童顔の爆乳ギャルにパイズリさせてマンコをいじりまくる

★童顔の爆乳ギャルのパイズリ!★ ■童顔の爆乳ギャルにパイズリさせてマンコ責め 呼び鈴がなった。 出てみると、最近隣に引っ越してきた爆乳のギャルが立っていた。 上下スウェットで、100センチメートルを超えると思われる爆乳がたぷんたぷんと揺れている。 爆乳ギャルは股間を押さえてもじもじしていた。 「あの、と、隣のものですが、その、ちょっと助けて欲しいんです」と彼女。 俺は、アレが起こったな、と思った。 アレというのは、俺に都合の良い夢を見ることができる特技のことだ。 俺はチビでメタボで薄毛のさえないサラリーマンなのだが、そんな特技を持っている。 俺の夢なので、俺にとってかなり都度良くエロい行為を楽しめた。 隣の爆乳ギャルは、いつも気になっていた。 彼女を思いだしてオナニーしたこともあるくらいだ。 だから、俺の無意識が彼女を夢に出演させたのだろう。 「どうしたんですか?」と俺は爆乳ギャルに聞いた。 「あの、なんか、すごくここが熱くて」と彼女は自分の股間に視線をやった。 「ああ、それはマンコ高熱症候群ですね」と俺。 当たり前だが、そんな症候群はない。 適当だ。 「ほっておくと、脳溢血や脳卒中、アルツハイマーや糖尿病、ガンになることもある恐ろしい病気ですね」と俺。 ええ! と彼女は爆乳を揺らして驚く。 「さらに、マンコが破裂する時もあります」と俺、夢だと思って言いたい放題だ。 「ど、どうしたらいいんですか!? 早く救急車を呼んだ方がいいですか!?」と慌てる彼女。 「大丈夫です。僕はマンコ高熱症候群については詳しいので、診てあげますよ」と俺、言いながら彼女を室内へと招いた。 ・爆乳ギャルのおっぱいを揉みまくって、マンコいじり 汚い男やもめの部屋に入ってくる爆乳ギャル。 おどおどした様子がとても可愛い。 俺のチンコはすでに勃起しまくっていた。 「では、診察しますね」と俺。 「お願いします」と彼女。 俺は、爆乳ギャルを立たせたまま、スウェットの上をめくりあげて顔をつっこんだ。 俺の顔に爆乳が張り付いてくる。 マシュマロのように柔らかくて、タプタプした爆乳だ。 一個が俺の顔くらいある大きなおっぱいにつつまれて、俺は至福の時を過ごした。 「あ、あの、熱いのはアソコなんですけど・・・」と戸惑いながら言う彼女 「神経は全身つながっていますからね。まずはここから診察するんですよ」と俺、なんとなく医者っぽく言う。 そうなんですか、とそんな戯言を受け入れる彼女。 俺は、両手で爆乳をつかむと顔を挟んだ。 それから、彼女の可愛い乳首に吸いついた。 乳首をレロレロと舌でなめまくる。 もう一つの乳首を指先で軽く摘んでひっぱったりねじったりした。 「ああ! あ! あ、なんか、なんか、感じてしまいます」と悶える彼女。 立ってられないみたいだったので、俺は彼女のぷりっとしたお尻を抱えて倒れないようにした。 「しっかり感じてください! それでマンコが濡れて、熱が収まりますから!」と俺、一応論理的に言う。 「は、はい! ああ~~~ん」ともはや俺の性玩具とかす爆乳ギャルだった。 >続く

自分からチンコを欲しがる淫乱美少女、中出しされて喜ぶ綺麗な女の子

★自分からチンコを欲しがる淫乱美少女!★ この作品の初回はコチラ(全3話) ■生ハメされたいと懇願する淫乱美少女 「お、おチンチン、おチンチン、欲しいよぉ。おマンコに入れてください、入れて~~~!!」 怖いくらいにチンコを求めてくる美少女。 綺麗な女の子なのに、涎をたらして涙を浮かべてチンコを欲しがるすがたはかなり卑猥だ。 俺は、彼女の長い足をつかみ、広げるとぽっかりと開いたマンコに勃起しまくったチンコを奥まで挿入した。 「ああゃ~~~~~~!! すごい! おっきいよ~~。おっきいおチンチンがマンコの奥まで入ってくるよ。マンコがチンコでいっぱいなの~~!」 頼んでもいないのに解説してくる淫乱美少女だった。 俺は、ねっとりとしたマン汁まみれのマンコに、極太チンコをずこずことつっこみまくり、その膣内をかきまわした。 「くぅ~ん、ふう~~ん」と目をつぶって感じる美少女。 本当にセックスが大好きな淫乱娘だ。 俺に抱きついて、舌をからめてくる。 上の口でも下の口でも男を感じることで幸せになるドスケベ女だった。 俺は、正常位からバック、さらに騎乗位で、彼女の揺れまくる美乳と乱れまくるスケベ女の痴態を楽しんだ。 彼女はひたすら腰を動かし続けてチンコをじっくりと味わっていた。 四つん這いにして、バックから挿入し、激しいピストン運動をすると、狂ったように感じまくる。 「あああああ! イク! イク! イクの! 一緒にイッテ! イク! 一緒にイキたいよ! イッテ~~~~!!」 髪を振り乱し、尻を振り、涎とマン汁を垂れ流して叫ぶドスケベ女。 お望み通り、彼女の昇天に合わせて、たっぷりと濃厚な精子を中出ししてやった。 俺の精子は生殖能力がないので、中出ししても心配ないのだ。 彼女にもそう伝えた。 ヒクヒクと動く美少女のマンコからは、どろどろと濃い精子が流れ出てきた。 美少女は汗まみれ、精液まみれて、満足そうにベッドに横たわっていた。 体からは湯気があがっていた。 シャワーを浴びて、互いに体を綺麗にした。 「エッチ、気持ちよかったけど、まだ不安だわ」と彼女。 下着泥棒のことを言っているらしい。 侵入してくる人間のことを考えると、ぐっすり眠れないと言う。 「冷蔵庫を見させてもらうよ」と俺は言うと、キッチンへと移動。 冷蔵庫の中に小さいソーセージがあったので、それを持って寝室へと戻った。 そして、備え付けの引き戸タイプのクロゼットの前にそれを置いた。 不思議そうな表情で俺を見る美少女。 俺はベッドへ戻ると、彼女の巨乳に頭を乗せて、床においたソーセージを見ていた。 しばらくして、クロゼットからそっと黒猫がでてきて、そのソーセージをくわえてクロゼットに戻った。 あ! と叫ぶ美少女。 「アレは君の飼い猫?」と俺は聞いた。 彼女は首を横に振った。 「では、あいつが下着泥棒だ」と俺は言うと、クロゼットへ行き、中から黒猫を捕まえてでてきた。 猫はニャー(なにすんだよ)と鳴いた。 「でも、どうしてこの子が」と彼女。 俺はキッチンへと移動した。 「この小窓から入ってきたんだ。よくみると、足跡がついている」と俺は言った。 最初にこの家に入ってきた時に、足跡は確認していた。 「それに、ベランダ側から入られたにしては、扉の鍵などは壊された形跡がなかったからね。人が侵入したのではないのかもしれないと思ったのさ。下着が盗まれたと思った時は、たまたま閉め忘れていたのではないかな?」 「だけど、なんで猫が下着を盗むんですか?」と彼女。 「それはわからないが、もしかしたら」と俺は抱えた猫をタンスの下着が入った引き出しに近づけた。 猫は喉をごろごろと鳴らして甘えるようなポーズをとった。 「どうやら匂い付きの下着を使っているようだが、その匂いが猫にとって気持ちよいものだったので、持って行ったのかもしれない」 匂いは、俺にもわかる強めのものだった。 猫は下着をとろうと引き出しをひっかいていた。 「なるほど。でも、どうしてクロゼットに猫がいることがわかったんですか?」と彼女。 「それは、俺が君を四つん這いにしてバックから生ハメしている時に、そいつが脇を優雅に歩いていってクロゼットに入るのを見たからだ。君は目をつぶってチンコの快感に酔いしれていて気がつかなかったみたいだが」と俺は説明した。 いや~~ん、と恥ずかしがる彼女。 「下着を盗まれたくなかったら、網戸をつけるといいだろう」 … Continue reading 自分からチンコを欲しがる淫乱美少女、中出しされて喜ぶ綺麗な女の子

エロいボディの美人OLを会社内で陵辱、輪姦、パイズリさせてフェラチオ

★エロいボディの美人OLを陵辱!★ ■エロいボディの美人OLを会社内で輪姦 気がつくと、見たことのある会社内だった。 俺の会社と取引のある会社だ。 俺は、アレが起こったな、と思った。 アレというのは、俺にとって都合の良い夢を見ることである。 俺は出世できない四〇代のしがないサラリーマンだが、自分にとって都合の良いエロい夢を見ることができるという特技がある。 それはとてもリアルなもので、俺はほとんど、その夢を見るために生きているようなものだ。 今回の夢はアレだな、と思った。 この取引先には、先週伺った。 ほとんど鞄持ちだったのだが、その会社にすばらしい美人のOLがいることに気がついた。 俺は、仕事そっちのけで、彼女のことばかり見てしまった。 その美人のOLは、OLの制服の上からでもわかる美乳に、美尻のすばらしいスタイルの良い女性だった。 ミニスカートのOL制服から延びるむちっとした美脚は、それだけでも勃起して射精してしまいそうな色気があった。 ミニスカートのOL制服が張り付くようなお尻の丸みは、まさに多くの男が理想とする丸みであり、コピーをとりにいく度に、見入ってしまうものであった。 ハイヒールからのびるその美脚をなで回して、ミニスカートをめくり、彼女のお尻をパンスト越しになでながら、酒でも飲めたら最高だろう、などと妄想したものだ。 だが、俺は妄想だけではなく、実際に体験できるのだ。 夢の中であれば、だが。 ・美人OLを会社内で陵辱。パイズリさせてフェラチオ 俺は、彼女に近づいていった。 それと共に、他の男たちも立ち上がった。 目つきがするどくなっている。 俺の夢は、俺にとって都合良く展開する。 俺自身の願望を反映したものなので、当たり前だが。 「○○君! 君のせいで大変なクレームがきているんだ!」 美人OLの上司のような男がいきなり彼女に言った。 戸惑う美人OL。 「きちんとあやまりたまえ!」 男は、彼女を立たせて俺の前に連れてきた。 さらに戸惑う美人OL。 綺麗な女性が困惑する様子は、独特のエロスがある。 「す、すいませんでした」とよくわからないまま謝る美人OL。 「きちんとつぐなってくださいよ」と俺。 実は、俺も展開がよくわからないままにアドリブで対応している。 どっちにしろ、エロい展開になるはずなのだ。 俺は、いいながらズボンをおろした。 チンコはすでに勃起していた。 驚く美人OL。 「パイズリしてくれたまえ」と俺、夢だと思ってやりたい放題だ。 「い、イヤです」といやがる美人OLだが、同僚の男に無理矢理服をぬがされ半裸にされる。 彼女の美乳は程良い大きさで、ピンク色の乳首が美味しそうだった。 俺は彼女のおっぱいに俺のチンコを挟んで、押し当てた。 無理矢理のパイズリだ。 さらに、彼女の口にチンコをつっこみ、フェラチオもさせた。 無理矢理な感じが萌えた。 >続く

巨乳のギャルとハーレムプレイ、おっぱいの大きな美女と乱交、チンコを連続フェラチオ

★巨乳のギャルとハーレムプレイ!★ ■巨乳のギャルと楽しいハーレムプレイ 気がつくと見慣れない洋室にいた。 これはアレが起こったな、と思った。 アレ、というのは俺に都合の良い夢を見ることである。 俺は万年平社員のしがないメタボなサラリーマンだが、好きな夢を見ることができるという特技がある。 俺は、今回はどんな夢だろう、と考える。 だいたい、そのときの俺の願望を叶えてくれるのだが、思い当たるものが多すぎでわからない。 結局、その後の展開にまかせることにした。 少しして、室内に大きなおっぱいの可愛いギャルが入ってきた。 すでに全裸だ。 俺の夢は展開が早い。 ギャルは三人で、みんな普通以上に巨乳だ。 形良い巨乳なので、美巨乳というやつだろう。 「こんにちは~」 「待たせてごめんね~」 「今日は楽しみましょうね~」 などとキャピキャピした声をあげて俺の周りに集まってくる。 この部屋は、清潔な感じの白壁に、太陽の光が射し込む明るいシンプルな部屋だ。 その光量たっぷりの室内で、巨乳ギャルがはしゃぐものだから、おっぱいからおマンコ、美尻までよく観察できる。 卑猥に形を変える巨乳に、俺のチンコはすばやく反応する。 気づくと、俺は全裸になっていた。 「よろしく~」と巨乳ギャルの一人が言いながら俺にディープキスをしてくる。 いきなりエッチな展開だが、これもいつもの俺の夢の特徴だ。 ・巨乳ギャルに連続フェラチオされる 今のところ、男は俺一人なので、これはハーレムプレイという奴である。 ハーレムプレイとは、男が一人で複数の女の子とエッチをするものである。 昔なら征服者や独裁者、大富豪なんかでないとできなかったエロプレイだろう。 今では、風俗なんかでそこそこのお金をだせば可能なプレイだ。 しかし、俺は安月給のサラリーマン。 お金に余裕はない。 けれど、夢であれば無料でいくらでもハーレムプレイが楽しめる。 しかも、この夢は俺に優しい。 実際、今も美形のギャルたちはメタボなおじさんである俺のチンコに楽しそうにしゃぶりついている。 三人の巨乳娘に順番にチンコを舐めてもらう快感はかなりのものだ。 ハーレムプレイなので、王様気分も味わえる。 俺は、ソファにどっかりと座り、順番に笑顔で俺の勃起しまくったチンコをじゅぽじゅぽとフェラチオしてくれる彼女たちを楽しんだ。 >続く

淫乱な可愛いOLと会社内でセックス、下着姿を視姦して美乳を舐める

★可愛くてスケベなOLと社内エッチ!★ ■美少女なOLと会社の中でセックスを楽しむ 気がつくと俺は会社にいた。 しかし、いつもと雰囲気は違う。 これは、アレが起こったなと思った。 アレというのは、俺に都合の良いエロい夢を見ることである。 俺は、いつまでも出世できない中年サラリーマンなのだが、好きなエロ夢を見ることができるという特技がある。 さて、今回はどんな内容かな、と考えると、ふと思い当たるものがあった。 最近、うちの会社に新人OLがきたのだ。 彼女はとても若く、かなりの美少女だった。 OLとは言え、地味な制服ではなく、ファンシーで可愛いちょっとコスプレみたいにも見える服を着てきて、いつも目の保養になっていた。 俺は、彼女とエッチをしたいといつも考えているのだが、現実世界では頭髪の薄くなったチビでお金のないおっさんと、あんな美少女がつき合えるわけはない。 というわけで、俺の特技の出番となったわけだろう。 ちなみに夢は俺の無意識が支配していて、細かいところまでは制御できない。 とはいえ、無意識も俺自身であるので、たいがい、俺に都合が良く、楽しくいくようになっている。 さて、と社内を見渡すと、やはり 可愛いOLの彼女がいた。 そして、ほかのみんなは仕事を終えてそそくさと帰って行った。 ・エッチして欲しいと頼んでくる可愛いOL その美少女OLは少し困った顔で俺のところに来た。 そして、「あの、仕事が終わらなくて・・・」と言ってきた。 「そうか、では服を脱ぎなさい」と俺。 はっきり言って会話になっていないが、エロ夢になれている俺は、勝手に展開させることにしている。 ええ! とちょっと驚く可愛いOL。 「服を脱ぐと仕事は終わる」と俺、言っている俺自身でも意味不明なことをつぶやいているのはわかるがわりきっている。 「は、はい」と素直に言うことを聞く美少女OL。 すばらしい俺の特技。 もじもじとした仕草でブラウスのボタンをはずす可愛いOL。 俺は、じっとその様子を見た。 ほとんど変態の視姦プレイである。 ブラウスの隙間から、かわいいピンクの下着が見えた。 「後ろを向いて、机に手をつきなさい」と俺はOLに命令した。 素直に言うことを聞く美少女さん。 俺は、後ろを向いた彼女のミニスカートをめくった。 「ああ!」と恥ずかしがるOL。 会社の中でのエッチが萌える。 彼女はスレンダー体型、華奢なのだが、お尻は結構肉がついていてむっちりしている。 パンストごしに見えるピンクのパンティがエロかった。 俺は、彼女の美尻を撫でて楽しんだ。 >続く 美少女OL 会社でエッチ 美乳な美少女

時間を止めて、電車の中で美少女を全裸にしてレイプ、ハーレムプレイ

★時間を止めて電車内で女性を裸にしてエッチする!★ ■電車の中で時間を止めて女の子のおマンコを楽しむ 気がつくと俺は電車の中にいた。 電車に乗った記憶はない。 これは、アレが起こったな、と思った。 アレというのは、俺にとって都合の良い夢を見ることである。 俺は万年平社員のサエないサラリーマンだが、都合の良いエロい夢を見ることができるという特技がある。 さて、今回はどんな内容だろうと、考えたとき、ふと思い出すことがあった。 AVで電車の女性専用車両にて時間を止めて女の子を勝手に裸にして、おマンコにチンコ挿入して中出しするという人気の企画がある。 動きが止まっている女の子を、ダッチワイフのように勝手に楽しめるというなんとも男の夢がつまった内容のAVだ。 その作品みたいなことができたらいいな、と思ったのだ。 俺は、車両を移動してみた。 女性専用の車両を探したのだ。 どうやら隣がその車両みたいだった。 中を覗くと清楚系の美少女からギャル、OLっぽい美人のお姉さんまで俺好みの女性がたくさんいた。 そして、車両間の扉のところに、ストップウォッチみたいなアイテムが落ちていた。 おそらく、これが時間を止める装置だと思った。 これから起こることを想像すると、かなり興奮してくる。 俺はそのアイテムのスイッチを押した。 ・時間を止めて電車内の女性を痴漢しまくり 俺の予想通り時間が止まったらしく、俺以外の人間の動きが制止した。 俺は女性専用車両に移動した。 可愛い女の子も、綺麗な女性もぴたりと動かない。 触ってみると感触はきちんとやわらかい人間のものだ。 俺は、座っている黒髪の美少女のおっぱいを揉んでみた。 彼女は抵抗できない。 独特の優越感を味わうことができた。 これは夢なのだが、かなり現実的に感じることができた。 俺は、立っているスタイルのよい女性に近づくと、その形良いお尻をなで回した。 大胆に痴漢プレイをしても、彼女たちは抵抗できない。 いつもは、俺みたいに醜い男が電車乗ると軽蔑した視線をよせる美女も、今は俺の性奴隷である。 俺は、ミニスカートの女性に近づくと、そのスカートをめくりあげた。 美尻が露わになる。 ハイヒールに美脚、そしてめくりあがったミニスカートというなんとも間抜けでエロいポーズになっている。 彼女のパンティはTバックで、お尻がほぼ丸見えだ。 俺はパンストをやぶると、そのお尻をたたいた。 スパンキング行為だ。 そんなことをされても、彼女は抵抗できない。 これはすばらしい体験だった。 >続く 電車内で時間を止める 時間を止めて痴漢行為 エロいギャルに時間止めてセクハラ

美巨乳な美女がバイブオナニー、騎乗位セックス

★騎乗位セックスする美巨乳な美女!★ ■美巨乳な美女と騎乗位でセックス 目が覚めると、真っ白い部屋の中だった。 また、アレが起こったな、と俺は思った。 アレというのは、俺に都合のよい夢を見ることである。 実際の俺は、チビでメタボのさえない30代のサラリーマンだが、この夢の中では無敵のエロ大王になれる。 自分の好みのエロプレイを楽しめるのだ。 もっとも、自分の夢の中だから自分に都合がいいのは当たり前かもしれない。 ともかく、毎回趣向を凝らした設定でエッチを楽しめるので、俺は寝るのだけは楽しみなのだ。 さて、何が起こるかな、と待っていると、部屋の脇にあった扉が開いて美巨乳を持つ、かなりスタイルよい美女が飛び込んできた。 美巨乳の美女は全裸である。 展開が早くてよい。 髪は長く、ややギャルっぽさもある美しい女性だ。 むっちりした体型で、ぶるんぶるん揺れるおっぱいは大きく魅力的だ。 お尻も大きめで、薄目の陰毛がエロスたっぷり。 化粧は濃いめだが、俺の好きなタイプだ。 そんな美女が部屋に飛び込んでくるなり、俺に抱きついてくる。 俺の容姿は実際のものと変わりなくさえない。 だが、夢の中では美女はそんなことを気にしない。 ・エッチを求めてくる美巨乳美女 俺に抱きつく全裸の美巨乳なきれいなお姉さん。 彼女の大きなおっぱいに、俺の顔は埋もれてしまう。 至福の瞬間といえよう。 「た、助けてください! 魔物が! 魔物が!」と巨乳ギャルが叫ぶ。 何! 魔物! 戦わないと! などとは思わない。 ここは俺の都合のよい展開にできる俺の夢の中なのだ。 俺が危険になることはない。 なんてすばらしい天国だろう。 「そうか、ではオナニーしなさい」と俺は彼女に言う。 「ええええ!」と本気で驚く巨乳ギャル。 「な、なんでですか!?」と珍しく俺に聞いてくる夢の中のキャラクター。普段は、すんなり言うことを聞くことが多いのだ。 たまに、反抗してくる。 「オナニーを俺に見せれば助けてやる」と納得できるようなできないようなことを言う俺。 しかし、そこは都合よい夢のなか、そうですか、と巨乳美女はいつのまにか部屋の真ん中に現れたベッドの上に行くと、大股を開く。 美巨乳美女のおマンコはかなり美マンだった。 細長い指でその美マンをいじって自慰をする美巨乳女性。 クリトリスをなでて、マン汁があふれるおマンコを熱心にいじる。 いつのまにか、バイブまで持ち出して、おマンコにずぶずぶつっこむバイブオナニーを披露してくれる。 ・バイブオナニーにふける美女 極太バイブを挿入される美女のマンコは、卑猥に動く。 バイブをマンコにズコズコ挿入して、自慢の美巨乳をもみまくって、「ああ! 気持ちいい! 気持ちいいです~~!」と淫語であえぎまくる巨乳娘。 俺のチンコもかなり大きくなってきた。 俺は服を脱いだ。 先ほどまでは、普段の私服を着ていた状態だ。 俺は、全裸になると、ベッドの上に乗り、バイブオナニーで感じまくる美巨乳美女の頭上にいった。 そして、彼女の頭をつかむと、勃起した特大チンコを彼女のかわいい口にねじこんだ。 「うぐ、うぐ、ぅぐぅ」と苦しそうにフェラチオならびにイラマチオする巨乳なグラマー美女。 俺のチンコにねっとりとからみつく美女の舌をたっぷり感じて気持ちよくなってきた。 俺は、かがむと、美女のマンコに顔をすりつけて、そのきれいなおマンコを舐めまくった。 「ああああ~~~~気持ちいい! 感じる~~~!」とよがりまくる美女。 本当に感じているようだ。 高額を払っていく風俗でも、こんなに感じまくってくれない。 なんてすばらしい夢なのだろう。 俺は、彼女の美マンに生チンコを挿入したくなった。 … Continue reading 美巨乳な美女がバイブオナニー、騎乗位セックス