【22】セーラー服の巨乳娘のおマンコのにおい

激しく感じるセーラー服姿の巨乳娘。
白いパンティにくるまれた、大きめのお尻を振って悶えている。
俺は、激しく感じるメイのパンティの中へと手を入れた。
そして、揉みがいある美尻をがっしりとつかんだ。
「はぁ~~ん」と若い女の子なのに妙に色っぽいあえぎ声をあげるセーラー服コスプレ娘。
そのお尻を撫で回しながら、おマンコへと指をはわすとそこはすでにかなり濡れていた。
俺の指先に巨乳娘の愛液がからみついてくるのがわかった。
俺は、別の手でパンティの股部分をずらすと、巨乳娘のおマンコを露わにした。
彼女のマンコの周りにまで陰毛が生えている。
なかなか剛毛なマン毛娘だった。
そして、おマンコからの愛液で濡れており、いやらしく光ってる。
前かがみになって、後ろから見ているため、おマンコはまだ閉じている。
俺は、指先で閉じたおマンコからお尻の穴までそっと撫でた。
「あ! 感じる!」
驚いたように言う巨乳娘。
そっと、彼女の女性器のにおいをかぐと、因美な香りが俺の鼻孔をついてきた。
「エロイにおいがするよ」と俺はメイに伝えた。
「やだ~かがないでよ~」と言いながらメイは手でおマンコを隠そうとした。
俺はその手を掴むと、おマンコを広げるようにメイに言った。

<前 目次 次>