【29】痙攣しながらイク、セーラー服の美少女

「ああ~~~~やばい! やばいよ~~!」
ベッドのシーツをひっぱり、かわいいお尻を振りながらあえぎ、乱れるセーラー服の巨乳美少女メイ。
セーラー服はすでに乱れまくり、スカートはめくれあがり、ノーパンの下半身は完全露出している。
メイは、俺の手を掴んできた。
かなり強い力だ。
どうやらイク瞬間も近くなっているようだ。
俺は、指マンする力を強くした。
さらに、クリトリスを舌先でこするように舐めまくる。
「あああああああ~~~! イク! イク! イッテいい!? イッテいい!?」
メイが叫びながら聞いてくる。
俺は、クリトリスを嘗めながらうなずいだ。
感じまくっているから、俺のうなずきが伝わったのかどうかはわからない。
しかし、メイはバタバタと手足を動かして「あああああああ~~~~~~!」とひときわ大きなあえぎ声を上げた。
「イク! イク~~~~~~!!!」
そして、全身を痙攣させ、激しい息づかいでおマンコをびくびくと振るわせた。
ブルブルと半裸の体を振るわせるセーラー服コスプレ美少女。
俺は、かなりゆっくりとしたスピードでクリトリスを舐め続けた。
指マンは、のの字を書く動きはやめ、指先の一点でGスポットを押しているだけだ。
イク状態、イッテいる状態の女の子に対して、激しい愛撫をし続けると、逆にイキが浅くなってしまうのだ。
いったんイク状態になった女の子に対しては、何もしないか、ゆっくりとした愛撫がよい。

<前 目次 次>