【10】ラブホテルにいるミニスカのセーラー服美少女に萌える

ネットナンパ師ケンのエロ日記
~緊縛願望のあるセーラー服の美少女メイ~

借りた部屋の階につくと、部屋番号を確認してそそくさと移動。
廊下だけ見たらラブホテルとはわからないような小ぎれいなホテルだ。
しかし、そこを歩くミニスカのセーラー服少女には違和感を覚える。
それが悪いわけではない。
むしろ萌える。
エロには非日常性に萌えるプレイというのがある。
セックスは日常的な人には日常性のあるものと考えられるのだが、なぜか非日常性があると興奮する。
理由はわからないが、遺伝子レベルで組み込まれているシステムなのではないだろうか。
明るいホテルの廊下を歩くミニスカートのセーラー服美少女はエロいことは間違いない。
セーラー服姿で来たときはちょっと驚いたが、こうした室外プレイのようなものを楽しめる状況になるのはなかなか楽しいものだった。
ラブホテルの廊下を歩くセーラー服美少女の姿をしばし堪能したら室内へと入った。

<前 目次 次章へ>