巨乳のバニーガールとセックス、騎乗位、M字開脚して生ハメ


★おっぱいの大きなバニーガールと生ハメ!★

罫線

■コスプレする巨乳の美女と騎乗位セックス

30過ぎて安月給、平社員の俺のもとに「エロガミ」が届いた。
エロガミは、様々な理由で働く気力を低下させている国民に、国が送付するものだ。
主に性的な部分を満たしてくれるサービスを無料(といっても税金だが)で提供してくれる。
要するに、国が資金負担でデリヘル嬢を派遣してくれるのだ。
それによって、精力アップ、活力アップして、もっと国家の為にせっせと働けということだろう。
そんな理由はどうでもいいのだが、金のない俺にとってはありがたい制度だ。
エロガミに、希望日時と内容を書いて送り返すと、その希望がかなり叶えられる。
ということで、とある休日、俺は珍しく朝から部屋を掃除して、デリヘル嬢を待っていた。
そして、希望した時間、呼び鈴が鳴った。

・巨乳のバニーガールがエロすぎる
やってきたのはかなり巨乳のバニーガールさんだった。
ちなみに、廊下にいる時点でバニーガールの格好でちょっと驚いた。
胸の形もすばらしいが、顔もかなり可愛い俺好みで、俺はいきなりチンコが大きくなってしまった。
「今日はよろしくお願いしまーす」とかわいく言う彼女。
そして、さっそくプレイとなった。
バニーガールの格好の巨乳美女を、俺はまずは視姦した。
お尻の形もかなりよい。
まん丸の尻尾がかなり可愛い。
その巨乳バニーガールは、俺の服を脱がすと、すでに勃起しまくっているチンコをいきなりなめ始めた。
即尺というプレイだ。
会ってすぐにフェラチオする行為のことである。
俺はその濃厚フェラチオですぐにイッテしまいそうになるのを我慢して、責めにまわった。

・バニーガールと騎乗位生ハメ
俺は、すぐに挿入したくなった。
エロガミで送られてくるエロ派遣嬢と生ハメするのは合法になっている。
そうでないと、満たされない人がいるからだ。
俺は、バニーガールの格好の彼女にディープキスをすると、胸に手をつっこみ、その巨乳を揉みまくった。
柔らかくて最高の巨乳だった。
彼女は感度もよく、かわいいあえぎ声を上げておマンコを濡らしていた。
俺は、騎乗位で生ハメしたいと言った。
彼女は、網網のパンティストッキングをやぶり、バニーガールの服をずらしておマンコを露わにすると、そそりたった俺のチンコの上に乗った。
M字開脚で、チンコがマンコに入る様子を楽しませてくれた。
激しく騎乗位でセックスすると、俺はいきなり射精してしまった。
中出しになってしまった。
しかし、文句を言わない巨乳バニーガールは、おマンコから精子を流しながらお掃除フェラしてくれた。
それから、次のプレイへと移った。
俺は、バニーガール以外にもコスプレを要求していたのだ。

>続く

罫線

バニーガールとセックス
バニーガールとセックス
美巨乳バニーガール
美巨乳バニーガール
フェラチオするバニーガール
フェラチオするバニーガール