【34】セーラー服美少女を縛る

ノーパンでラブホテルのベッドに寝そべるセーラー服コスプレ巨乳娘のメイ。
口はフェラチオした涎で濡れて、露出された下半身は、愛液と唾液で濡れている。
セーラー服は、乱れてメロンのような巨乳が半分見えている。
ピンク色の乳首は勃起したままだ。
メイは、俺がビニール紐を持って近づくと、顔をあげた。
「縛るぞ」と俺は言った。
メイは静かにうなずいた。
この緊縛願望のある巨乳美少女は、縛られたことはないということだった。
彼氏はいても、Hに淡泊で過激なエロプレイはしてくれないということだ。
なので、緊縛プレイ初心者ということになる。
俺は、まずは簡単な縛りで調子をみていこうと思った。
巨乳美少女をベッドの端に座らせる。
セーラー服は唾液や精子でシミができていてかなりいやらしい。
ベッドに座るとおマンコがスカートで隠れたが、その下はノーパンだ。
そんなことを想像すると、勃起したままのチンコが余計に大きくなる。

<前 目次 次>