淫乱な美熟女と結合部を見ながらエッチ、網タイツで足コキさせて中出しセックス


★淫乱な美熟女とエッチ、足コキ中出しセックス!★

罫線

この作品の初回はコチラ(全3話)

■淫乱な美熟女と結合部を見ながらセックス

たっぷりとシックスナインをしたら、俺はあぐらをかくようして座った。
そして、淫乱な雌豚と化している美熟女に勃起しまくったチンコをフェラチオさせた。
じゅるじゅると言う卑猥な音をたてながら、チンコにしゃぶりつく美熟女。
自分でマンコをいじりながらチンコを舐める淫乱女だった。
「足コキもしろ」と俺。
網タイツのセクシーな美脚で足コキされてみたくなったのだ。
は、はい、と彼女は体勢をかえると、その美脚で俺のチンコをしっかりとつかんで上下に動かした。
なんとも言えない人妻の足コキで、俺のチンコはさらに硬度を増した。
「チンコ、マンコに欲しいか?」と俺。
「欲しいです」と美熟女。
「もっと欲しがれ!」と俺。
「私のマン汁まみれのマンコに、エロン様の大きなチンコをつっこんで、おマンコの中をかき回してもらいたいです!」
「生のチンコがいいんだろ?」
「はい! 生のおちんちんでたっぷりセックスして、精子をマンコに注いで欲しいの!」
泣きそうな顔で懇願してくる淫乱美熟女だった。
俺は彼女を寝かせると、大きなチンコをずっぽりとマンコの奥まで挿入した。
「あああああ! すごい! すごい大きい! あ、熱いよ~! 熱いおチンチン美味しいよ~~!!」
もだえまくる変態人妻。
俺は、高速ピストンで、彼女のマンコを陵辱しまくった。
俺の大きなチンコが入る様子がよくわかった。
結合部を見ながらのセックスは萌える。
マンコの肉がチンコに張りついて、出し入れするたびに卑猥に形を変えてすいついてくる。
かなりの名器のマンコだった。
俺は美熟女を正常位や四つん這いにしてのバック、さらには騎乗位でゆれまくる巨乳を楽しんだ。
そして、再び正常位で高速ピストンの末に大量の精子を中出しした。
「あああああああ! イク! イク! イっちゃいます~~~~!」
同時に、美熟女も体をびくんびくんと痙攣させながら昇天した。
俺の精子は濃厚だが、生殖機能はないので、妊娠の心配はないのだ。
人妻にも、存分に中出しできる。

・淫乱美熟女の淫乱マンコ
マンコから中出しされた大量の精子をながしながら横たわる美熟女。
「これであなたの問題は解決されましたね」と俺は服を着ながら言う。
「で、でも、まだ夫の行方が」と起きあがる彼女。
「旦那さんがいないことで、問題になっているのはあなたの性欲の解消でしょう?」と俺。
「ええ」と美熟女。
「旦那さんがいなくなった理由として考えられるのは二つ。一つは犯罪に巻き込まれた。もう一つは、浮気です」
「そうかもしれません」
「犯罪に巻き込まれて一ヶ月も帰ってこないのは、残念ながらすでに死んでいるということです。その場合、あなたの性欲は解消されない。また、浮気の場合は、あなたのような魅力的なエロい女性よりもエッチしたい相手がいるということ。この場合も、あなたの性欲は解消されない」
こう言われてショックを受ける美熟女。
「だから、あなたの旦那さんが見つかっても、あなたの問題は解決されないのです」と俺。
「で、では、私はどうしたらいいのですか?」と淫乱美熟女。
「これをお持ちください」と俺、彼女に愛液まみれのディルドを渡す。
実はそのディルドには特製の媚薬がしこんであり、使うほどに俺のチンコが欲しくなるのだ。
「また、おマンコがうずいたら、いつでもここにきなさい。特別料金で解消してあげます」と俺は紳士っぽく言った。
わかりました、と彼女。
そして、俺にディープキスをして去っていった。
離れがたいわ、などと言いながら。
その顔からは、ここに来た時にあった不安な表情が消えていた。

俺の名前は名探偵エロン。
今日も、デッドシティの悩める美女の問題を解決していく。

終わり。

罫線