和服でセックスする美魔女、顔射される美女、揺れる美巨乳


★和服でセックスする美魔女、顔射される美女!★

罫線

この作品の初回はコチラ(全3話)

■和服でセックスする美魔女、揺れる美巨乳

背面騎乗位から騎乗位で生ハメを楽しむ俺と美魔女。
騎乗位では彼女から濃密なディープキスをしてくる。
舌をからませながら、股間をすりあわせて、彼女のマンコの中でチンコを暴れさせると、亀頭が刺激されて思わず射精してしまいそうになる。
彼女のおっぱいをみたいとお願いする。
美魔女は自分から着物の帯をゆるめ、胸元からきれいな肌の美巨乳を取り出した。
俺は、美魔女の美巨乳の美しさに圧倒されながら、そこに顔を埋めた。
そして、かわいい乳首を舌でこねくりまわした。
「はあ~~~ん」と涎をたらして、よがる美魔女。
俺は、一心不乱に腰を振り、彼女のおっぱいを吸いまくった。
騎乗位から座位、正常位や壁に手をつかせてのバックでの生ハメもした。
バックではいったんチンコをマンコから抜いて、しゃがみこむと、彼女のマンコやお尻の穴を広げてみた。
「いや~~ん」と恥ずかしがる美魔女。
マンコは、俺のチンコをくわえていたので、ぽっかりと穴があいている。
すさまじい卑猥さだった。
乱れた着物も淫靡さを増加させる要素だった。
俺は、バックで激しくピストン運動した。
「あ! あ! ああ! あ! イッテ! イッテ! マンコの中に精子だして! 精子ほしいの! 精子ほしいよ!」
美魔女は中出しを希望してくる。
俺は最高速でピストン運動した。
「あああ! イク! イクよ! イク! 一緒にイこう! 一緒にイッテ! イク~~~~~~~!!!!」
お望みどおり、一緒にイッた。
美魔女のマンコからは濃厚精子があふれ出て、畳の上にしたたり落ちた。

・美魔女の顔にぶっかけ、顔射プレイ
一戦終えた俺だが、まだ帰りたくなかった。
射精後のチンコをお掃除フェラしてくれる美魔女。
俺のチンコはすぐにむくむくと大きくなった。
俺は、彼女の顔に精子をかけていいか聞いた。
いわゆる顔射だ。
彼女のような美しい女の顔に、俺の精子をぶっかけできたら幸せだと思ったのだ。
美魔女は断らなかった。
ねっとりとしたフェラをしてくれて、俺はすぐに射精した。
俺の精子が彼女のきれいな顔にぶっかけられた。
顔射されても美しい女だった。
俺は、満足だった。
そこで自分の部屋に戻った。

「どうでしたか~~?」とエロえもん。
「うむ、満足じゃ」などとお殿様みたいに言ってみた。
「あの~ご主人様は熟女好きですか~?」とエロえもん。
エロえもんの見た目はギャルだ。
「ああそうだ」と俺。
あからさまにショックを受けるエロえもん。
エロえもんは俺が好きなのだ。
「星に帰ります!」とエロえもん。
宇宙船は壊れているので帰れないはずだ。
「まあまあ、チンコでも舐めたまえ」と俺、ズボンをおろす。
先ほどの妄想で、夢精したらしく、べっとり濡れていた。
「チ、チンコ~~~~!!!」と四つん這いになって、俺のチンコにしゃぶりついてくるエロえもん。
「ウグウグ、おいひい、ウグ、ご主人様のおちんこ、おいひい、おいひいよ~~」すさまじい勢いでフェラチオしてくる。
猫にマタタビ、貧乏人に当たり宝くじ並にエロえもんは俺のチンコに欲情するのだ。
メイド姿の巨乳美少女宇宙人にチンコをしゃぶらせながら、俺は窓の外を見た。
快晴の空が広がる。
平和だな~と思った。

終わり。

罫線

美魔女にぶっかけ
美魔女にぶっかけ
着物美人
着物美人
和服でセックス
和服でセックス