ブルマ姿の美少女とセックス、体操服姿のロリ娘を犯しまくる


★ブルマ姿の女の子のマンコをいじる!★

罫線

この小説の初回はコチラ(全3話)

■ブルマ、体操服姿の女の子のマンコに生チンコ挿入

プールサイドであることは違いないが、先ほどまでスクール水着を着ていた彼女は、今は体操服姿になっていた。
髪の乱れもなくなっている。
スクール水着姿もかわいかったのだが、体操服すがたもかなりエロくて萌えた。
ブルマが形良いお尻にぴったりと張り付いていて、とてもいやらしい。
俺は、全裸のまま彼女を呼んだ。
そして、ブルマのロリ娘に、全身リップをさせた。
体操服の隙間から中に手を入れて、彼女の美乳を揉む。
ディープキスをさせながら手コキをさせた。
四つん這いにして、ブルマにつつまれたお尻を叩いて楽しんだ。
立ちフェラチオさせると、頭をつかみ強引に口の奥までチンコをねじこむ。
ブルマの少女にイラマチオだ。
すばらしい快感だった。
それから、俺は、彼女を寝かせるとブルマを膝くらいまで脱がしてパイパンマンコに生チンコを挿入した。
「淫乱肉便器の私のおマンコに精子を注入してくださいと言え」と俺は命令した。
「い、淫乱、に、肉便器の私のおマンコに、あ、熱い精子をたっぷり注入してくださいいいい」と彼女。
とても素直でいい子だった。
俺は、激しくピストン運動した。
体操服はねじれていやらしい皺を作っていた。
俺は犯されるブルマ美少女を見ながら、再度、たっぷりとそのマンコの中に精子を中出しした。
俺に犯され続けたブルマ少女は、プールサイドでぐったりと横たわっていた。
そのかわいい口に精子まみれのチンコをあてがうと、お掃除フェラをさせる俺だった。
そこで自分の部屋に戻った。

・ブルマーの美少女に家事をさせる
気がつくと、エロえもんがいつものメイド服ではなくブルマ姿になっていた。
エロえもんはかなりの巨乳なので、ブルマ姿はエロいというよりも違和感がありまくりだ。
「ご主人様~、私ともエッチしてください~」とエロえもん。
エロえもんは、俺のチンコが大好きなのだ。
それもあって、俺から離れず、地球も侵略しないらしい。
もともと侵略できる科学力はないような気もするのだが。
「うむ、ではまず洗濯しなさい」と俺。
「え! せ、洗濯!?」と驚くエロえもん。
「ブルマ姿の美少女が洗濯しているのを視姦するエロプレイだ」と俺。
そ、そうですか、とエロえもん、そそくさと洗濯を始めた。
俺は、見ている振りをしながら先ほどのロリ娘とのセックスを思い返していた。
洗濯は、単純に俺が面倒だからエロえもんにやらせたかっただけだった。
なんか、気持ちよくない、などぶつぶつ言いながらブルマ姿で洗濯するエロえもんだった。
俺は、窓の外を見ながら、今日も平和だな~などとつぶやいてみた。

終わり。

罫線

体操服の少女とエッチ
体操服の少女とエッチ
ブルマの美少女とセックス
ブルマの美少女とセックス
パイパンのブルマ美少女
パイパンのブルマ美少女