link02

抜物語 五十路おばさん動画専門 ババア抜き! ちかマスター サクッとライチャ動画 熟女TV 熟女動画まとめ 無料人妻熟女動画像チューブス スマホで無料エロ動画 えろなび エロアニメ・動画専門eromu AV動画無料 セクシーニュース24 1.2秒で見つかる巨乳無料動画 マスターベーション動画集 マスベックス 五十路の熟女動画 熟女動画(無料) 北九州デリヘル・風俗・セックス.JP AV女優好きのための無料動画ブログ ミストレスランドの動画 コスプレ・職業系の無料エロ動画サイト「コスワクワーク」 巨乳爆乳エロ動画ストリーミング 女性のためのフェラチオ・騎乗位講座と、女性向け無料アダルト動画 エロ動画大好き! 最強の素人エロ動画 エックスビデオ日本人 AV動画パラダイス 丸っとエロ動画 スマホ・PCでエロ動画 Hvideos ごっくん動画ラブ 無料おっぱい動画パイフェチ! AVガール! マッサージ動画まとめ エロ動画ナビまとめサイト 厳選!俺のXvideosまとめ エロズバッ! SEX動画まとめ むっちり美女倶楽部 巨乳、尻フェチAVマニア!無料アダルト動画だょ! エロティン 【エロ動画】電影兄貴 【アダルト動画】 AVパラダイス | エロ動画集合 ヌキっぷり グラビアアイドルDVD情報.com ちゅぱちゅぱフェラ動画 無料エロ動画 – アダルトNavi – 無料エロ動画通信 ぽけっと! 盗撮動画監視室 … Continue reading link02

LINK

ハメ撮り・主観無料動画まとめ! エロアニメ 1919(熟々)人妻 熟女のアダルト動画 AV女優という癒しの天使  SM・調教動画カタルシス  エロいんです。(無料エロ動画)  『すくえろ』  お尻の世界   エロ画像&動画宝庫  【無修正】むっちりぽっちゃり専門動画サイト!  エロ画像が見たい!!~エロ画像まとめサイト~  のぞき動画シェアハウス  淫撃の巨チン -ATTACK ON TATTAN-  マザコン動画速報  シコリーナ  性的いじめ・被虐・恥辱の体験談  ADARUTO動画アダルト  映画版 レイプの杜  XvideosONLINE  こきコキ倶楽部  足脚フェチ  放送事故ナビ  エロてん国  無料でフェラチオ動画!まとめて安全に楽しむブログ  エロ画像 お宝大全集  エグイエム  究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~  えちい画像  ライブチャット.com  アダルトな夕暮れ  エロ動画XStream(エックスストリーム)  M男くんと痴女王様のお部屋  無料エロ動画 AVナビxvideos!  AV女優データーベース  女だって、こっそりアダルト動画見たいんです。  【抜ける動画!!】オナニー・レズビアン専科  素人ハメ撮り館  東京エロヴィデオマニア/Tokyo Ero-Video Maniacs  裸のお姉さんランド  亀クリまつり《人妻熟女同好会》  ○年時代のちょっとエッチな思い出  [官能小説] 熟女の園  無修正裏動画MUD48(画像もあるよ)  無修正裏動画MUD48の素人・シロート・4610  あだると動画案内所・ノーパンぶろぐ  The Beauty … Continue reading LINK

目次

当サイトは、著者であるWXYによる100パーセントオリジナルの官能小説を発表しています。 アダルトコンテンツを含みますので、18歳未満の方はご退場ください。 オリジナル官能小説 ・緊縛願望のあるセーラー服の美少女メイ タイトルの通り、緊縛願望のあるムチムチ美少女のメイをネットナンパ師が調教し、調教される作品。 やや長めです。 巨乳セーラー服美少女が好きな人にオススメです。 縛られて感じるセーラー服美少女を堪能してください。 緊縛願望のあるセーラー服の美少女メイ① 緊縛願望のあるセーラー服の美少女メイ② 緊縛願望のあるセーラー服の美少女メイ③ 緊縛願望のあるセーラー服の美少女メイ④ ◆短編シリーズ◆ ・エロえもん シリーズ 謎の巨乳宇宙人、エロえもんとサディストなご主人さまのアットホームながら過激なエロ小説。 ご主人様のエロ妄想をエロえもんがヘンテコ道具で叶えていきます。 全裸の巨乳家政婦と陵辱プレイ 巨乳レースクイーンと乱交パーティ エロいナースと生ハメセックス パイパンの美少女とプールサイドでエッチ 着物を着た美魔女とセックス 美巨乳ソープ嬢二人と3P、二輪車プレイ 可愛いパイパンの美少女たちと乱交パーティー セレブな美人人妻を性感マッサージ 着物のかわいい女の子と温泉でセックス 温泉旅館で美少女と混浴 セクシーランジェリーのスレンダー美少女と和室でセックス 温泉の男湯に美女がタオル一枚で乱入してエッチなサービス ・エロノート シリーズ 書いたエロい願望が実現するエロノート。 そんな夢のノートを手に入れた登場人物たちが味わう天国と地獄とは!? 摩訶不思議ワールドとエロの融合。 巨乳の女子大生と3P、バイブオナニー鑑賞 男子生徒にレイプされる美人の女教師 ミニスカートの美巨乳ギャルをボールギャグと手枷で陵辱プレイ ロリ美少女が黒人とセックス 生徒に犯されるメガネの美人教師 淫乱な美人の受付嬢 美人OLのレズプレイ スレンダーで美巨乳なギャルとセックス 大きなおっぱいでムッチリ体型の彼女と楽しくセックス 美乳で大きなお尻のお姉さんと青姦プレイ スケスケストッキングのかわいい黒ギャルとエッチ 可愛い生主と生ハメして中出しセックス ・エロガミ シリーズ 気力低下を防ぐために国が送付するエロガミ。 税金でデリヘル嬢と遊べるとてもうれしいプレゼント。 なんと生ハメまでできてしまうのだ。 巨乳のバニーガールとセックス 大きなおっぱいの茶髪のギャルとエッチ スクール水着を着たパイパン美少女とエッチ 童貞と美人のお姉さんの生ハメセックス マイクロビキニのロリ娘とツイスターゲームしてバイブオナニーさせる スレンダー美少女の彼女にディープキスしながら激しい指マン ・都合の良い夢 シリーズ … Continue reading 目次

酔って淫乱になる巨乳な人妻と生ハメ、四つん這いにしてマンコを味わう

★酔って淫乱になる巨乳な人妻と生ハメ!★ この話の初回はコチラ(全3話) ■酔って淫乱になる巨乳人妻のマンコに精子中出し 「おチンチン、おチンチンおいしいの~」と言いながらじゅぽじゅぽ音をたててフェラチオし続ける酔って淫乱になった人妻。 俺は思わず射精してしまいそうなので、人妻を攻めることにした。 俺は何とか立ち上がると、彼女にソファに座るように言った。 それから舌を絡めるディープキスをしながら、人妻の巨乳を揉み、勃起した乳首をつねっていじめた。 「くぅ~ん、あはぁ~ん」と涎を垂らし、だらしない格好でよがりまくる欲情した奥様。 俺は、彼女の乳首を吸いながらおマンコをセクシーなパンティの上から愛撫した。 パンティはすでにマン汁でかなり濡れていた。 俺は、彼女のパンティを脱がした。 濃い陰毛の卑猥なマンコが露わになる。 人妻のマンコはすでにマン汁でびちょびちょになっている。 マン汁まみれのクリトリスを指先でちょろちょろと愛撫する。 「いやいやいやん! ああ! 感じる! 幸せ! あああ! 感じちゃうの!」 人妻は俺を抱き抱え、耳を舐めて甘えてくる。 自分から腰を動かして、マンコを指にすりつけてくる。 俺は、人妻のマンコの中に指を挿入して、Gスポットを攻めた。 「ああ~~~~!!!! あは! ああ! いい! いい! そこ! いい~~~~~!!! イク! イク~~~!!!」 彼女は腰をあげて何度もビクンビクンと体を痙攣させて、ビュッビュッとマン汁を潮吹きして昇天した。 ソファの上にぐったりと横たわる全裸の巨乳人妻。 俺は彼女の背中を見た。 うっすらとだが、背中全体に何かの模様が浮き上がっていた。 しかし、はっきりとはわからなかった。 「まだ、入れ墨は、はっきりと現れないみたいですね」と俺。 「ええ、やっぱりセックスしないとだめなのかも」と彼女、言いながら俺のチンコにしゃぶりついてきた。 「おチンチン挿入しますか?」と俺。 チンコをしゃぶりながら何度もうなずく淫乱人妻だった。 ・マン汁まみれの卑猥な人妻のマンコに生チンコ挿入 俺は、自分の精子は生殖能力がないことを人妻に説明した。 そうすると、巨乳人妻は生ハメ、中出しをお願いしてきた。 俺は、彼女を四つん這いにした。 大きなおっぱいが垂れ下がり、かなり卑猥な見た目だ。 お尻を突き出すようにして、おマンコとお尻の穴を観察。 おマンコに指を挿入して激しく指マンすると、マン汁が吹き出した。 「早く~、早くおチンチンいれて~」とデカ尻を振って懇願してくる人妻。 俺は彼女のバックに回ると特大に勃起したチンコをゆっくりと挿入した。 「あ! あ! 熱い! 熱いの入ってくる! ああ~、やっぱりおチンチンいい~~~」 自分からお尻を振って、じっくりとチンコを味わう変態人妻だった。 俺は勢いよく、何度も何度も人妻のマンコの奥、膣奥まで極太チンコをつっこんだ。 挿入して激しくピストン運動すると、人妻のマンコからは愛液が溢れてくる。 「あ~~ん、あはぁ~~ん」とあえぎながら、じっくりとチンコを味わう淫乱人妻。 背中の入れ墨がだんだんと浮き上がってきた。 「今度は、私が上になる~」と人妻は体勢を変えて俺の上に乗ってきた。 小柄な俺は豊満な人妻につぶされそうになりながらも、その揺れまくる大きなおっぱいや、弾力たっぷりのデカ尻の感触を楽しんだ。 「おチンチン、おチンチンがマンコの中で暴れているよ~」 淫語を吐きまくって自分で巨乳を揉みまくる欲求不満の人妻だった。 その後も、正常位や座位、背面横位などでグラマー人妻の肉体を楽しんだ。 最後に激しくバックでピストン運動。 デカ尻の肉をしっかりとつかんでチンコをどろどろマンコにつっこみまくった。 「あ! あ! あ! イク! イクの! イク! 一緒にイッテ! 一緒にイッテーーーーー!!!!」 巨乳人妻は、大きなおっぱいをゆらしまくり、デカ尻を振りまくった。 俺は、人妻のマンコの奥深くに大量の精子を中出しした。 精液と汗と精子でどろどろになる人妻のマンコ。 体から湯気を上げながら、久しぶりのセックスに満足そうに横たわる人妻の背中には、登り龍の入れ墨がくっきりと浮き上がっていた。 … Continue reading 酔って淫乱になる巨乳な人妻と生ハメ、四つん這いにしてマンコを味わう

ミニスカで巨乳の奥様が酔って誘惑セックス

★ミニスカで豊満巨乳の奥様とセックス!★ ■エロい巨乳の奥様が酔って誘惑セックス 俺の名前は名探偵エロン。 悪のはびこるデッドシティの性技の味方だ。 今日も、悩みを抱えた美女が事務所にやってきた。 彼女はつい最近旦那をなくした人妻ということだった。 事務所の扉を開けて入ってきたのは、豊満ボディの見るからにエッチが好きそうな奥様だった。 ミニスカートからむちっとした太股がのぞいている。 ブラウスの上からでもわかる巨乳は歩く度に、魅力的に揺れている。 彼女は電話で依頼してきたのだが、内容は会ってからでないと話せないということだった。 ただ、普通の人には依頼しづらい内容ということだった。 「実は、写真を撮って欲しいのです」と巨乳奥様。 ソファに座り、むっちりした太股をくんで恥ずかしそうに言った。 「写真とは?」と俺は聞きながらテーブルのスイッチを押した。 このスイッチを押すと、室内に女性にのみ効く媚薬が噴出される。 「私の背中に入れ墨があるのですが、それを撮影して欲しいのです」と大きなおっぱいを揺らして淫乱そうな奥様が言った。 「なるほど、背中にあるので服を脱がないといけない。だから、なかなか人に頼みづらいということですね」と俺。 長く探偵をやっていると変わった依頼も多い。 イレギュラーな依頼でも俺は対応できた。 「それもあるのですが、その入れ墨は普段は見えないのです」と巨乳人妻。 「見えない?」と俺は首を傾げた。 「あの、言いづらいのですが、探偵さんなら変わったことでも受け入れてもらえますよね?」と彼女。 「ええ、プロですので、気にしないで続けてください。もちろん個人の情報は厳守します」と俺。 「その入れ墨ですが、私が性的に興奮して体温が上がると浮き上がる特殊なものなのです」と巨乳人妻。 おっと、と俺は思った。 聞くと、彼女の亡くなった旦那は彫り師で、彼が施したものという。 奥様自身でもまじまじと、見たことがないもので、どうしてもその写真が欲しいということだった。 俺は、媚薬をまくまでもなかったかな、と思った。 ・酔って淫乱になる巨乳の奥様 俺は、彼女の依頼を受け入れた。 受け入れない理由もない。 デジカメはあるので、すぐに撮影はできた。 「性的に興奮ということですが、何か道具は必要ですか?」と俺は聞くと、棚からバイブやローターを取り出した。 「そんなものまで備えているんですか!?」と驚く巨乳人妻。 「様々な依頼に対応できるようにしているんです」とあくまでプロっぽさを貫く俺。 彼女の体にはすでに強力な媚薬がまわっているはずだった。 おそらく、おマンコはすでに濡れているはずだ。 「あ、でも、大丈夫です。これを持ってきてますから」と巨乳の奥様はポシェットからウイスキーの小瓶を取り出した。 「酔うと体がほてってくるの」とちょっと甘えた表情の奥様、言うと一気にウイスキーを飲み干した。 目がトロンとしてきている。 旦那が死んでエッチにごぶさたな淫乱人妻と思われた。 「何か手伝った方がいいですか?」と俺は聞いた。 「恥ずかしがらずにおっしゃっていただければお手伝いしますよ。仕事ですし、写真を撮らないといけないですからね」と俺。 「そうですね。軽く愛撫してもらえると嬉しいかも」と顔を赤らめながら言う巨乳人妻。 俺は、彼女のそばに行くと、上着を脱がしてあげた。 彼女はすでに熱い吐息を吐くようになっていた。 アルコールと媚薬で体が火照ってしょうがないという感じだった。 ソファの上で体をくねらせていた。 続く

淫乱巨乳女子大生と生ハメ、ローションプレイで大きなおっぱいを揉みまくる

★淫乱巨乳女子大生と生ハメ中出しセックス!★ この作品の初回はコチラ(全3話) ■巨乳の淫乱女子大生と生ハメして中出しセックス あ、あ、と言いながら、彼女は俺の大きなチンコをしゃぶりまくった。 目をつぶり、じっくりと喉の奥まで飲み込んで、フェラチオを心から楽しんでいるようだった。 かなりの淫乱なメス豚だ。 俺は、女子大生にフェラチオさせながら、巨乳を揉みまくった。 彼女の大きなおっぱいは、片手では持ちきれないくらいに大きく張りがあった。 またお尻も大きくて魅力的だった。 四つん這いになっていると、そのお尻の曲線が淫靡な模様を描き、俺のチンコはさらにビッグになっていった。 「それから、どうされたのですか?」と俺は一生懸命にフェラチオを楽しむ彼女に聞いた。 「は、はい。胸に射精されました。そのぶっかけというやつでしょうか」とチンコを握って言う彼女。 「なるほど。では、胸に射精してみますか」と俺。 「あ、ま、待ってください。もしよかったら、その、こっちに」と言って、巨乳女子大生はM字に足を開き、マン汁まみれのおマンコを指さした。 「おマンコにおチンチンが欲しくなったのですか?」と俺。 「は、はい。再現にならないかもしれないけれど。よかったらこっちに入れてもらいたいです」恥ずかしそうにうつむきながら言う彼女だが、目は完全に欲情したメス犬のものだった。 「あ、そうだ。全身にローションを塗られていたんです!」と彼女。 「ローション? ありますよ」と俺。 浴室にあったローションのボトルを持ってきた。 そして、彼女の体にローションをかけた。 ローションまみれの女子大生の巨乳やデカ尻はテカテカと光り、さらにいやらしい存在になっていった。 彼女は、うふふ、などと言いながらぬるぬるになった体を俺に揉まれまくりながら、チンコをしゃぶっていて。 そして、床に寝そべると、俺を誘った。 俺は生チンコを彼女のマンコにずっぽりと挿入した。 ・淫乱な巨乳女子大生のと生ハメしてマンコに中出し 俺の体は小さいのだが、チンコはビッグだ。 また、力もあんがい強い。 グラマー美女である彼女の太くて魅力的な両足をつかみ、チンコをマンコの奥までつっこみ激しくピストン運動した。 「あ! あ! ああ! いい! いいです! あ~~~おチンチン、おいしいよお~~! はあ~~~、気持ちいいの~~」 彼女は、俺にしがみついて、強烈なディープキスをしてきた。 俺の体は彼女の巨乳に埋もれてしまいそうだった。 「ああ~ん、病みつきになりそう~~」と言いながら、積極的に腰を振ってチンコを味わう淫乱女子大生。 ローションでぬるぬるの彼女の肉感ボディは、とても気持ちよく、俺としても至福の時を過ごしていた。 俺は、正常位から彼女を四つん這いにしてバック、さらに横位など様々な体位で淫乱女子大生のマンコと美裸体を味わった。 「イク! イクの! イッちゃう! イッて! 一緒にイッて!」 正常位で激しくチンコを突き刺すと、俺にしがみついてそう懇願する彼女。 俺は、大量の精子を彼女のマンコに中出しした。 俺の精子は生殖能力がないので、マンコに中出ししても大丈夫だ。 彼女にもそう説明した。 「イクイクイクイクってばイク~~~~~~~~!!!!」 彼女も同時にそんな叫び声をあげて昇天した。 彼女のむっちりしたモリマンから、大量の精子が流れ出てきた。 ローションと汗と精液、マン汁、精子にまみれて床にぐったりと寝そべる彼女はとんでもなく卑猥な雌豚だった。 「本当は、暴漢に復讐したかったんじゃないんだろ?」と俺。 事務所奥のバスルームでシャワーを浴びてきれいになった俺と巨乳女子大生。 彼女は、ブラとパンティだけつけてソファに座りなおしていた。 先ほどまでの性的興奮の余韻を楽しんでいるようだった。 「はい。実は、その、襲われた時に感じてしまったので、でも、ぶっかけされただけでいなくなったので・・・」恥ずかしそうに言う彼女。 「きちんとセックスしたかったと。今みたいに」と俺。 「そうですね」と彼女。 巨乳女子大生は、見た目はとても魅力的なのだが、魅力的すぎて学校で声をかけてくる男がいないらしい。 処女ではなかったのだが、普段はエッチの相手に困っていてムラムラすることが多かった。 そこを暴漢に襲われて感じてしまったのだ。 暴漢は、女性を襲うことは襲うのだが、強姦まではせず、拘束して精子をぶっかけすることに快感を覚えるタイプの男だったらしい。 「暴漢にセフレになってもらうというのはなかなか危険な願望ですね」と俺。 … Continue reading 淫乱巨乳女子大生と生ハメ、ローションプレイで大きなおっぱいを揉みまくる

巨乳の女子大生を手首拘束して陵辱、強引にフェラチオ、マンコをいじる

★巨乳の女子大生を拘束して陵辱!★ ■大きなおっぱいの女子大生にエッチ 俺の名前は名探偵エロン。 悪のはびこるデッドシティの善良な住民だ。 体は小学生みたいに小さいけれど、チンコはビッグだ。 そんな俺の元に今日も悩める依頼人がやってきた。 今日の依頼主は女子大生ということだった。 彼女は一人暮らしなのだが、いきなり家に侵入してきた暴漢に襲われたという。 その相手を見つけたいということだった。 復讐かと思うのだが、どうやら事情が違うようだった。 約束の時間に、俺の事務所にやってきた彼女。 扉を開けて入ってきたのは、全体的にむっちりとした肉付きの男好きしそうな美女だった。 化粧っけの少ない癒し系美女だ。 女子大生ということで若いためか、肌艶も良い。 上品なブラウスの上からでもわかる大きなおっぱい。 さらにロングスカートごしに、大きくて形良いお尻もわかる。 セックス相手には最高のグラマー女子大生だった。 俺は、机に隠したボタンを押した。 これを押すと、壁から女性にだけ効く媚薬が噴出されるのだ。 「拘束されたということですが」と俺。 彼女は依頼人用の高価な革張りソファに座っている。 「はい、手首を縛られたのです。こうして」と言いながら手を前に出す彼女。 「それで、どうされたのですか?」と俺。 「そ、それで、裸にされて、そのおっぱいやあそこをいじられて」と彼女。ほんのり顔が赤くなる。もうすでに媚薬は彼女の体中に巡っていると思われた。 「あそことは?」と俺。 「えっと、女性器です」と彼女。 「なるほど。では再現してみましょう」と俺。 ええ!? と驚く彼女。 いつものパターンだ。 「なるべく忠実に再現しないと、細かい部分に大事な情報が隠されているかもしれない」と俺が言うと、彼女はとまどいながらもうなずいた。 ・巨乳女子大生を縛って陵辱 「ところで、手首を縛ると服を脱がしづらいと思うのだが、切り裂かれたとか服を着たまま犯されたとか、そういうことですか?」と俺、手首を縛る用のロープを手に言う。 ロープは緊縛用の麻ではなく、綿糸でできている簡易なものだが丈夫だ。 「えっと。そう言えば脱がされていたかもしれません」と彼女。 「では脱いでください」と俺。 「ええ! ここでですか!?」と予想通り驚く彼女。 「はい、再現が・・・」と俺が言う途中でブラウスのボタンをはずし始める巨乳女子大生。 ブラウスを脱ぐと、白いキャミソールに、フリル付きの大人っぽいブラジャー、それにつつまれる大きなおっぱいが露わになった。 「あの、全部脱ぐんでしょうか?」と顔がピンク色になってはずかしそうに言う巨乳女子大生。 「襲われた時と同じ状態になってください」と俺。 巨乳美女は、キャミソールもブラジャーもとった。 ブラをはずすと肉のつまった大きくて形良い見事な巨乳が露わになる。 女子大生の巨乳は乳輪が大きく、乳首は小さく、まさにエッチをするために存在しているようなおっぱいだった。 俺は、女子大生の巨乳を見て楽しみつつ、彼女の手首をロープで縛った。 「あああああ」とあえぎ声のような声をあげる巨乳女子大生。 どうやら縛られることで感じているようだ。 「大丈夫ですか?」と俺は一応聞く。 「は、はい。ですが、なんだか体が熱くて」と涎を垂らしながら、トロンとした目で申告する巨乳女子大生だった。 >続く

自分からチンコを欲しがる淫乱美少女、中出しされて喜ぶ綺麗な女の子

★自分からチンコを欲しがる淫乱美少女!★ この作品の初回はコチラ(全3話) ■生ハメされたいと懇願する淫乱美少女 「お、おチンチン、おチンチン、欲しいよぉ。おマンコに入れてください、入れて~~~!!」 怖いくらいにチンコを求めてくる美少女。 綺麗な女の子なのに、涎をたらして涙を浮かべてチンコを欲しがるすがたはかなり卑猥だ。 俺は、彼女の長い足をつかみ、広げるとぽっかりと開いたマンコに勃起しまくったチンコを奥まで挿入した。 「ああゃ~~~~~~!! すごい! おっきいよ~~。おっきいおチンチンがマンコの奥まで入ってくるよ。マンコがチンコでいっぱいなの~~!」 頼んでもいないのに解説してくる淫乱美少女だった。 俺は、ねっとりとしたマン汁まみれのマンコに、極太チンコをずこずことつっこみまくり、その膣内をかきまわした。 「くぅ~ん、ふう~~ん」と目をつぶって感じる美少女。 本当にセックスが大好きな淫乱娘だ。 俺に抱きついて、舌をからめてくる。 上の口でも下の口でも男を感じることで幸せになるドスケベ女だった。 俺は、正常位からバック、さらに騎乗位で、彼女の揺れまくる美乳と乱れまくるスケベ女の痴態を楽しんだ。 彼女はひたすら腰を動かし続けてチンコをじっくりと味わっていた。 四つん這いにして、バックから挿入し、激しいピストン運動をすると、狂ったように感じまくる。 「あああああ! イク! イク! イクの! 一緒にイッテ! イク! 一緒にイキたいよ! イッテ~~~~!!」 髪を振り乱し、尻を振り、涎とマン汁を垂れ流して叫ぶドスケベ女。 お望み通り、彼女の昇天に合わせて、たっぷりと濃厚な精子を中出ししてやった。 俺の精子は生殖能力がないので、中出ししても心配ないのだ。 彼女にもそう伝えた。 ヒクヒクと動く美少女のマンコからは、どろどろと濃い精子が流れ出てきた。 美少女は汗まみれ、精液まみれて、満足そうにベッドに横たわっていた。 体からは湯気があがっていた。 シャワーを浴びて、互いに体を綺麗にした。 「エッチ、気持ちよかったけど、まだ不安だわ」と彼女。 下着泥棒のことを言っているらしい。 侵入してくる人間のことを考えると、ぐっすり眠れないと言う。 「冷蔵庫を見させてもらうよ」と俺は言うと、キッチンへと移動。 冷蔵庫の中に小さいソーセージがあったので、それを持って寝室へと戻った。 そして、備え付けの引き戸タイプのクロゼットの前にそれを置いた。 不思議そうな表情で俺を見る美少女。 俺はベッドへ戻ると、彼女の巨乳に頭を乗せて、床においたソーセージを見ていた。 しばらくして、クロゼットからそっと黒猫がでてきて、そのソーセージをくわえてクロゼットに戻った。 あ! と叫ぶ美少女。 「アレは君の飼い猫?」と俺は聞いた。 彼女は首を横に振った。 「では、あいつが下着泥棒だ」と俺は言うと、クロゼットへ行き、中から黒猫を捕まえてでてきた。 猫はニャー(なにすんだよ)と鳴いた。 「でも、どうしてこの子が」と彼女。 俺はキッチンへと移動した。 「この小窓から入ってきたんだ。よくみると、足跡がついている」と俺は言った。 最初にこの家に入ってきた時に、足跡は確認していた。 「それに、ベランダ側から入られたにしては、扉の鍵などは壊された形跡がなかったからね。人が侵入したのではないのかもしれないと思ったのさ。下着が盗まれたと思った時は、たまたま閉め忘れていたのではないかな?」 「だけど、なんで猫が下着を盗むんですか?」と彼女。 「それはわからないが、もしかしたら」と俺は抱えた猫をタンスの下着が入った引き出しに近づけた。 猫は喉をごろごろと鳴らして甘えるようなポーズをとった。 「どうやら匂い付きの下着を使っているようだが、その匂いが猫にとって気持ちよいものだったので、持って行ったのかもしれない」 匂いは、俺にもわかる強めのものだった。 猫は下着をとろうと引き出しをひっかいていた。 「なるほど。でも、どうしてクロゼットに猫がいることがわかったんですか?」と彼女。 「それは、俺が君を四つん這いにしてバックから生ハメしている時に、そいつが脇を優雅に歩いていってクロゼットに入るのを見たからだ。君は目をつぶってチンコの快感に酔いしれていて気がつかなかったみたいだが」と俺は説明した。 いや~~ん、と恥ずかしがる彼女。 「下着を盗まれたくなかったら、網戸をつけるといいだろう」 … Continue reading 自分からチンコを欲しがる淫乱美少女、中出しされて喜ぶ綺麗な女の子

ドMな美少女、マンコを広げてバイブオナニー、自分でマンコを愛撫する少女

★ドMでドスケベな美少女のオナニー!★ ■ドMでドスケベな美少女のバイブオナニー 俺の名前は名探偵エロン。 悪のはびこるデッドシティの善良な住民だ。 今日も、問題解決したい美女が俺に連絡をしてくる。 訪れたのは、高級なしつらえの洋風マンション。 出迎えてくれたのは、スタイル良い美少女だった。 部屋は1Kの一人暮らし用だが、部屋は二〇畳くらいあるので、金持ちの子女らしい。 「下着泥棒に入られたとか」と俺、言いながらそっとポケットの中のカプセルを握って壊す。 このカプセルには女性に効く媚薬が入っている。 「ええ、帰ってきたら、テラスのドアが開いていて、タンスの中の下着が盗まれていたんです」と美少女。 俺は、室内に入って、キッチンをのぞき、寝室へと移動した。 この部屋は大きめのテラスがついており、確かに侵入しようと思ったら可能な作りなのだが。 「もちろん警察には通報したのですが、ぜんぜん頼りにならなさそうでエロン様に連絡したのです」と、おびえた表情の美少女。 たしかに、この町の警察は頼りにするよりも、警戒した方がよい相手なのだ。 「これが下着をいれているタンスかな?」 俺は、ベッド脇のしゃれた装飾がついている小さめのタンスを指さした。 うなずく彼女。 俺は、引き出しをあけてみた。 中には可愛い下着が綺麗に畳まれて並べられていた。 「何かわかりますか?」と彼女。 うーむ、とうなってみる俺。 もっとよく観察しようと、引き出しをより引いてみた。 すると、奥にバイブがしまわれているのに気がついた。 ・視姦されながらバイブでオナニーする美少女 「これは?」と俺はバイブを取り出して彼女に見せる。 あっ、と声をあげる美少女。 「えっと、マッサージ機です」と美少女。 「どこをマッサージするのですか?」と俺。 「肩、とか」と美少女、もじもじしている。 「オナニー用ではないのですか?」と俺、頬の赤い彼女の様子からすでに媚薬が全身にまわっているのがわかった。 「ええと、たまには」と彼女。 「どうやって使うのか、実践してください」と俺。 ええ! と驚く彼女。 「謎を解くには、様々な情報を集めないといけないんです」と俺。 でも、と逡巡する彼女。 「いいから! いつも使っているようにやってみて!」と俺。 実は俺の声は催眠効果があるのだ。 わ、わかりました、と言って、ベッドの上にねっころがり、バイブを股間にあてる美少女。 「服を着たままオナニーしているのですか?」と意地悪く言う俺。 「ち、違います」と美少女。 「きちんと再現して!」と俺。 わ、わかりました、と言いながら、スカートの中に手を入れてパンティを脱ぐ美少女。 バイブをスカートの中に入れる。 「スカートをめくって」と俺。 恥ずかしい・・、と言いながらも、スカートをめくって薄い陰毛のマンコを露わにする美少女。 そこに振動するバイブをあてて、「あん、感じる」などと可愛いあえぎ声を上げながらオナニーに没頭し始めた。 >続く

指マンで大量潮吹きする美女、生ハメで潮吹き、マン汁を垂れ流す巨乳娘

★指マンで大量潮吹きする美女!★ この作品の初回はコチラ(全3話) ■指マン、生ハメで大量潮吹きする美女 何度も大量に潮吹きしてぐったりとなる美女。 全身マン汁だらけだ。 革のソファにマン汁の水たまりができている。 その中に全裸で横たわる巨乳美女は、すばらしく卑猥な存在だった。 俺は、彼女のぐちょぐちょになったマンコに指を挿入してみた。 「あはぁ~~ん」とあえぐ美女、拒否はしなかった。 俺は、指をぐいとマンコの奥まで挿入して、Gスポットを刺激してみた。 「あ! あ! だめです! またでちゃう! でちゃう!」 ぐいぐいとマンコの中を愛撫すると、三度美女は腰を上げて大量の潮吹きをした。 ビシュービシューと音をあげて潮吹きするマンコ。 はあはあ、と息を切らしてソファに寝る美女。 俺は、ズボンを脱いだ。 俺は小柄で見た目は小学生みたいなのだが、チンコはビッグだ。 俺は、ぐったりとしている美女に、勃起しまくったチンコを近づけた。 俺は何も言わなかったのだが、美女は、俺のチンコをくわえると、濃厚なフェラチオをした。 俺は、それから、彼女のマンコに生チンコを挿入した。 「うふ~~ん、はぁ~~、気持ちいい~~」 チンコにも感度良い美女だった。 俺は黙々と潮吹きする美女を犯し続けた。 俺が大きなチンコをマンコの奥に挿入する度に、ぴゅうぴゅうとマン汁が吹き出す。 セックスしながらも潮吹きする、まさに潮吹き体質の女性だった。 「あ! またイッチャう! イク! イク! イク~~!!」 そして、何度も何度も、チンコでイキまくる淫乱美女だった。 そうして、数十回彼女を昇天させたら、俺は彼女のマンコの奥深くに大量の精子を中出しした。 ・マン汁と精液まみれの美女 事務所の奥にあるバスルームで、精液とマン汁を流す美女と俺。 美女は、俺の体を綺麗にしてくれた。 俺は、俺の精子は生殖能力がないから安心するようにと言った。 美女は、俺にディープキスをしてきたり、巨乳で顔を挟むようにしてエッチを楽しんでいた。 聞くと、彼女には彼氏もエッチのパートナーもいないとのことだった。 潮吹きする自分が恥ずかしくて、そんな相手を作れないということだ。 潮吹き体質が男に嫌われる要因と感じているようだった。 それは、彼女の誤解なのだが。 俺は、あの電マとバイブを送ったのは俺だと教えた。 ええ! と驚く彼女。 「寂しそうな女性を見たら、ほっておけない性格なんだよ」と俺。 実は、彼女の素性はすでに知っていた。 裕福な家庭の娘だが、両親は不在がち、つきあっている男もいないが、エッチに飢えている美女だった。 育ちの良さが、淫乱な彼女の本性を押さえつけ、それがストレスになっていたのだ。 そんな女性だから、不審なものが送られてきたら、気軽に相談できるとしている探偵である俺に連絡をしてくると思っていた。 だから、この事務所の広告をポストに投函しておいたのだ。 「ひどいわ」と彼女。 「では、本気でエッチできないほうがよかったかい?」と俺。 「こんな病みつきになる快感をあじあわせて、困っちゃうわって意味」と彼女、俺の体を拭きながら言った。 「潮吹きなんか気にするな。君はすばらしい女性だよ」と俺。 「あん。そんなこと言われたら、またしたくなっちゃう~~」と言いながら、彼女は四つん這いになって俺のチンコに吸いついてきた。 みるみるうちにチンコは勃起する。 美女は、フェラチオしながら、自分でマンコをいじる淫乱雌豚だった。 彼女の悩みは消え去った。 俺の名前は名探偵エロン。 今日も美女の問題を解決するために奮闘する。 終わり。