マンコにチンコを入れてよがりまくる美しい女の子、生ハメして中出しされた精子が流れ出る


★感度良好でよがりまくる髪の長い美少女!★

罫線

この小説の初回はコチラ(全3話)

■華奢な体型で髪の長い女の子と生ハメセックス

俺は、立ち上がると、そそりたったペニスを彼女の眼前に持って行った。
彼女は、おマンコにバイブを挿入し、乳首にローターをあてたまま、その勃起しまくったチンコをしゃぶってくれた。
ねっとりとした彼女のフェラチオは、やはり気持ちよく、俺はすばらしい性的な快感を感じていた。
室内は薄暗く、暖炉の炎と弱いライトの光だけが俺たちを照らしていた。
彼女の肌はあまりにも白く、透けて見えるような気がしたくらいだった。
そんな美少女とセックスできたら、どんなに気持ちよいだろうかと俺は想像した。
そうしたら、たまらなく、彼女を暴力的に犯したくなってしまった。
俺は、彼女の頭をつかむとその口に大きくなったチンコをつっこんだ。
幽霊にイラマチオだ。
彼女は苦しがらなかった。
しかし、震え、涎を流していた。
チンコを抜くと、少しむせていた。
俺は、彼女の手をひっぱり、立ち上がらせた。

・絶世の美少女のマンコに生チンコを挿入して暴力的に犯す
俺は、美少女を立たせると、ソファに手をつかせ、足を広げさせた。
俺の目の前に、美少女のお尻とおマンコが開かれた状態になっていた。
おマンコは愛液で濡れていて、お尻の穴はヒクヒクと動いていた。
俺は、彼女のマンコに吸いつくと、そのあふれ出るマン汁を舐めまくった。
クリトリスは小さいが勃起しており、コリコリとしたエロい感触がたまらなかった。
俺が一心不乱に美少女にクンニすると、彼女も感じているらしく、体をよじっていた。
しかし、声はなかった。
俺は、立ち上がるとそそりたったペニスを彼女のおマンコに強引に挿入した。
強引にとはいっても、彼女のマンコは濡れまくっているので、するりと入る。
すばらしいセックスだった。
彼女のマンコの肉は俺のチンコにからみつき、程良い圧力をかけてくる。
俺はゆっくりとチンコを抜き差しして、美少女のマンコ、膣内、子宮を楽しんだ。
彼女の小さいお尻をつかんで、片足を持ち上げてチンコを突き刺す。
さらに、顔をよじらせてキスをして、乳首を摘んだ。
彼女も恍惚とした表情で俺を受け入れていた。
俺は、駅弁ファックや正常位、さらに騎乗位など様々な体位で髪の長い少女との生ハメセックスを楽しんだ。
華奢な体型の髪の長い少女とのセックスは天国に上るような至高の体験だった。
最後に、バックで激しくピストン運動をすると、俺は大量の精子を彼女の体内に射精した。
中出しされた精子は、彼女の白い太股をつたって床までしたたり落ちてきた。

射精した後、俺はいつのまにか服を着ていた。
そして、玄関にいた。
彼女もワンピースを着ていた。
どうやら帰されるらしい。
俺は最後に彼女をぎゅっと抱きしめて、猛烈なキスをした。
離れる時、彼女が小さな声で言った。
「忘れないでくださいね」
それが最初で最後に聞いた彼女の声だった。
いろいろ疑問はあったのだが、目の前で扉は閉められた。
そして、どうやって帰ったのかわからないが、俺は自分の家に帰り、そこで眠りから目覚めた。

次の休日、俺はその近所の公園に行ってみたのだが、やはり洋館などなかった。
ただ、調べてみると、その公園は元々ある金持ちの土地であり、いくつか洋館が立っていた。
残された写真にある洋館は、俺がさまよい込んだ建物に似ていた。
そして、その一族の写真に、あの美少女と思われる女の子が写っていた。
やはり、あれは幽霊?
などと考えてみたが、その一族は明治時代の人々である。
その時代の少女がバイブでオナニーするものだろうか?
わからなかった。
もしかしたら、幽霊もドンキホーテでバイブを購入するのかもしれない。
とにかく、俺は再び酔ったら、あの公園をさまよってみようと思った。
恐怖よりも彼女とのセックスの快感のすばらしさが勝っていたのだ。

終わり。

罫線

スレンダー美少女
スレンダー美少女
美少女の3P
美少女の3P
美しい少女と生ハメセックス
美しい少女と生ハメセックス