と楽しそうに歩いているのを見ることがある。
実際はどうかわからないのだが、おそらくエロガミのクローン美少女とお客なのではないか、などと思ってしまう。
だから何、というわけではないが、その姿を複雑な気持ちで見てしまう。
しかし、非難はしない。

エロガミのクローン美少女の寿命は5年ということだった。
何度会えるかわからないが、俺は再びあのスクール水着のパイパン少女と会う為に金を稼ごうと思った。
それが彼女を喜ばせる唯一の方法なのだから。

終わり。

罫線