巨乳の女子大生と中出し3Pセックス


★巨乳の女子大生と中出し3Pセックス!★

罫線

<前半へ

■巨乳女子大生とセックス

巨乳の女子大生のバイブオナニーを見ていて、俺のチンコも最大限に勃起した。
俺も、彼女の巨乳を揉みまくって、おマンコを愛撫したかった。
俺は、バイブオナニーにふける彼女に近づいた。
彼女は逃げず、俺をうけいれそうな雰囲気があった。
俺は、バイブオナニーするおっぱいの大きな女子大生に濃厚なキスをした。
唾液たっぷりの舌を、彼女の可愛い口の中にねじこむ。
さらに、セクシーなブラジャーの中に手をつっこみ、美巨乳を揉みまくる。
女子大生の巨乳はかなり柔らかく、ぎゅっと揉むと卑猥に形を変える。
乳首をつまむと彼女は可愛いあえぎ声をだした。
俺は、彼女のブラジャーをとると、ピンク色の乳首に吸いついた。
巨乳女子大生の乳輪もピンク色でかなり大きい。
それが、とてつもなく卑猥だった。
俺は彼女の大きなおっぱいをくちいっぱいに含みながら、自分でチンコをしごいた。
そのとき、ふと、俺はエロノートに「3P」と書いたことを思い出した。
通常、3Pとは、男二人で女性一人をエッチにせめることだ。
もう一人男が来るのか? と思ったらやはり来た。

・巨乳女子大生と3Pセックス
もう一人の男は、見たことがない奴だった。
どことなく特徴がない。
俺の妄想のエキストラみたいなものだから、特徴があまりないのかもしれない。
とにかく、これは俺の人生初の3Pになるということだった。
俺は巨乳女子大生をベッドへと移動させた。
そして、彼女のセクシーなパンティを脱がして全裸にした。
明るい部屋で、巨乳の女子大生のおマンコをたっぷりと見ることができた。
ピンク色の膣内や、小隠唇、光るクリトリスも丸見えだ。
俺は一心不乱にクンニしまくった。
「ああ! おまんこちょ気持ちいい~! あ、そこ! クリちゃんがぼっきしちゃうよ~! あ! あ! でちゃう! でちゃう!」
あえぐ巨乳女子大生は、マンコから潮吹きしながらよがりまくっていた。
そんな彼女の口に勃起したチンコをねじこむもう一人の男。
男二人で巨乳の女子大生をせめるのは、なんとなく陵辱的で楽しい。
俺は、チンコを彼女のマンコにねじ込みたかった。
たっぷりと巨乳の女子大生をセックスしたかった。

・巨乳女子大生のマンコに精子を中出し
俺は、そそりたったチンコを濡れまくった巨乳の女子大生のマンコにそっとあてると、ゆっくりと中に入れていった。
もちろん生ハメだ。
妄想だからいいだろう。
大きなおっぱいを揉みながら、女子大生の生マンコを味わう。
チンコの先から根本まで、彼女のマンコに挿入して、極上のセックスを楽しんだ。
激しいピストン運動をすると、彼女の大きなおっぱいは揺れまくる。
自分で大きなお尻を振って感じまくる彼女。
その口では、もう一人の男のチンコをフェラチオしている。
マンコに生チンコを挿入しながら、フェラチオする巨乳の女子大生を楽しめるなんて、俺の人生で経験できるとは思っていなかった。
俺は、彼女のむっちりした太股を抱えて、さらに深くチンコをねじ込み、そのまま腰を丸く動かして、チンコをマンコの中でぐりぐりと暴れるようにした。
「うぐ、うぐ、はぁ、はぁ、あああああぁぁぁ、いい! いい! 気持ちいいです!」
口にチンコをくわえたまま、よがる巨乳女子大生。
俺は、もっと、彼女のすばらしいムチムチボディに濡れまくるマンコを味わいたかった。
しかし、とどめようのない衝動で、思わず射精してしまった。
もちろん、マンコの中に中出しだ。
すばらしい気分だった。
太陽の光に照らされる明るい室内での濃厚セックス。
巨乳の可愛い女子大生のマンコに、大量の精子を中出しだ。
爽快感にあふれていた。
もっとしたい時は、エロノートに書けばいいだけだ。
何度でも体験してやる、と思った。
俺がチンコを抜くと、彼女のマンコからは、濃厚精子があふれ出てきた。
巨乳の女子大生は、自分のおマンコから流れる精子を指先で遊んでいた。
淫乱女子大生だった。
睡魔に襲われた俺は、ベッドの上に横になって目をつぶった。
次に目が覚めると自分の部屋のベッドの上だった。
夢精していた。
やはり、ただの夢だったのだな、と思った。
夢であっても、あそこまでリアルであれば十分に楽しめる。
エロノートが何かのパワーを持っているのではなく、おそらく、そこに文章を書くことで、俺の無意識が夢でその願望を見せてくれたということだろう、と俺は解釈した。

その日の夕方、スーパーに買い物に行くと、偶然、あの巨乳女子大生がいた。
なんとなくだが、俺は彼女を見ることができなかった。
自分の妄想に彼女を出演させ、中出しまでしてしまっているのを悟られたくなかったのだ。
もっとも、悟られるわけないとも思ったのだが。
しかし、予想外に彼女が近寄ってきて怖くなった。
いきなり逃げるのも不自然なので、俺はそしらぬ顔をして冷静を装った。
俺はヨーグルトを見ている振りをしていたのだが、そんな俺に彼女がちょっと恥ずかしそうにしながらこう言ってきた。
「今度はちゃんとフェラしたいです」
それだけ言うとスーパーから出て行った。
俺は混乱していた。
ただ、思い返してみると先ほどの3Pで、俺は彼女に俺のチンコを舐めさせていないのだ。
フェラチオしていない。
そのことを言っているのだろうか。
しかし、では、あれは妄想ではなかったのか。
エロノートが何か複雑な影響を現実世界に与えているのか?
わからなかった。
ただ、その場で激しく勃起した。
不思議なことは多かったが、その謎を解明したいと思う気分以上に、エロ願望が強かった。
エロノートに、彼女と1対1で濃厚なセックスがしたいと書こうと思い、俺はさっさとスーパーをでた。

終わり

罫線

巨乳美女と生ハメ
巨乳美女と生ハメ
美巨乳女子大生
美巨乳女子大生
女子大生のオナニー
女子大生のオナニー