【23】巨乳素人娘のマンコをクンニ

恥ずかしがりながらも、足を開くセーラー服の巨乳素人娘。
俺は、彼女の白いパンティをずらしたまま、マンコに顔を押しつけた。
洗っていない素人娘のおマンコは、どくとくのいやらしいにおいで溢れている。
それは、俺の性的な欲求にエネルギーを与え、大きな興奮状態へと誘う。
猫にマタタビのように、それはあらがえない巨大な誘惑だった。
俺は、一心不乱に巨乳素人娘のマンコを舐めまくった。
マンコだけではなく、お尻の穴にも舌を押しつけて舐めまくる。
「やだ! 洗ってないよ! 汚いよ~!」
メイは、そう言って俺にクンニをやめさせようとするが、俺はそれを無視して舐め続けた。
「あああ! 気持ちいい! 気持ちいい! あん! あん! そこ、気持ちいい!」
メイは、俺のクンニを阻止するのをやめ、洗面台にうつ伏せになって感じまくる。
俺は舌でおマンコを舐めながら、たっぷりと唾液に濡らした指先をマンコの奥へと挿入した。
「ああああああああ!」とひときわ大きく叫びながら、痙攣して感じるセーラー服美少女だった。

<前 目次 次>