【39】セーラー服の巨乳少女と生ハメ

俺は、再び巨乳娘の縛られて固くなっているおっぱいに吸い付いた。
その状態でM字開脚したマンコを指マンする。
両手を後ろで縛られて、足を折り曲げた状態で縛られたセーラー服巨乳娘は、なされるがままだ。
「うぅぅ、あ、気持ちいい・・・」
そうつぶやきながら喘ぎ声をあげるが、どこか苦しそうな感じだ。
それがよかった。
「チンコ、マンコに欲しいか?」
俺は、涎をたらす巨乳娘に聞いた。
彼女は、静かに何度もうなずいた。
俺は、ベッドサイドのコンドームを取ろうとした。
「あ、生、生でしてください」とメイ。
聞くと、生ハメが好きで、ピルを飲んでいるとのことだ。
普段、俺は生ハメはしない。
ネットナンパなんて、相手が信用できない遊びだからだ。
しかし、話を聞く限り、メイには病気の心配はないらしく、人柄的に信用度は高かった。
それに、俺も彼女のマンコに生のチンコを入れたかった。
二人でしばらく話し、結局生ハメすることにした。
セーラー服巨乳少女を縛って生ハメできるなんて、かなり至福の瞬間だろう。
俺は、M字に開かれた巨乳娘の色っぽい太ももを引き、さらに開脚させると、愛液と唾液に濡れまくった秘部を覗きこんだ。
そこは、すでに熱く湿っており、激しく犯されることを望んでいるようだった。
俺はそそり立ったペニスをそっとセーラー服少女のおマンコにあてた。

<前 目次 次>