美しいギャルを指マンして立ちフェラ、マンコにバイブ挿入して性奴隷


★美巨乳のギャルのマンコにバイブ挿入!★

罫線

この小説の初回はコチラ(全3話)

■美しいギャルのマンコにバイブ挿入して遊ぶ

ボディコン、ミニスカートのギャルを拘束して陵辱プレイを楽しんだら、今度はフェラチオをさせてみようと思った。
普段生意気な巨乳娘を自分のいいなりになるエロいおもちゃとして扱いたかった。
俺は、ボールギャグを取り外し、彼女の口を自由にした。
また、手かせを後ろ手で縛るようにして拘束した。
その状態で立膝させると、俺は勃起しまくったチンコを取り出した。
そして、彼女の口を無理矢理あけると、そこにそそりたったチンコをつっっこんだ。
「きちんと舐めろ! この雌豚!」
俺は、性的に罵るような言葉をかけて、彼女を言葉責めで楽しんだ。
ボディコン、ミニスカでエロい美巨乳美女の彼女は、俺に言われるままに、喉の奥までチンコを飲み込み、唾液たっぷりの舌で亀頭から根本まで舐めあげた。
俺は、彼女の頭を押さえると、無理矢理喉奥までチンコをつっこんだ。
いわゆるイラマチオ状態である。
「うごぐぉぐうぅ」と彼女はバタバタするが、手は後ろで拘束されているので、大した抵抗はできなかった。
俺は、少ししてチンコを彼女の喉から抜いた。
「ごふ! ご、ごふっ!」とせき込む美形のギャル。
涎を垂らしながら、苦しんでいた。
「まだだぞ、ほら! 口を開けろ!」
俺は、そんな彼女の頭を再び抱えると、またもや勢いよくチンコを彼女の口の中深くまでつっこんだ。
いつも露出多めの格好で挑発してくる生意気な巨乳ギャルを、自分の性便器にできるのはとても気持ちよいものだった。
俺は、彼女のマンコをいじめたくなった。

・美巨乳のギャルのマンコに極太バイブをつっこんで陵辱
マットレスの隅に、いつのまにかバイブが置かれていた。
かなり大きめのバイブである。
俺は、そのバイブを美巨乳美女のマンコにつっこみたかった。
なので、彼女をマットレスに寝かせると、M字開脚させて、パンティをずらしおマンコを丸見え状態にした。
彼女のおマンコは陰毛少な目で、生意気そうなギャルの見た目にしてはきれいな色をしていた。
俺はその美マンに、バイブをつっこむと、スイッチを強にした。
「ああ! いや! いく! いい! いや!」
どっちなんだよ、とつっこみを入れながらも、バイブをマンコから抜いたり出したりして楽しんだ。
バイブはすぐに、巨乳ギャルのマン汁で濡れまくって光っていた。
「ほら、後ろを向け!」
俺は彼女に命令し、お尻をこちらに向けてうずくまるような姿勢をとらせた。
手かせを使って、両手を後ろで拘束した。
その状態で、またもやマンコにバイブを深く挿入した。
「あああああ!」と叫ぶ彼女。
俺は、目の前の美尻をかなり強く叩きながら、バイブをマンコの奥に深くつっこんでからねじるようにした動かした。
「いやいやいや~~!!!」と叫ぶと、マンコから激しく潮吹きする巨乳ギャルだった。

>続く

罫線

美巨乳ギャル
美巨乳ギャル
エロすぎるギャル
エロすぎるギャル
マンコにバイブ挿入
マンコにバイブ挿入