【37】動けない少女を凌辱

おっぱいを包み込むように縛ったのち、俺は素人巨乳娘の両手を後ろに回し、手首を固定するようにして緊縛した。
肘部分も動かないようにして縛る。
後ろ手に縛ると、首から回した紐で固定した。
こうすると、もう上半身は動きがとれない。
俺は、動けなくなったセーラー服少女のつんと突き出た乳首を噛んだ。
「あ! 痛い! 痛い!」
そう言いながらメイは体をよじったが、動きは対して取れない。
俺は、縛られて張りが増した巨乳に思い切り吸い付いた。
強烈におっぱいを吸い上げる。
「ああああああああぁぁぁぁぁ!」
縛られたこともあり、感じまくる巨乳素人娘。
俺もかなり興奮してきた。
動けない少女を凌辱する行為は、かなり興奮するものだ。
俺は、ベッドの上にのりあがり、そそり立ったチンコをメイの顔に張り付けた。
メイは動けないながらも、舌を伸ばして勃起したチンコをチロチロと舐める。
俺は、セーラー服少女の頭を押さえると、無理やり大きなチンコをその小さな口にねじ込んだ。
「うぐ、うぐ、うう・・・」
メイは、苦しそうな声を上げた。
その声は俺をさらに性的な興奮で包み込んだ。

<前 目次 次>