S級AV女優と生ハメ3P


★S級AV女優と生ハメ3P!★

罫線

■極上S級AV女優と3Pで生ハメセックス

俺は20代中盤の新米AV男優。
まだまだ撮影に緊張がともなうAV男優1年生だ。
見た目は中肉中背、とくにイケメンでもないのだが、チンコの勃起具合がよいらしく、ぽつぽつと仕事が入ってくる。
今日も、知り合いの監督さんから連絡があり、売れっ子S級AV女優との3P撮影に誘われた。
S級AV女優というのは、見た目最高、プレイも最高、エロテクニックは極上のAV女優さんだ。
一般的にも名前が知られているような女優さんもいる。
下手なアイドルよりも名前が売れていて、ファンも多いようなすばらしい女性だ。
年収は俺よりも何桁も多いかもしれない。
そんなS級AV女優相手に3Pでさらに生ハメ、中出しまでしていいというのだから、これはなかなか緊張する。
3Pだったのが良かった。
男優二人にS級AV女優が一人ということだ。
なんとなく、責任が半減するような気がする。
しかも、もう一人の男優さんはベテランなので、俺は添え物的な役割になるだろう。
それくらいの方が気が楽で、逆に良いプレイができそうな気がした。
というわけで、いつもの撮影スタジオへと行った。

・男二人で極上美女を攻める
撮影は、洋室っぽい作りのスタジオで行われた。
特にストーリーはなく、いきなりのからみである。
S級AV女優さんは、やはり輝いていた。
オーラが違った。
カジュアルな格好で、露出もそんなに多くないのだが、醸し出されるエロスに圧倒されそうだった。
とはいえ、こんな極上美女とエッチができる体験は、俺が素人だったなら一生ないことだろう。
感謝して、たっぷりとねっとりとエッチしようと思った。
ベテラン男優さんのリードで、ディープキスからカラミ撮影が始まった。
ディープキスをしながら、S級AV女優の服を脱がすベテラン男優さん。
さすが、手慣れたものだった。
俺は難しい外科手術を補佐する看護師のようにそれを手伝う。
とはいえ、あまり控えめにしていては3Pの意味がない。
服を脱がして、現れた美巨乳に吸いつきその甘美さを味わう。
柔らかくも十分な弾力のある大きなおっぱいを鷲掴みにし、顔をうずめる。
服を全て脱がされ、パンティ一枚になるS級AV女優さん。
その股間部分は愛液で濡れていた。
今度は、俺が彼女とディープキスをして、ベテラン男優さんが、パンティ越しにクンニする。
色っぽく感じるS級AV女優。
たまらなくなり、俺のチンコは勃起しまくった。

・S級AV女優にフェラチオしてもらう
S級AV女優さんはパンティも脱がされて全裸になった。
俺とベテラン男優さんも裸になる。
俺のそそりたったペニスを見て、S級AV女優さんは、にっこりと笑った。
そして、その綺麗な口でペニスにキスをして、ねっとりとした極上のフェラチオを始めた。
唾液でたっぷり濡らした舌で亀頭から根本まで、筋裏や金玉まで舐めあげてくれる。
俺も一応AV男優なので、さまざまなフェラチオをされてきた。
しかし、それらとは明らかに異なる気持ちよさだった。
舌を左右にすばやく動かしながらペニスの筋裏を刺激されると、思わず射精してしまいそうになる。
負けてしまいそうな俺を見てか、ベテラン男優さんが激しい手マンでS級AV女優を責めてくれた。
さらに、彼女の美尻を抱えて、バックから生チンコを挿入。
激しいピストン運動でマンコを気持ちよくしまくった。
感じまくる極上美女。
その状態でも、俺のチンコをフェラチオし続けるプロ根性はすごかった。

・S級AV女優のマンコに大量精子を中出し
バックでガンガン犯した後、ベテラン男優さんが俺に生ハメしろと言ってきた。
ソファの上に寝そべる俺。
そこに乗ってくる全裸のS級AV女優。
騎乗位の状態で生ハメだ。
さらに足を大きく広げて、開脚し、マンコとチンコが結合している様子が丸わかりになるようにした。
開脚騎乗位というなかなか難しい体位だが、それでもバランスよく体を動かして、チンコを気持ちよくしてくれるS級AV女優さん。
彼女の美マンに俺のチンコがズコズコ入り、愛液が飛び散る様子を間近で見られるのはかなり興奮した。
そうしてすばらしい騎乗位を楽しんだら、正常位で彼女の綺麗な足を持って開脚し、生ハメセックスを楽しむ。
3Pの醍醐味ともいえる、マンコにチンコを挿入したままフェラチオする極上美女も楽しむ。
いくつかそうして体位を変えると、俺は彼女のマンコに精子を中出しした。
俺は復活が早いので、一度精子をだしても10分もすればまたできる。
それも俺がAV男優として重宝される理由だ。
S級AV女優のきれいなマンコに中出しする瞬間は、天国に上るかと思うほどの気持ちよさだった。
さらに、その綺麗な女性のマンコから、自分の精子が出てくる様子を見られるというのも至福の瞬間だ。
俺が射精した後、ベテラン男優さんも彼女に中出しした。
連続中出しセックスという状態だ。
これも3Pの醍醐味だろう。
S級AV女優さんのおマンコは、精液と唾液でどろどろになっていた。
そんな状態でも、彼女は、俺たちのチンコをお掃除フェラしてくれた。
すばらしい撮影だ、と俺は思った。
撮影後、気持ちよかったよ、と言ってくれたS級AV女優さんに本気で惚れそうになった。
それが、俺の初めてのS級AV女優さんとのカラミだった。

終わり。

罫線

美女を開脚騎乗位
美女を開脚騎乗位
S級AV女優
S級AV女優
美女と3P
美女と3P