美しいギャルの顔に精子ぶっかけ、駅弁ファック、濃厚キスをしながら生ハメ中出し


★美形のギャルの顔に精子をぶっかけ!★

罫線

この小説の初回はコチラ(全3話)

■巨乳ギャルの顔に精子をぶっかけ

たっぷりとギャルのバイブを使ったオナニーを堪能したら、やはりセックスがしたくなった。
いわゆるデリヘルなので本番プレイは禁止かと思っていたのだが、違った。
きちんとセックス、本番ができるとのこと。
しかも、生ハメで中出しセックスも可能ということだった。
さすが国営のデリヘルである。
俺はすさまじく興奮した。
巨乳ギャルは、パンティをずりおろした。
彼女のおマンコはさらに露出され、俺はじっくりとその卑猥なビラビラやかわいいクリトリスを観察した。
ブラもはずすと、きれいな形の巨乳が露わになったので、乳首を舐めさせてもらった。
彼女の乳首は、俺に舐められると大きくなったので、よけいに興奮した。
スケスケのワンピースはわざと乱れた状態で着ていてもらった。
俺は、彼女に寝てもらうと正常位で生のチンコを挿入した。
女の子と生ハメするのは初めてだったので、そのあまりの気持ちよさに悶絶しそうになった。
いきなり射精してしまいそうな状態をなんとか我慢して、ピストン運動をした。
これは意外につらかった。
射精してしまいそうな状態を我慢しつつセックスするのはかなり苦行であった。
しかし、今度いつこんな幸運に恵まれるかわからない。
俺は、一生懸命に我慢しながら巨乳のギャルとの生ハメを楽しんだ。
駅弁ファックやバックでの生ハメ。
結合部をしっかりと確認しながらのセックスをじっくりと堪能した。
そして、激しいピストン運動のうえに、大量の精子を中出しした。
何度も押し寄せる射精の快感に、頭がぼうっとなってしまうくらいだった。
そして、ふと、あるプレイをしてみたくなった。

・ギャルの顔にぶっかけされた精子がしたたりおちる
俺は、彼女のかわいい顔に精子をぶっかけしてみたかった。
いわゆる顔射というものである。
きれいなギャルの顔に、俺の臭い精子がこびりつく顔射はかなり萌える。
しかし、俺は彼女のマンコに精子を中出ししてしまった。
おそるおそる聞くと、顔にぶっかけもOKとのことだった。
なんとすばらしいサービスなのかと感心したが、これからがまたもや苦行だった。
チンコは彼女に舐められるとすぐに勃起したのだが、なかなかイクことができない。
ちょっとマンコにいれてもらって、興奮してから、抜いて自分でしごいたのだが、すぐに精子は補充されないらしく、なかなか射精できなかった。
苦労すること三〇分程度。
彼女がフェラチオしてくれて、金玉をなでなでされて、俺は彼女のマンコを指マンして興奮した状態でようやく射精の瞬間が来た。
俺は、チンコをしっかりとにぎると、彼女の顔に強烈に精子がぶっかけできるように調整した。
とはいえ、二度目の射精である。
精子の量はちょっとしょぼかった。
しかし、巨乳ギャルの顔にこびりつくねっとりとした精子は、彼女の頬を伝って流れ落ちていくのをしっかりと確認できるくらいの量はあった。
彼女は、それを指先でとって舐めてくれた。
かなりの淫乱巨乳ギャルだった。
そして、終わりとなった。

彼女は、シャワーを浴びると、普通の服に着替えた。
サービス内容などを査定するアンケートがあったので、満点にしておいた。
帰るさい、どれくらいこの仕事を続けているのか聞いてみた。
まだ、一年にもなっていないという。
もともとは何をしていたのか聞いたら、この仕事が初めてだと言った。
求人があったのか聞いたら、そうではなく、この仕事用に生まれたのだと言う。
俺は混乱したのだが、後で調べてみると彼女たちはエロガミデリヘル用のクローンだった。
しかし、まるで人間だ。
ただ、寿命は二〇年程度らしい。
そして、生まれた時から、あの大人の巨乳ギャルの姿ということだった。
俺は、変な感動に包まれた。
かわいそうという気持ちはなかった。
それよりも、もっとがんばって仕事をして、彼女に恩返しをしないといけないという気分になった。
もっとも、それこそが政府のねらいなのかもしれない。
だが、俺が彼女とのプレイによって、活力を与えられたのは確かなことだった。

終わり。

罫線

美巨乳なギャル
美巨乳なギャル
ギャルと駅弁ファック
ギャルと駅弁ファック
ギャルの顔にぶっかけ
ギャルの顔にぶっかけ