【32】乳首をつねられ、お尻を叩かれる巨乳娘

セーラー服の下に隠れていた巨乳。
そのピンク色の乳首は、俺に座れると大きくなった。
舌先でその若い女の子の乳首を味わう。
弾力たっぷりの大きなおっぱいを、口いっぱいに含み、吸いまくった。
メイの白い美肌が吸われて鬱血する。
乳首は、かなり大きくなってきた。
俺は、吸うのをやめ、その大きくなった乳首を意地悪い感じに摘み、ねじり、ひっぱった。
「あああ! 痛い! 痛いです~~!」
メイが大きく口を開けて悶えながら訴えてきたが、俺は乳首を陵辱することをやめなかった。
それどころか、「チンコを舐めろ」と命令した。
マンコから愛液を流し続ける淫乱巨乳娘は、そう命令されると体勢を横にして一心不乱に俺のチンコにしゃぶりついた。
俺は、片手で彼女の乳首を強くつねりながら、もう片手で
むっちりとしたお尻を叩いた。
パンッ! パンッ! とお尻を叩く音が室内に響く。
「うん、うぐぅ、うん」と痛みに我慢しながら、メイは喉の奥までチンコを飲み込んでいた。
こんな巨乳、巨尻娘を陵辱的に扱って性奴隷にできるなんて、すばらしい体験だった。
やはり、メイは、いじめられて輝くタイプの変態美少女だった。
「縛られたいか?」
少しして、俺は、彼女にそう聞いた。
セーラー服淫乱娘は、チンコを加えたまま何度も何度もうなずいた。

<前 目次 次>